2011年02月05日

銘木神話

「内郷の家」では室内側の窓枠が取り付けられています。

uch3485.jpg

壁の断熱厚さが市内で建てられている家の倍ありますので、窓まわりの納まりが違ってきます。写真のように全ての窓が出窓のようになります。棚の奥行きが25cmですので、使い方を考えていきたい部分ですね。

現場には内装用の建材も運び込まれています。

uch3489.jpg

長さ4.5mの1枚板です。和室に敷かれます。もちろん、設計ではそんな豪華な材料は考えていません。今回の現場の棟梁が銘木好きの方でして、問屋で良い原木を見つけると板にして10年以上乾燥させていたりするのです。そして、ここぞという見せ場があると、こんな材料があるから使いませんかと言ってきます。
私のお客様には「材木は無節でねばならぬ」なんて言う人はほとんどいませんし、銘木や無節にこだわるお客様は減っていると思うのですが、そんな家はつくられ続けています。そのカラクリがこれだったのですね。銘木好きの大工さんがコツコツ集めているのね。勉強になります。

1日1回押して下さい。 ↓ ↓ ↓ 頑張る気持ちが増します。

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
新建材のカタログ設計の内装は苦手です。
天然木材の内装はおもしろいですが、
素材の組み合わせとバランスが難しいですね。
いい素材が主張しすぎるのも嫌ですので緊張しています。

業務連絡:
HPをリニューアルしました!
所長のおとぼけtwitterがトップページに配置されるという暴挙!こちら

シェア・ザ・ロード[share the road]
posted by TOY-order at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 省CO2_内郷の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

住宅断熱勉強会

昨年3月に完成した「までいな家」に行ってきました。
目的はしゃべりの仕事です。

mad00365.jpg

までいな家は、体験型モデル住宅ですので、飯舘村のどこかにありそうな家の形をしています。もちろん内部も住宅のスケールになっています。施設の和室に机を並べ、村民15人程度を対象に省エネと快適性について2時間しゃべる予定だったのですが、原町、福島市、田島町などの村外の方や、遠くは宮城県や茨城県からもお客様がいらっしゃいまして、来場者は30人を超えました。家づくりのマニアックな話に興味を持つ方は確実に増えていますね。

「何故断熱が大切か」というタイトルでスライドを作成し、サッシの選び方や、寒冷地での断熱材の必要厚さなどを説明しました。さらに大平洋側での断熱性能の落しどころと、建物全体のエネルギー消費量を把握する必要性など、かなりマニアックな内容です。

少し時間が余りましたので、施設内を案内しました。全室暖房で建物内の温度差を無くすことは簡単で、快適な温度差をデザインすることに興味があること、エアコン1台で全室暖房する場合の暖房計画と平面計画など設計のハードルがいつの間にか上がっている事などを話してきました。

必要に迫られ追いかけてきたのですが、気が付けばかなり積み上がっていました。でも、この道は先が長いですね。まだまだ知らないことばかりです。

mad00444.jpg

施設には離れの作業場があります。ここにも温水暖房が入っていますが、住宅棟より若干マイルドな暖房設定温度になっています。作業室ですので、住宅のリビングのような快適性は不要です。これまで寒さのために半年間使えなかった離れの作業場を省エネで利用するためのノウハウが詰まっています。

1日1回押して下さい。 ↓ ↓ ↓ 頑張る気持ちが増します。

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
私のお客様も来場して下さいました。
しゃべりの仕事終了後に、
知り合いの工務店さんに、改修の納め方について相談してきました。
はい、講師より詳しい方が数人紛れ込んでいますので
困りますね(笑)

業務連絡:
HPをリニューアルしました!
所長のおとぼけtwitterがトップページに配置されるという暴挙!こちら

シェア・ザ・ロード[share the road]


posted by TOY-order at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
断熱だけではありません。 ちゃんとデザインもするんですよ! 豊田設計事務所のHPはこちら
by blog-parts fab.
[PR]春日部市 不動産

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。