2008年10月14日

変な相談

暖房メーカーの営業マンから相談です。
かなりお世話になっている方ですので打ち合せに郡山まで行ってきました。
      ・・・午前中で終わらなかった・・・(涙)

相談の内容ですが、
保育園のを新築する計画があり、
設備設計事務所から床暖房を提案するように言われたそうです。
その提案書はその後意匠設計事務所であれこれ揉まれ、
市役所の担当者が最終判断する流れです。
あまりにも現実離れした計画でもいけませんが、
無難なモノは提案とは言わず、
実現出来そうなギリギリの提案でなければなりません(頭痛い・・・)

その提案書を無関係の意匠設計者が作文するのですから変な気分です。
残念ながら大きな公共事業の設計はボクには回ってきませんので
誰も見ていないところでコソコソとする事になります。
誰よりも早起きして道路の雪掻きをしているような気分ですね。
誰かがしなければならないのですが、誰も褒めてくれませんし、
やって当たり前でしないと叱られたりします。
本来仕事とはそういう作業のこと・・・内田先生の受け売りです。

だけどね、
暖房メーカーの営業マンは機械の詳細な資料を持っていますし
メーカーが研究している事などをある程度把握していますので
技術畑の出身でない者にとっては非常に勉強になったりします。

メーカーさんは建築について不確かな部分が多いので
保育園という施設に対するプレゼンテーションが苦手ですので、
お互いたくさんのことを学ぶことが出来ます。
だから異業種の交流は面白い!

↓面白かったらポチッ↓

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
ボクが欲しい快適な空間づくりのノウハウは、
これまで積上げてきたモノを誰かに話すことで手に入れることが出来ます。
情報とはなんとも面白い性質を持っています。

「人間は自分の望むものを他人に与えることによってしか手に入れることができない」これも内田先生の言葉です。

posted by TOY-order at 17:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ウンチク-E大型物件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
断熱だけではありません。 ちゃんとデザインもするんですよ! 豊田設計事務所のHPはこちら
by blog-parts fab.
[PR]春日部市 不動産
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。