2008年08月28日

全体工程計画

「常陸の家」の工程を国土交通省に届けなければなりませんので
急いで作成しました。

今回の建物は、築60年の建物を曳き屋する「移築部分」と、
新規に建物を造る「新築部分」があります。
「新築部分」が敷地の奥側になりますので、
そちらを先行してある程度まで仕上げてから、
曳き屋を行う予定ですので、通常の新築工事より工期が長くなります。

着工が10月で、曳き屋と構造見学会は来年1月に、
断熱工事見学会は2月頃になる予定です。
ちなみに、竣工は6月ですので8〜9ヶ月の長丁場となります。
竣工見学会も予定していますので、お楽しみに!

↓面白かったらポチッ↓

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
急いで国土交通省に提出する書類をまとめなければいけません。
〆切りを過ぎると補助金が消えてしまいます!
posted by TOY-order at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場レポ_常陸の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
断熱だけではありません。 ちゃんとデザインもするんですよ! 豊田設計事務所のHPはこちら
by blog-parts fab.
[PR]春日部市 不動産
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。