2008年09月23日

断熱工事の準備中

「小名浜の家」は断熱工事の準備中です。

断熱材をきちんと機能させるためには幾つかのポイントがあります。
壁の中に気流ができないよう、
柱の太さと同じ厚さの断熱材を丁寧に充填することは必須項目ですが、
忘れてはいけない項目が、
断熱材内部での結露対策と、隙間風対策です。

これは、
防湿シートを断熱工事の後に隙間無く貼り巡らせればいいのですが、
後から隙間無く施工するのが困難な部分が幾つかありますので、
それらの部分を予測し、事前にシートを貼っておく工事を行います。
「先貼りシート」と呼ばれる物です。

ona6954.jpg
(↑ビニールがヒラヒラしてるの分かります?)

改修工事ですので、納まりが悪い部分も発生します。
何棟か断熱工事の経験のある職人さんですと、
納まりを一緒に考えていただけるのですが、
初めて付き合う大工さんの場合はそうも行かず
現場で部分毎に納まりのスケッチを描くこともシバシバ!
気になって何度も現場に足を運んだりと、大忙しです。

↓面白かったらポチッ↓

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
ユニットバスが再利用なんですよ・・・
壁の気密性能をどうやって確保すればいいのかしら・・・
posted by TOY-order at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場レポ_小名浜の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
断熱だけではありません。 ちゃんとデザインもするんですよ! 豊田設計事務所のHPはこちら
by blog-parts fab.
[PR]春日部市 不動産
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。