2008年07月18日

実施設計終了〜〜♪

「湯本の家」の図面が完成しました。
各業者さんへの見積もり依頼も無事終了。

予算オーバーが予想されるので大胆な減額案も準備完了。
余程のローコスト住宅を設計している場合でなければ
新築の減額変更はいろいろ出来ます。
ただし、
お客様に対して
「見積り金額が算出されないと設計図通りに実施できるかは不明」
と説明しておかないと後でトラブルとなります。
基本設計完了の時点で概算見積もりを作成していますので
予算の範囲であるというところまでは分っているのですが、
実際に図面を描いているとデザインがエスカレートしたり、
内装や窓の開閉方法に拘ったり、
図面を細かく描くほど見積金額も高くなるというジレンマ!

最後は、
造り付け家具など色々考えた部分から減額していきます。
説明中はお客様の悲鳴にも似たため息
もちろん私も切ない。

チョット無理目の設計から減らしていくアプローチは
ローコスト系ハウスメーカーのオプション積み上げ方式の
真逆の手法ですね。
予算内で最良の成果を目指すのであれば
予算オーバー気味の設計図面で業者さんと交渉するべきだと
思っているのですが、理解していただくのに時間が掛かります。

確認申請も降りていますので
工事金額がまとまればいつでも着工可能です。

↓面白かったらポチッ↓

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
「常陸の家」の設計が本格的に始まります。


posted by TOY-order at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場レポ_湯本の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
断熱だけではありません。 ちゃんとデザインもするんですよ! 豊田設計事務所のHPはこちら
by blog-parts fab.
[PR]春日部市 不動産
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。