2008年11月18日

外壁防水下地

「湯本の家」は外壁の防水下地工事が始まりました。

yum7299.jpg

外壁通気工法を採用していますので、
「通気層部分には必ず水が入るものっ!」と考えています。
下地の防水紙はもしものときの二次防水層となりますので、
下から順番にちゃんと重ねて貼っていきます。
窓の廻りには両面テープをはりしっかり擦り込んで馴染ませます。

これを全ての外壁に行います。これもまた手間のかかる仕事です。

↓面白かったらポチッ↓

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
ユニットバス部分のみ断熱工事が先行して進められてありました。
キレイな仕上がりです。
yum7300.jpg
でもさ、
換気扇のスリーブは先に設置するべきではないかな?
しつこく検査しますので、よろしくお願いいたします(笑)←ワラッテイナイ
posted by TOY-order at 16:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場レポ_湯本の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
断熱だけではありません。 ちゃんとデザインもするんですよ! 豊田設計事務所のHPはこちら
by blog-parts fab.
[PR]春日部市 不動産
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。