2008年07月24日

契約完了です。

「小名浜の家」の工事契約が無事に結ばれました。
設計者である私は立ち会い人となります。
工事中は、
お客様に代わりプロの目線で工事の様子を監理し、
少しでもいい家となるよう重箱の隅を突くような指示を出したり
予算によっては合理的な納まりを指示したりと
足繁く現場に通い続けます。(これが監理業務です)
それから、
材料や色の相談についてお客様の相談にも乗りますよ。
それらの様子は随時こちらで更新していきます。お楽しみに!

その前に、NEDOへの着工届け、いわき市への届けなど
補助申請の書類作成をしなければなりませんので、
ちょっと焦っています。

そうそう、
昨日いわき市役所で仕入れてきた情報です。

昭和57年以前の住宅は耐震性に問題がある場合があります。
いわき市では耐震診断が格安で行える制度の申込みが始まります。
詳しくはいわき市建築指導課に相談してみて下さい。

募集期間:平成20年8月1日〜9月30日
募集戸数:30戸(申し込み多数の場合は抽選)
自己負担額:6千円〜7千円(床面積による)
申込場所:いわき市役所建築指導課(22−7516)

悪質なリフォーム業者がたくさんあるそうです。
耐震診断は安心できる技術者にお願いするべきですね。
ただし、残念ながら診断後の耐震改修の費用は実費となります。
こちらについても何らかの補助があるといいのですが、
これじゃ予算のない人は危険と判定されても直せないよね?

↓面白かったらポチッ↓

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
また地震がありました。
今回は深夜です。
地震はいつ来るか分りません、寝室の家具は大丈夫ですか?
タンスの転倒防止などもう一度確認しておきましょう。

追記2:
どあら
posted by TOY-order at 14:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 現場レポ_小名浜の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
耐震診断はそのまま耐震改修の補助につながっていて、古い家の改修などでとても利用したい制度なのですが、いかんせんお役所仕事で、簡易診断→精密診断→耐震改修の補助金申請のステップを踏まないと補助金にたどりつけません。

増改築などで今すぐに工事したい場合などでも、このステップを踏むために最低でも二年後に工事・・・ってそんなの無理でしょ。

いい制度だと思うのですがもうちょっと運用面を考えてもらいたいものです。

Posted by いちろー at 2008年07月28日 06:13
いちろ〜さん、
確か国が半分、県と市が4分の1ずつ負担する補助金だったはす。
そんなわけで経営が厳しい自治体は改修の補助金がでない!
2年待っても補助が出るだけ羨ましいです。
Posted by TOY(管理人) at 2008年07月28日 08:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
断熱だけではありません。 ちゃんとデザインもするんですよ! 豊田設計事務所のHPはこちら
by blog-parts fab.
[PR]春日部市 不動産
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。