2010年12月31日

ボクは本屋さんが好きなんだ。

内田樹の本をネットで見つけて、本屋に買いに行きました。

ボクは本屋が好きなので、気に入った本はできるだけ本屋で買うようにしています。在庫がなければ注文します。amazonで翌日届くのに、本屋で注文して1週間以上待ちます。

本屋さんの棚を眺めないと巡り会えない本があるんです。それを楽しみたいので近所の本屋さんはそこになければならないのです。それなのに、本屋で買えない本があるなんて。

もういちど 村上春樹にご用心 [単行本] / 内田 樹 (著); アルテスパブリッシング (刊)

しかたがありません。ネットで注文しました。
ついでに、

沈む日本を愛せますか? [単行本] / 内田 樹, 高橋 源一郎 (著); ロッキング オン (刊)

街場の大学論  ウチダ式教育再生 (角川文庫) [文庫] / 内田 樹 (著); 角川書店(角川グループパブリッシング) (刊)

ついでのついでで3冊も内田先生の本を注文!
さらに、

移行期的混乱―経済成長神話の終わり [単行本] / 平川 克美 (著); 筑摩書房 (刊)

以上4冊を本屋さんではなくネットで買ってしまいました。
なんとも辛い買い物です。
先ほど荷物が届きました。

101231a.jpg

このままでは、本屋さんが終ってしまう。そんなセンチな大晦日なのです。
posted by TOY-order at 16:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 事務所の本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月30日

正月読書用雑誌

お正月に備えて雑誌を買いました。

101231b.jpg

住宅建築 2011年 02月号 [雑誌] [雑誌] / 建築資料研究社 (刊)

中村好文さんの特集です。じっくり読みますよ。

建築知識 2011年 01月号 [雑誌] [雑誌] / エクスナレッジ (刊)

ずっと買っています。今月の特集はスタッフさんに読んでいただこう。

住む。 2011年 02月号 [雑誌] [雑誌] / 農山漁村文化協会 (刊)

岐阜の友達が載っていますので、ついうっかり買ってしまいました(笑)

ディテール 2011年 01月号 [雑誌] [雑誌] / 彰国社 (刊)

開口部特集です。読むところ多いんですよ、この雑誌。

funride (ファンライド) 2010年 12月号 [雑誌] [雑誌] / アールビーズ (刊)

自転車のカタログが付録です。物欲が・・・

食楽 2010年 09月号 [雑誌] [雑誌] / 徳間書店 (刊)

これはおまけ。

そんなわけで、雑誌に埋もれるお正月なのですが、図面が終っていません(涙)
posted by TOY-order at 22:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 事務所の本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月29日

通気くん施工状況

「内郷の家」の年内の作業は通気くんの設置までです。

uch3345.jpg

断熱材を充填する前に段ボールを挟むだけですので、作業はとっても簡単です。初めて作業する大工さんはこの作業にどんな意味があるのか全く理解していませんので、メンドクサイ設計屋がやらないと五月蠅いから屋根に段ボールを取り付ける。そんな作業をしているようです(笑)

でも、キレイに並べてあります。ありがとう!

uch3348.jpg

外壁のサンプルが届きました。
さてさて、性能確保は技術の話ですので、理屈さえ分かってしまえば誰でも目標達成は可能ですが、建物のデザインは別です。緊張する工程が始まります。

1日1回押して下さい。 ↓ ↓ ↓ 頑張る気持ちが増します。

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
1月15日(土)〜16日(日)
断熱見学会を実施する予定です。

業務連絡:
間もなくHPをリニューアルします。古いサイトもそろそろ見納めですぞ!こちら
posted by TOY-order at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 省CO2_内郷の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月27日

断熱材到着(少なめ)

「内郷の家」に断熱材が届きました。

uch3335.jpg

なんとも少ないです。グラスウールメーカーさん、品薄対策頑張って下さい。今回は壁に20cmの断熱材を充填しますので、グラスウールが部屋いっぱいに積み上げられないと全く足りないのです。それでも現場に断熱材が届くとソワソワしますね。

uch3336.jpg

今回も使います「通気くん」

屋根面の通気層を確保するために設置するのがこの部材で、普通の段ボールです。

屋根の下地材は高さが23cmありますが、ここに23cm厚さの断熱材を詰め込むよりも、3cm薄い20cmとし、その隙間を通気層とすることで建物の寿命が延びます。おまけに夏の快適性は増します。

屋根面は日射により急激に温度が上昇します。その熱が断熱材を超えて室内に侵入すると日没後まで室温が下がりません。屋根面の熱はなるべく速やかに建物の外に排出するべきなのです。そこで通気層です。屋根面の温度上昇で熱せられた空気は、通気層を流れる上昇気流により断熱材に伝わる前に排出されます。通気層の入り口と出口を十分な寸法で確保することもポイントです。

uch3337.jpg

20cmも断熱材を充填しますので、当然窓枠はそれだけ大きくなります。全ての窓が出窓になるイメージです。

1日1回押して下さい。 ↓ ↓ ↓ 頑張る気持ちが増します。

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
1月中旬に断熱見学会を実施予定です。
詳細は近日発表します。

業務連絡:
間もなくHPをリニューアルします。古いサイトもそろそろ見納めですぞ!こちら

posted by TOY-order at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 省CO2_内郷の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月26日

無事契約

「赤井の家」の設計が始まります。

新住協の断熱耐震リフォームの補助を受けますので、
3月末には必ず着工しなければなりません。

遅筆家ですので非常に焦っています。

まずは関係者の皆様に報告です。
posted by TOY-order at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 断熱改修_赤井の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月23日

冬至の正しい過ごし方

「内郷の家」は瑕疵担保保険の中間検査が無事に終了しました。

uch3319.jpg

そして冬至の太陽を確認します。
窓から入る太陽の光が部屋のどこまで届き、何時になると入らなくなるか。2階のリビングで気持ちよく過ごす様子を想像しながら撮影した写真です。

uch3317.jpg

ポカポカの光に包まれる幸せが浮かびませんか?
冬至の現場は「ゆず湯」並に温まります。

1日1回押して下さい。 ↓ ↓ ↓ 頑張る気持ちが増します。

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
断熱も窓も無い現場に何時間もいましたので、
全身キンキンに冷えました。寒かったです。

業務連絡:
間もなくHPをリニューアルします。古いサイトもそろそろ見納めですぞ!こちら

posted by TOY-order at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 省CO2_内郷の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月21日

東の空を見よ!

2010年12月21日は皆既月食を見ることができます。
さあ、雲が月を覆わないよう
「おらに元気を分けてくれ(赤面)」

詳細はこちら

事務所のスタッフさんに、
「何故月食は毎回満月の日に起こるのか?」を説明して
力尽きました。

兎に角、夕方4時になったら、東の空を見て下さい。

追記:
この忙しい年末に、流星群とか月食とか困りますね(笑)
posted by TOY-order at 10:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月20日

ハイテク地盤調査(笑)

今週は地盤調査が重なっています。

住宅の地盤調査はスウェーデン式サウンディング試験が多く採用されています。
地面に先端がドリルのようになった細い棒を貫入させ、その抵抗値で地盤の「強さ」を確認します。詳しくはここ

サウンディングとは、地面に突き立てた棒を一定の力でグリグリ押し込むだけですので、機械化は容易だと思いますが、今回見た機会は優れものでした。

aka3283.jpg

地面の抵抗を数cm単位で測定し、それを印刷で出してきます。
これまでは25cm進むのに棒が何回転したかを数えるのですが、そんな作業は一切行いません。作業員はヤリを黙々と地面に貫入させ続けます。そしたらさ、ボクが地面がどの程度の強さなのかつかめなくなっちゃいました。デジタル苦手です。


1日1回押して下さい。 ↓ ↓ ↓ 頑張る気持ちが増します。

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
こちらの現場が着工するのはもう少し後です。
しばらくお待ち下さい。

業務連絡:
間もなくHPをリニューアルします。古いサイトもそろそろ見納めですぞ!こちら


posted by TOY-order at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月19日

現場主義

「内郷の家」で、お客様と現場打合せをしてきました。

uch3270.jpg

敷地の北側には少し離れて山があります。1階の窓からは分からないのですが、2階に上がると突然視界がひらけるのです。そんな理由から2階がリビングになっています。

その北側に開ける窓ですので、取り付け高さにはこだわります。

様々な視点から窓の外を確認し、風景の切り取り方を決めました。

uch3272.jpg

軒先もキレイに仕上がっています。

1日1回押して下さい。 ↓ ↓ ↓ 頑張る気持ちが増します。

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
北側の窓からの眺めは、北側に2階建ての家ができたら見えなくなってしまいます。それまでは存分に楽しみましょう。

業務連絡:
間もなくHPをリニューアルします。古いサイトもそろそろ見納めですぞ!こちら
posted by TOY-order at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 省CO2_内郷の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月18日

地盤調査

「赤井の家」の設計が始まりました。

私の所属する「NPO新住協」は、国土交通省の長期優良住宅先導事業に採択されていますので、今回はこの補助金を使って改修する計画です。
しかし、どんなに丁寧に直しても、築30年経過する建物の耐震性能と断熱性能が新築並みになるなんて、そう簡単には理解していただけません。
例えば、地盤が軟弱だったりすると建物だけ丈夫にしても不安は残ったままですので、最初に地盤の調査を行うことにしました。ここで調査の結果地盤改良が必要だと言われたら、残念ですが改修工事ではなく、既存建物を解体して新築することになります。
いつもよりスリリングな地盤調査です。

aka3235.jpg

建物の外周4カ所測定しましたが、全てほぼ同じ状況で地盤改良不要です。良かったです!

1日1回押して下さい。 ↓ ↓ ↓ 頑張る気持ちが増します。

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
現場まで15kmです。坂道もほとんどありませんので自転車で行きました。
ゴメンナサイ!赤井をなめていました。着いたら雪が降り始めました。
寒かったです。

業務連絡:
間もなくHPをリニューアルします。古いサイトもそろそろ見納めですぞ!こちら


posted by TOY-order at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 断熱改修_赤井の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月17日

まるとみ食品祭!

まるとみ自転車部活動報告で書きましたが、
まるとみ食品祭り」が開催中です。

mar0604.jpg
海苔のつくだ煮なんですが、韃靼そばが入っています。ご飯の友ランキングに「初登場第2位」ぐらいのインパクトです。ラー油を買うはずが、つくだ煮を購入!

mar0603.jpg
ワイン用のブドウから作った、濃厚な葡萄ジュース!
「もやしもん」読んで、ずっと気になっていた飲み物です。試飲するまでもなく購入!

mar0602.jpg
こちらはクリスマスギフトで、まるとみ自慢のイタリアワインとmintgreenさんによるフラワーアレンジメントのコラボレーション商品です。当然購入!
自転車部顧問のお母さんは、私の注文をすっかり忘れていました(笑)

さらに、冷凍餃子の試食をVIPルームでさせていただきました。自転車部部長は顧問の命令に従いますので、餃子はセルフ調理です(VIPなのか?)

1日1回押して下さい。 ↓ ↓ ↓ 頑張る気持ちが増します。

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
ワインを誰にプレゼントしようか検討中です。
お花を大切にする方がいいな?その時点で悪友たちは全滅です。

業務連絡:
間もなくHPをリニューアルします。古いサイトもそろそろ見納めですぞ!こちら




posted by TOY-order at 22:18| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月16日

付加断熱下地

「内郷の家」では外壁の外側に下地をつくり始めました。

uch3247.jpg

uch3261.jpg

壁の外側にもう一つ壁をつくるような厚さですね。実はここにも断熱材が充填されます。つまり、室内側に10cm入れて、壁の外側にも10cm詰め込みますので、合計20cmの断熱厚さになります。
床断熱層は設けず基礎の外側にスタイロフォーム7.5cm貼る「基礎断熱工法」と、天井に断熱層を設けず屋根の下地部分にグラスウールを20cm充填する「屋根断熱」工法を採用していますので、断熱性能は北海道並みです(正確には、窓の性能が足りないので北海道の北にいくとちょっと厳しいです)

外壁10cm負荷断熱工法は北海道の技術を参考にしていますので、当然の結果です。

uch3262.jpg

しかしゴツイ壁です。手間も材料もかなり増えます。
でもね、暖房設備費がほとんど掛かりません。もちろん、毎年の暖房費もお得です。
「小さな機械で大きく暮らす」が内郷の家のコンセプトです。

1日1回押して下さい。 ↓ ↓ ↓ 頑張る気持ちが増します。

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
構造用合板の外側に大きな胴縁(間柱?)を建てるわけですので、合板の面座屈はこれまで以上に発生しにくくなるでしょう。残念ながらこの部分の構造の検討がされていませんので、構造の評価は従来のままなのでした(涙)

業務連絡:
間もなくHPをリニューアルします。古いサイトもそろそろ見納めですぞ!こちら





posted by TOY-order at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 省CO2_内郷の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月15日

屋根工事

「内郷の家」では屋根工事が始まりました。

uch3239.jpg

今回の建物は長期優良住宅の補助を受けています。耐震等級の基準を満たすために、2階床レベルの面剛性が必要で下屋部分の下にまで根太レス合板が張られてあります。補助金をいただく前なので強い調子で書きませんが、ここを固めると地震時にどんな良いことがあるのでしょう?

uch3242.jpg

おかげで現場は大混乱です。屋根断熱と防湿シートを施工する前に根太レス合板は張れないけど、構造を固めて屋根を仕上げないと先に進まない。厚い断熱と構造等級を同時に実現しようとする場合なんて、縦割り行政では検討されていないのでしょうね(偉い人が読みませんように)

uch3245.jpg

上写真は、屋根のてっぺん部分(棟といいます)に設置する通気部材です。
瓦屋根はスキマだらけですので、屋根のてっぺんに通気の穴が空いている状況は歓迎できる納まりではありません。建物がちょっと歪みスキマが広がるだけで、風が吹くと屋根の断熱面に雨が入ってくる恐れがあります。
そこでこの通気部材が登場します。段ボールを数枚重ねたような構造で、風が吹いても棟部分の穴まで雨は届きません。

uch3246.jpg

このような向きで棟部分に設置されます。断熱性能を長期間維持するためには、断熱材が常に乾いているよう配慮が必要です。棟換気なんか設けないでクルンと包んでしまえたら、どんなに簡単でしょう。

1日1回押して下さい。 ↓ ↓ ↓ 頑張る気持ちが増します。

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
こんなに丁寧に納めても、外からは全く見えません。
地味な努力ですね。
でも疎かにできない部分ですので真剣に取り組みますょ!

業務連絡:
間もなくHPをリニューアルします。古いサイトもそろそろ見納めですぞ!こちら



posted by TOY-order at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 省CO2_内郷の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月13日

200mm断熱

新住協の勉強会で南会津の田島町に行って来ました。

「100mm付加断熱なんて福島では過剰だ!」

数年前まではそんな空気が漂っていました。事実、私もそんな考えでした。しかし、充填断熱100mm+付加断熱100mm 合計200mm断熱となりますと、暖房の考え方までガラリと変わってきます。従来の温水暖房設備は弱火でコトコト建物を温める極小暖房設備でしたが、それさえ過剰スペックとなります。40坪程度の家であれば、建物全体をエアコン1台で暖房できてしまうのです。つまり、床下温水暖房の設置費用を全て外壁付加断熱にあてがえば、大幅なコストアップにならずに 100mm付加断熱は実現できるのです。

それでも、エアコン1台での暖房方法など悩みは尽きないのですが、突然実現可能性が見えてきました。

福島県内の福島県内の仲間がほぼ同時にそんなことを考えています。昨日はその仲間で集まり、100mm付加断熱の納め方や、苦労した点などの情報交換会です。幸い、全く競合しない地域で商売をしていますので、かなり赤裸々な話まですることができました(笑)

現場を見せていただいたのですが、壁が厚くなり窓枠が大きくなることを嫌って考えた納まりが私の図面と全く一緒でした。
shi3217.jpg

年末の慌ただしい時期に一日がかりで出張してきましたが、不思議な連帯感を得る事が出来ました。これが僕たち世代では財産になると思っています。

1日1回押して下さい。 ↓ ↓ ↓ 頑張る気持ちが増します。

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
図面をお待ちのお客様!
急いで仕上げます(汗)

業務連絡:
間もなくHPをリニューアルします。古いサイトもそろそろ見納めですぞ!こちら


posted by TOY-order at 22:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 新住協 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月12日

まるとみ自転車部活動報告書

少し前に自転車部部長になったことを報告しましたが、先日、部活動を本当に行いました。とても楽しかったので、その時の報告をします。

その日はiPhoneのアプリでGPSのログを取っていましたので、まずはそのコースをご覧下さい。



このデータの面白いところは、再生ボタンが付いているところです。どこで自転車を止めてウロウロしたかが一発で分かります。オマケに移動中の速度まで表示されますので、どれ程のんびりサイクリングしているかがバレバレです。

はい、自転車部と言っても全くの素人集団でして坂道嫌いです。高低差の少ない道をカメラ片手にのんびりサイクリングですので、写真部と言った方が正解かもしれませんね(笑)

ではでは部員紹介といきましょう。
部の名前にもなっています「まるとみさん」は部の名誉顧問です。
とにかく面白い!江名漁港の銅像と話をするし、カモメにも話しかけます。
みんな写真を撮影していると、常にモデルのように振る舞っています。

mar3182.jpg

背中に何か貼り付けていると思ったら、自分の店のイベント案内でした。小名浜ですれ違った人向けかと思ったら大違いで、我々のブログで案内されることを狙っての行動ですからやり手です。

わかりました。告知します(事務的に)
▲第2回まるとみ食品祭りは12月17日(金)、18日(土)両日開催決定!
mar3185.jpg
そのかわりこんな写真を晒します!

その他の参加者も紹介します。
mar3194.jpg

写真左から
豊田設計スタッフさんと所長、
まるとみさん
コウシンブロックさん
いわき百景 しゅうさん ガイドさん(笑)
酒井歯科 酒井さん

総勢6人で、小名浜から江名まで往復25kmをのんびりサイクリングしてきました。
リンク先を見てお気づきかとは思いますが「まるとみ自転車部」とは、カメラ片手に自転車で街歩きをするおもしろ集団のことだったのです。車では見逃してしまう変なモノやキレイな風景が、街にはたくさん埋もれています。毎回行き当たりばったりで、そんなモノを探して歩きます。

次回は2月です。どこに行きましょうかね。

1日1回押して下さい。 ↓ ↓ ↓ 頑張る気持ちが増します。

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
まるとみ自転車部では楽しい部員を募集中です。
条件は健康でお祭り騒ぎが好きな人(部内恋愛自由)
入部希望者は部員さんのブログにコメントして下さい。
それから、
部長の自主トレの仲間も募集します(・・・それが部活では?)

業務連絡:
間もなくHPをリニューアルします。古いサイトもそろそろ見納めですぞ!こちら




posted by TOY-order at 22:09| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月11日

実施設計間もなく完了

「絵本の家」は小さな小さな家です。広さは20坪しかありません。

ここに、夫婦と子ども2人で住みます。絵本が2,000冊、ピアノもあります。玄関から半分上がって風呂とトイレ。もう半分上がって、書斎と寝室。風呂とトイレの上が小さな子ども部屋で、下は天井の低い納戸です。1階には巨大な本棚が書斎の高さまで続きます。もちろん、キッチンと食堂、絵本を読む小さなリビングもあります。そう、テレビはありません。

浴室下の納戸に設置したエアコンからの温風は、床の高さを利用して建物全体に行き渡ります。エアコン1台でどこも寒くないのに、年間の暖房費なんて100リットルぐらいで十分足りてしまいます。



小さい小さい家って素敵でしょ?なんだかワクワクしてきませんか?

週末の打合せでは建物の仕上げ材について確認をし、近所にある昨年竣工した住宅を見に行きました。

設計事務所は展示場やモデルルームを持つことができませんが、これまで家づくりで関わったお客様とのお付き合いを大切にしていますので、お住まいの方の都合が良ければ中を見せていただけます。実際に住んでいる方の話が聞けますので、お客様は展示場より分かりやすいようです。

もちろん、変なダイレクトメールとかも届きません。

設計事務所に家をたのむのが不安な方は、過去に設計した家を見せてもらうといいですよ。設計者がどんな人なのかがよく分かると思います。

1日1回押して下さい。 ↓ ↓ ↓ 頑張る気持ちが増します。

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
「絵本の家」の内装は、案内した家とよく似ています。
さらに、暖房の心地良さも味わっていただきました。冬は自信があります(笑)

今年もこちらの家に案内したお客様が次々契約していただけておりますので、
年末においしいお酒を持って御礼してくる予定です(笑)

業務連絡:
間もなくHPをリニューアルします。古いサイトもそろそろ見納めですぞ!こちら


posted by TOY-order at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 省CO2_絵本の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月10日

垂木

「内郷の家」は垂木工事が始まりました。

uch3149.jpg

屋根の勾配方法に斜め材料が垂木です。遠目には細い材料に見えますが、かなり大きな材料です。先日「原寸検査」してきたのがこの材料で、打合せ通りの仕上がりです。

uch3147.jpg

一般に屋根の垂木にこんな大きな材料は使いませんが、私の設計する住宅は、屋根断熱工法を採用していますので、屋根面に脱衣断熱材を充填しやすいよう、垂木の寸法を大きくしています。

そんなわけで、大工さんも材料の据え付けで四苦八苦しています。
uch3148.jpg

さらに、建物の軒先に見える垂木を細く見せる設計ですので、垂木の形状が部位ごとに様々で、現場の混乱はいよいよピークです。屋根が決まれば先が見えます。それまでは我慢して設計図面とにらめっこをお願いします。

1日1回押して下さい。 ↓ ↓ ↓ 頑張る気持ちが増します。

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
お客様と小さく飲み会です。
お酒を力を借りていろいろ謝ろう(←ウソですょ!)

業務連絡:
間もなくHPをリニューアルします。古いサイトもそろそろ見納めですぞ!こちら


posted by TOY-order at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 省CO2_内郷の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月09日

建て方完了

「内郷の家」は建て方が無事完了しました。

uch3134.jpg

設計者は現場で何をしているのか分かりにくい立場なのですが、構造金物の設置状況を確認したり、図面で見えていなかった部分の納まりなどをイメージしたりと、悩みが多い業種なのです。図面を描いて「ハイおしまい!」なんてあり得ません。

金額に関わる図面の食い違いなどを見つけ、どうやって工務店さんに指示を出そうかあれこれ悩んだり、バッチリ計算した設備機器の能力が急に不安になったり、建物が完成するまでずっと悩み続けます。

そして、雨なんか降ったりすると、現場が傷むような気がして悲しくなったりもします。
防水工事が終るまで、なるべく雨が降りませんように!

1日1回押して下さい。 ↓ ↓ ↓ 頑張る気持ちが増します。

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
1月に構造見学会を予定しています。
200mm断熱の家づくりに興味がある方、極意を説明しますので遠慮無くどうぞ!

業務連絡:
間もなくHPをリニューアルします。古いサイトもそろそろ見納めですぞ!こちら


posted by TOY-order at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 省CO2_内郷の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月07日

祝上等

「内郷の家」が上棟しました!

床の高さが複雑で拘りのロフトもありますので、建て方はまさにパズルです。そうそう、お父さんからいただいた「大黒柱」も建てなければなりません。太いヒノキの大黒柱ですから、ここだけは手加工になります。計画通りに納まるのか現場は緊張します。

uch3109.jpg

大黒柱を建てています。

お昼に別の打合せを挟み、午後に再び現場へ行くと、かなり進んでいます。

uch3123.jpg

ロフトの納まりが複雑でしたので、組み立て手順について確認したのですが、部品を一つ入れ忘れでしまい、ちょっと手戻り(だから言ったのに・・・なんてその場では言えないですけど)

3時の一服の合間に2階に上がり、北側の眺めを確認しました。

uch3127.jpg

想像以上に後ろの建物が低く、抜群のロケーションです。これなら窓をもう少し低くするべきかもしれません。早速お客様に提案しました。

1日1回押して下さい。 ↓ ↓ ↓ 頑張る気持ちが増します。

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
お客様は仕事を休んで見に来ていました(笑)

業務連絡:
間もなくHPをリニューアルします。古いサイトもそろそろ見納めですぞ!こちら


posted by TOY-order at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 省CO2_内郷の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月06日

土台

「内郷の家」は土台敷きが完了しました。

uch3093.jpg

この写真だけ見ると家づくりでよく見かける光景なのですが、ここにもちょっと不思議な納まりがあります。

その名も「アリ返し」

基礎断熱工法は、コンクリートの中性化防止などの効果が期待でき、建物の長寿命化に貢献する反面、シロアリ被害の心配がついて回る工法でもあります。

「コンクリートの寿命は伸びるけど、木造の骨組みは危険」

現在、基礎断熱はそんな位置づけにあります。

そこで、木造部分へのシロアリ被害の可能性を最小限にするため、断熱材内部を進んできたシロアリが木材に辿り着けなくなるよう「アリ返し」を設置する事にしました。

uch3094.jpg

uch3097.jpg

土台の下に板金を挟み、断熱材の上端部を覆ってしまう方法です。これで問題はほぼ解決できると考えています。

1日1回押して下さい。 ↓ ↓ ↓ 頑張る気持ちが増します。

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
長期優良住宅の基準には「防虫剤を塗布しろ」とありますが、現場塗装の薬剤はかなりの速度で効果が薄れていくと言われています。建物完成直後には地面にアリの巣は無く、防虫剤の効果が薄まってきた頃にシロアリがやってくることについてどうお考えなのでしょう。問い質したい。

業務連絡:
間もなくHPをリニューアルします。古いサイトもそろそろ見納めですぞ!こちら


posted by TOY-order at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 省CO2_内郷の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
断熱だけではありません。 ちゃんとデザインもするんですよ! 豊田設計事務所のHPはこちら
by blog-parts fab.
[PR]春日部市 不動産

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。