2008年12月10日

床材を見に行ってきました!

「湯本の家」の床材が倉庫に届きましたので見に行ってきました。
伐採の基準が厳しくなった「ラオスマツ」です。

yum7464.jpg

違法伐採のために深刻な環境問題が発生していますので、
簡単に南洋材を使うのは問題なのですが、
国産のマツでいい材料が見つからず、
問題意識を持ちつつも選んでしまいました。
考え方ですが、
コンクリート型枠や紙の原料として伐採されるのではなく
内装材料として使います。
合板ではなく無垢材のままです。
山が成長する時間以上長くこの床材を使うことが重要になります。
もちろん、
地元の木を使うことの方がもっと重要なのは分かりますが、
いい材料に巡り会えないでいます。

↓面白かったらポチッ↓

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
内装下地の前に電気工事を行います。
例によって、配線を防湿シートにテープで止めます。
何度見ても変です。

yum7453.jpg

和室には、古い建物から持ってきた
柱と落し掛けが付きました。
お婆ちゃんも喜んでいます。

yum7457.jpg

今週末は照明器具の打ち合せを行います。

業務連絡:
「常陸の家」のHPはここ!
IEでもきちんと見ることが出来るようになりました。
posted by TOY-order at 15:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場レポ_湯本の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
断熱だけではありません。 ちゃんとデザインもするんですよ! 豊田設計事務所のHPはこちら
by blog-parts fab.
[PR]春日部市 不動産
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。