2009年02月08日

またしゃべってきました。

常陸の家」はQ1住宅見学会に参加しました。
おまけに、
超長期住宅先導的モデル事業の普及広報のため
セミナーを開催しましたので準備が大変ですよ!

当日の朝に完成した資料で約1時間
一般のお客様を対象に「常陸の家」のコンセプトを説明しました。
hit7347.jpg

参加者は20人ほどの小さなセミナーでしたが、
距離が近い分、聞く側も居眠りやよそ見ができませんので
緊張感のあるセミナーになりました(笑)

話の内容は、
建物の耐久性について考えていることから、
計画地の魅力、敷地の他にない特徴、古い建物の美しさなど、
予告通り「国誉めの儀」を滞りなくしゃべり、
最後に、
建物の寿命を延ばすには
「大切にする気持ちを受け継ぐ」ことが必要で、
家を大切にしている姿を家族に示すことが家長の使命であると
お客様にお願いして無事終了となりました。

詳細な内容は、これまでブログで書いてきましたので割愛♪

「常陸の家」のHPはこちら

↓面白かったらポチッ↓

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
司会者と建て主様から連続して「褒め殺し」されたときは
どうして良いか分からなくなりました・・・
誉められることに慣れていませんので・・・(笑)
posted by TOY-order at 22:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 現場レポ_常陸の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ご無沙汰して忘れたころにココに来てます。
今日はフェノバボードの商品説明会にタイアップした改正省エネ法の講習会に行ってきました。東大の坂本教授と南雄三氏の座談という面白い趣向でした。雑誌でいつも繰広げられている座談はあんな感じなのだろうかとくだらないことを考えてしまいました。あれってどうやって記事にしてるのか謎です。肝心な中身はちょっと物足りなかったのでIBECの講習会に申し込みます。無料でトップランナー制度の評価ツールが貰えるらしいですよ。
Posted by px546 at 2009年02月10日 22:36
px546さん、
次世代省エネ基準ができて10年近く経過するのに
今回の規制緩和は残念です。
時間が短い座談会は内容が薄くなりますね。
編集時に相当量の加筆修正が行われるのでしょう。
講習会の企画側にも問題があると思います。
Posted by TOY(管理人) at 2009年02月16日 16:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
断熱だけではありません。 ちゃんとデザインもするんですよ! 豊田設計事務所のHPはこちら
by blog-parts fab.
[PR]春日部市 不動産
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。