2011年04月02日

配筋検査

「絵本の家」では配筋検査が行われました。
もちろん合格です。

eho3634.jpg

建材の手配がまだまだ安定していないようで、お客様と仕様を決める締切りがいつもより速いです。まだ震災ボケで現場の勢いに着いていけません。

「がんばっぺ小名浜」

1日1回押して下さい。 ↓ ↓ ↓ 頑張る気持ちが増します。

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
仮住まいしている家の隣が現場なのに、
お客様の子どもは、外に出ることが制限されているため
ほとんど現場を見ていません。
見せてあげたいです。

業務連絡:
HPをリニューアルしました!
所長のおとぼけ本気twitterがトップページに配置されるという暴挙!こちら

シェア・ザ・ロード[share the road]

posted by TOY-order at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 省CO2_絵本の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月01日

応急危険度判定

今回の地震は各地で震度6強などを示しかなり大きなものでしたが、木造住宅が倒壊する建物が少ない印象がありました。これまで様々な講習会で耐震基準を満たさない建物は、震度6以上で倒壊すると言われていたのに不思議でなりませんでした。昨日NHKのサイエンスZEROを観て納得しました。周期が1秒程度の木造住宅に被害を及ぼすような揺れは弱く、周期が0.4秒前後の小刻みな揺れが強かったということです。一言で地震といっても奥が深いです。

設計の仕事をしていますので、今回の地震の被害を体感したいという好奇心がありますが、ただ被害状況を観て歩くだけでは復興の邪魔者ですので、応急危険度判定のボランティアをすることにしました。
応急危険度判定は、地震により被災した建築物について、その後の余震などによる倒壊の危険性ならびに建築物の部分等の落下あるいは転倒の危険性を判定し、その結果に基づいて、恒久的復旧までの間における被災建築物の使用にあたっての危険性を情報提供することにより、被災後の人命に係わる二次的災害を防止することを目的としております。

いわき市の被災建築物応急危険度判定についてはこちら

植田、勿来地区を市職員と2人一組で調査してきましたが、屋根瓦の被害が多いです。特に農家づくりの大きな屋根の頂部にある瓦を何段にも重ねた部分はどこもボロボロです。しかし、被害を受けていない建物もあります。どうしてでしょう?
私が調べた2つの建物を比較します。屋根が無傷の建物は築70年でコンクリート基礎がありません。束石の上に柱が載せられてあるだけですので、地震の揺れが建物に直接伝わりません。屋根の重さで内部の障子や襖が動かなくなりましたが、ほとんど無傷です。地盤が良いところに建設してあることも重要でしょう。
屋根がボロボロになってしまった建物は築33年。建築基準法でコンクリート基礎が要求されますので、屋根が大きな農家住宅を基礎に固定しました。おかげで地震の力は直接建物に伝わってしまいました。敷地が軟弱だった点も問題です。建物内部の土壁にもかなりの被害があります。軟弱地盤、コンクリート基礎、重い屋根などの組み合わせが被害を拡大したように思えます。

では、建築基準法のコンクリート基礎は悪者なのかというとそうでもありません。現在建設中の長期優良住宅は今回の地震でも全く無傷でした。サッシも全て問題なく動きます。こんなに建物を硬くする必要があるのかと疑っていましたが、地震の力に対して硬さで抵抗する方法も間違いでは無さそうです。

これら全て「地震波の波長が短い場合」という但し書きが付きますので、お間違いのないように。

もう少し勉強を続けます。

「がんばっぺ小名浜」

1日1回押して下さい。 ↓ ↓ ↓ 頑張る気持ちが増します。

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
来週も2回、ボランティアをしてきます。
楽しそうに見えますか?
どんな状況でも前向きに対応できる能力があるみたいなんです(笑)

業務連絡:
HPをリニューアルしました!
所長のおとぼけ本気twitterがトップページに配置されるという暴挙!こちら

シェア・ザ・ロード[share the road]



posted by TOY-order at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
断熱だけではありません。 ちゃんとデザインもするんですよ! 豊田設計事務所のHPはこちら
by blog-parts fab.
[PR]春日部市 不動産

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。