2008年11月05日

ショールームをこじ開けろ!

「湯本の家」のお客様と郡山のショールームまで行ってきました。
水曜日ですのでどこも休みなのですが、
営業担当者に無理言って開けていただきました(ゴメンナサイ)

だって、
お客様の都合がいい日はこの日しか無いんですもの・・・

休日のショールームは床のワックス掛けや空調機のメンテナンスなど
それはそれで忙しそうです。
床掃除を部分的に後回しにしていただいて、
玄関ドアの色決めですが、奥様の一声で決定!

その後、
浴室、トイレ、洗面所、キッチンと色や仕様を決めていくのですが、
旦那様の意見はほとんど採用されることなく、奥様の鶴の一声!
そして決断が早い!
2時間で全ての設備の仕様を決めて帰ってきました。
こんなに悩まないお客様は初めてです(笑)

私の注文は、
魔法瓶浴槽は要らない(残り湯が冷めるのも暖房ですので)
浴室乾燥機も要らない(冬は建物全体が乾燥気味ですので)
同時給排気型換気扇も不要(普通のシロッコファンで問題ない)
等々、
コストを下げる方向で提案するのですが、
お客様の要望は徐々にエスカレートし、
見積もりの結果によっては仕様の見直しが必要になるかも・・・

ショールームには魔物が住んでいます・・・

↓面白かったらポチッ↓

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
2つのショールームをハシゴしたのですが、
どちらも裏口から案内されて、貸し切り状態でした。
特別待遇はなんだか嬉しいですね(笑)
posted by TOY-order at 22:50| Comment(3) | TrackBack(0) | 現場レポ_湯本の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
確かに水曜日はお休みのところが多いと思います。
私の地域では、タカラスタンダードが無休で、水曜日でも営業しています。


>魔法瓶浴槽は要らない(残り湯が冷めるのも暖房ですので)
>浴室乾燥機も要らない(冬は建物全体が乾燥気味ですので)
>同時給排気型換気扇も不要(普通のシロッコファンで問題ない)

全く同感です。
ただ、最後のシロッコファンについては、連動する吸気口を設けるのでしょうか。これも省略してしまうのでしょうか。
拙宅ではコストダウンで、レンジフードの側方2mのところに手動開閉のパッコン100mmを設けました。でも、レンジフードが強くまわると、ドアが重たく感じます。

Posted by iBook at 2008年11月09日 08:57
iBookさん、
コメントありがとうございます。
差圧で開く吸気口がありますが使ったことがありません。
http://www.sylpha.co.jp/products/SY-SY-150FS.html
秋田の工務店さんで外壁から塩ビ管をL型に貫通させ、
球形の発泡スチロールボールを載せて差圧吸気口とした例もあります。
が・・・ボクの現場では、
レンジフードの使用時間はそれほど長くないだろうと考え、
玄関を引き戸にすることでそれらの対策はしていません。
もしかすると気密性能がちょっと悪いのかも・・・
Posted by TOY(管理人) at 2008年11月10日 00:04
便利な吸気口やアイデアのご紹介ありがとうございました。
また、引戸でしたら、外開きドアのような問題は生じないと思います。

気密重視でしたので引戸は頭にありませんでした。というのは口実で、その実態は幅がないので採用できませんでした。
Posted by iBook at 2008年11月15日 21:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
断熱だけではありません。 ちゃんとデザインもするんですよ! 豊田設計事務所のHPはこちら
by blog-parts fab.
[PR]春日部市 不動産
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。