2011年10月11日

町の歴史を知る楽しさ

震災後に親しくなる方には、鉄道オタク、近代遺産好きなどのマニアックな方が多くいます。彼らの持つ全く役に立たない知識量が建築好きには魅力的でして、彼らのほうにボクがよって行っているのかもしれません。

中之作プロジェクトの活動を始めてから何となく古本を購入して読んでいます。
鉄道廃線跡を歩く JTBキャンブックス [単行本] / 宮脇 俊三 (著); JTB (刊)

鉄道オタクから聞いた「いわき市内の廃線跡情報」によると、江名・中之作には昭和40年代中頃まで電車が走っていたというのです。町にはそんな面影は全くありませんが、復興の手がかりになるかもしれないと思い読み始めました。

冒頭の「廃線跡歩きのすすめ」という文章が秀逸です。一部を抜粋してみます。
(前略)クルマ時代の到来、地方の過疎化、外国からの安い鉱石や木材の輸入、石炭から石油へのエネルギー革命などによって、ローカル私鉄は、つぎつぎと廃止に追込まれて行った。国の庇護下で生きのびてきた国鉄の赤字ローカル線も昭和55年の国鉄再建法によって多くの線路が廃止された。
 亡びた者は帰らない。レールが撤去されれば列車は走らない。
(中略)だが、廃線、それでおしまい、とならないのが鉄道趣味なのであって「廃線跡をたどる」という新しい分野が開けてくる。
 一般の建造物が取り壊されれば跡形もなくなる。そこに何があったかは忘れ去られる。ところが、鉄道は細長く延びている。辺鄙な地域へと分け入っている。だから廃線跡が完全に消滅することはまずない。レールや枕木は撤去されても、いろいろなものが残っている。
 まずトンネル。無用の長物と化したので確実に存在する。入り口上部がSLの煤煙で黒くなっている。
 次に橋の跡。橋桁は撤去されても、橋脚もしくはその土台、とくに両端の京大は残っている場合が多い。
 築堤や切通し。これもだいたい残っている。
 廃線跡を歩けば、道床砂利(バラスト)はレールと車輪が削り合った鉄分で赤錆び、犬釘を拾うこともできる。速度制限や警笛吹鳴などの標識もある。
 線路跡が林道などに転用されたケースも多い。こうなると何もかもが消え失せてしまうが、その道の曲がりぐあいは鉄道ならではの味わいがあって、向こうから汽車が現れそうな気分にしてくれる。
 かくして廃線跡の探訪は、史跡めぐりと考古学とを合わせたような世界になる。それは、消滅した鉄道を懐古する次元をこえて、現存の鉄道に乗るのと廃線跡をたどるのと、どっちが面白いかという境地に達する。キザな言い方だし、負け惜しみもあるが、廃線跡を歩いていると、そんな気持ちになることがある。


壊されて行く港町をこれから楽しむ一つの方向性が見えてきます。

古い街並の持つ美しさを発見し後世に残すのはいつも「よそ者」です。今この町で起っていることを多くの方に伝えるのも「中之作プロジェクト」の大切な活動です。昨日の町歩きの様子は、たくさんの方がそれぞれのメディアで配信して下さっています。本当にありがとうございます。

TETOTEONAHAMA 江名・色味の生き残る町
つれづれなるままに、よい酒屋まるとみにて「昨日に引き続き中之作プロジェクト
いわき市の歯医者、「酒井歯科医院」院長のブログ 新たな出会いの輪が広がる喜び
中之作プロジェクトHP 写真追加しました。

明日は地元の方と会議です。これからのまちづくりについて、地元の方と情報を共有して行けたらいいと考えています。
posted by TOY-order at 19:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 中之作プロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月07日

傾いた建物を直す方法

中之作プロジェクトでは震災で傾いてしまった建物の相談も受けております。

建物が傾いてしまう原因の多くは地盤の問題です。今回の地震は様々なタイプの地盤の弱点を、狙い澄ましたかのように攻撃しています。そして建物は、見事なまでに敷地の弱いほうへ向かって傾いています。これは地面の中の問題ですので、建物本体を強固につくっても解決にはなりません。地盤が傾けば建物も傾いてしまうのです。

4月に相談を受けた方は「家が浮き上がったので診て欲しい」とのことでした。行ってみると、その家は地盤改良で建物の基礎下に杭を打ってありました。そのため、建物周囲の地盤が液状化などで沈下しても建物だけは沈下しなかったのです。周囲の建物も含めて町中が沈下したときに、この家だけが地面の下の固い地層に載っていましたので沈下せず、浮き上がって見えたのでした。このように地盤の強度に合わせた基礎の計画さされてある建物の多くは、今回の震災でも被害が小さくて済んでいます。

古い住宅は建築確認申請時に地盤調査が不十分なままでも建設可能だったため、地盤の沈下などへの備えが不十分な場合があります。しかし諦めないで下さい、傾いた建物も改修が可能です。改修にも様々な方法がありますが、弱い地盤は今後も大きな地震の度に沈下の可能性を含んでいますので、今後も長く住みたいと考える場合は、このタイミングでしっかり直してしまうことをお勧めします。

中之作で建物が傾いてしまった家は、建物の下にあるコンクリート基礎ごと持ち上げて水平にする工法を採用します。今月末に工事を行いますので、その様子はこちらのブログで紹介いたします。

改修工事の見学会も行う予定ですので、震災で傷んだ建物を直すか壊すかで悩んでいる方は、是非現場を見に来て下さい。

ちなみに、中之作の現場では設計料も紹介料もいただいておりません。だって、設計してないですもの。。。商売下手ですね。

1日1回押して下さい。 ↓ ↓ ↓ 頑張る気持ちが増します。

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
いわきWebアワードGPに「中之作プロジェクトHP 震災復興まちづくり」でエントリーしました。
どなたでも投票できますので応援して下さい。
入賞することで、たくさんの方に私たちの取り組みを知っていただけたら嬉しいです。
投票はこちらからできます。

業務連絡:
中之作プロジェクトサイトを開設しました。こちら

HPをリニューアルしました!
所長のおとぼけ本気twitterがトップページに配置されるという暴挙!こちら

シェア・ザ・ロード[share the road]
posted by TOY-order at 15:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 中之作プロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月05日

HP立ち上げました。

江名・中之作地域の状況を多くの方に知ってもらいたいです。町並みの保存活動は、その気持ちを持ったよそ者が町に数多く押し掛けてお節介することで、少しずつ変わっていく面もありますので、情報発信にも力を入れて行くことにします。

豊田設計事務所の趣味、地域貢献活動です。

中之作プロジェクト

まずはこの町の現状を知って下さい。

1日1回押して下さい。 ↓ ↓ ↓ 頑張る気持ちが増します。

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
いわきWebアワードGPに「中之作プロジェクトHP 震災復興まちづくり」でエントリーしました。
どなたでも投票できますので応援して下さい。
入賞することで、たくさんの方に私たちの取り組みを知っていただけたら嬉しいです。
投票はこちらからできます。

業務連絡:
中之作プロジェクトサイトを開設しました。こちら

HPをリニューアルしました!
所長のおとぼけ本気twitterがトップページに配置されるという暴挙!こちら

シェア・ザ・ロード[share the road]
posted by TOY-order at 18:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 中之作プロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

また何もできませんでした。

中之作プロジェクトの仲間と一緒に、江名・中之作地域の建物を保存する活動を始めて2ヶ月半経過しました。土地や建物の権利などデリケートな部分に関わる活動ですので、所有者に会い建物の重要性や保存活用方法などを説明する役割はボクが引き受けています。地元の方にも私の活動の理解者が少しずつ増えていますので、建物所有者に会って話をすることがトントンと進むようになりましたが、最初の1ヶ月は誰に相談していいのかも分からずに走り回っていました。

活動資金もスポンサーもありませんので、津波被害のあった建物をいわき市の補助金を使いまちづくり活動の施設に整備する計画を提案したり、文化庁の補助金で文化的建造物の発掘のための活動資金などを申請したりしましたが、どれもうまく行きません。震災後とはいえ実績もなく実態も定かでない団体が、簡単に補助金を受けられる程、国の財布のひもは緩くありません。

そんな空振りを連発する姿がよほど珍しかったのか、江名まちづくり協議会の会長さんに取り組み(全て不発)を認めていただき、協議会の会員さんの協力を得られるようになるのですが、津波被害で建物解体を決意した所有者の気持ちを変えることは容易ではありません。悪いことに、津波被害の建物解体は年内に終わらせるのが国からの条件らしく、ここにきて取り壊す速度は加速しつつあります。

ある物件は、ようやく建物所有者を思い止まらせるところまで話が進み、中之作プロジェクトのメンバーに内容を報告し掃除や保存計画の話をしたのですが、実は行政側の解体の段取りは進んでおり、解体の延期をお願いした日に解体業者が足場を建て始めており、所有者も諦めてしまいました。たった1日の差で、建物を守ることができませんでした。

別の建物も所有者に会ったときには、すでに建物内の貴重な柱などが強引に抜き取られ、屋根や樋などに使われていた銅板は不届き者に剝がされた後でした。被災建物無料解体の利益と、古い港町の地域景観や地域文化の保存とを銭金で比較なんてできるはずがないのですが、中には自分たちが住む町の未来にまで気が回らない方がいます。その方の安易な考えに便乗してしまう方も簡単だと考える方もいます。これだけの数がまとまると、解体することが普通になってしまうようです。完全に思考停止状態です。

奇跡的に津波被害が少なかった港町は復興の最も近くにある町だといえますし、深刻な被害を受けた地域には存在しない古さを持っています。このことをチャンスと考える人が数人いるだけで、状況は劇的に変化するはずなんですが、そこにたどり着く前に町が無くなってしまいそうです。

自分の無力さが悲しいです。


1日1回押して下さい。 ↓ ↓ ↓ 頑張る気持ちが増します。

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
いわきWebアワードGPに「中之作プロジェクトHP 震災復興まちづくり」でエントリーしました。
どなたでも投票できますので応援して下さい。
入賞することで、たくさんの方に私たちの取り組みを知っていただけたら嬉しいです。
投票はこちらからできます。

業務連絡:
中之作プロジェクトサイトを開設しました。こちら

HPをリニューアルしました!
所長のおとぼけ本気twitterがトップページに配置されるという暴挙!こちら

シェア・ザ・ロード[share the road]
posted by TOY-order at 18:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 中之作プロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
断熱だけではありません。 ちゃんとデザインもするんですよ! 豊田設計事務所のHPはこちら
by blog-parts fab.
[PR]春日部市 不動産

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。