2008年07月28日

見積もり調整中

「湯本の家」の見積もり調整が大詰めです。
解体工事の見積もりのために
業者さんと既存建物を調査に行きました。

お客様は近くのアパートに仮住まい中ですので
現在建物は空っぽです。
生活感のない家の中を見回すと、
新しい家に残したい「宝物」が幾つかあるのに気がつきました。
何度もお邪魔している家なのに、
空っぽになるまで気がつきませんでした。

「和室の欄間」「床柱」「神棚」
思い出がぎっしり詰まっている家ですので、
これらは丁寧に解体して、新しい家活用しないといけません!

yum0767.jpg

階段の登り口にある「丸い柱」は、
35年前から子ども達の遊具として使われてきた痕跡が
たっぷり染みついています。
これも、家具が置いてあったときは全く気がつきませんでした。

yum0765.jpg

ご主人が小学生の時に完成した家ですので、
旦那さんも登った柱で、
つい最近までお子さんも登っていた傷だらけの宝物です。
危うく処分してしまうところでした。

これは是が非でも残さなければなりません。
冷静な視線で建物を観察するよう注意しているのですが、
まだまだ勉強中です。
とにかく気がついて良かった。

週末の打ち合わせ時に再利用の方法を提案します。

↓面白かったらポチッ↓

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
解体前の現場を調べるのも設計者の仕事です。
もう拾い忘れは無いと思います(自信なさげに・・・)
posted by TOY-order at 17:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 現場レポ_湯本の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
丁寧な見積もりチェックと現場チェックをされているんですね。
親切な設計士さんですね。
Posted by 尾崎信行 at 2008年07月29日 08:55
尾崎さん、
コメントありがとうございます。
まだまだ不勉強ですので、ハラハラの連続です。
今回も危なかった!
Posted by TOY(管理人) at 2008年07月29日 09:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
断熱だけではありません。 ちゃんとデザインもするんですよ! 豊田設計事務所のHPはこちら
by blog-parts fab.
[PR]春日部市 不動産
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。