2008年12月06日

見学会は無事終了致しました。

「湯本の家」の見学会が終了しました。

yum1458.jpg

前日の夜に資料を作りました。
暖房エネルギー消費量の計算書をつくり、
パネルに工事中の写真を貼り終えたとき外が少し明るかったです・・・

計算結果の一部を紹介しましょう。
建物の断熱性能と日射取得熱、夜間の断熱扉などを細かく設定して
1日の平均室温を18℃(夜間の室温を低くする等で実現可能)ですと
年間の暖房エネルギー消費量は「557リットル」になります。
これが17℃ですと「455リットル」になります。

例えば、
24時間換気設備の換気回数を0.5回/時から、0.3回/時に減らすと
18℃で「429リットル」となり、
17℃で「345リットル」になります。

建物の性能を何も変えずに、
暖房の設定温度と換気回数を調整するだけで
これだけ省エネになります。
換気回数は「熱交換型の換気扇で調整する」が正解ですが、
「換気扇のスイッチ」を切ることで同じ効果が期待できますが不正解。
くれぐれも『設計屋が止めてもいいと言った!』とか言わないように。
換気扇のスイッチは自己責任で操作して下さいませ。

燃費計算をしたとき、建物の性能は1uの消費量で比較できます。
上で書きました設定室温17℃、消費量455リットルの場合ですと
3.3g/uとなります。
いわき市で4g/u以下ならかなり省エネ住宅です。
換気回数を調整した場合の値ですが、様々な事情により割愛!

↓面白かったらポチッ↓

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
この後、
福島方面の温泉街で年末の会議があります。
すでに眠いです・・・
今回は設備工事屋さんの社長が運転手をして下さいますので
たぶん助手席で寝ます。無礼者です!

業務連絡:
「常陸の家」のHPはここ!
IEでもきちんと見ることが出来るようになりました。
posted by TOY-order at 16:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場レポ_湯本の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
断熱だけではありません。 ちゃんとデザインもするんですよ! 豊田設計事務所のHPはこちら
by blog-parts fab.
[PR]春日部市 不動産
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。