2009年04月23日

屋根工事中

常陸の家」では屋根瓦が並べられています。
hit8428.jpg

古い建物と全く同じ形なのにスッキリ見えます。
軒先が建物に与えるイメージは大きいですね。
60年の風雪で歪んだ軒先と空との境界線は
文字通りぼんやり歪んでいたのですが、
新しい屋根になって数十年若返ったようです。

hit8434.jpg
まだ棟瓦が載っていませんが、
もうすぐ60年前に見たスカイラインが姿を現わします。
古い屋根が持つ柔らかさも好きですが、
キレイになっていく過程も好きです。

1日1回押して下さい。 ↓ ↓ ↓ 頑張る気持ちが増します。

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
建物内部では床下地の工事が始まりました。
近くサッシの打ち合せをします。

hit8432.jpg
この現場の断熱工事は専門業者が行うのですが、
手順の都合で大工さんが見よう見まねで施工している部分があります。
防湿シートは室内側の合板の上でも問題ないような気もするが、
透湿抵抗が大きい物が手前にあるのは問題かも知れない、
そもそも太平洋側なら大きな問題にはならないだろうけど、
うぅぅぅぅ〜〜〜
事前に相談して下さい。(←杓子定規な回答になるだろうけどね)
posted by TOY-order at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場レポ_常陸の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
断熱だけではありません。 ちゃんとデザインもするんですよ! 豊田設計事務所のHPはこちら
by blog-parts fab.
[PR]春日部市 不動産
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。