2009年06月08日

北海道の役人さんはでっかい人だ!

北海道では「道立北方建築総合研究所」という機関が
地域の工務店さんを強力にバックアップしています。
新住協の総会で聞いてきたことの受け売りなので詳細は未確認)

平成11年にできた「次世代省エネルギー基準」も
北海道の基準だけ妙に厳しいと思ったら、
中央省庁に任せず、北総研が作ったとのこと。
自分の地域の基準を自分で作ることができるのは
厳しい気候に対して真面目に取り組んでいる北海道だけでしょう。

「超長期住宅先導的モデル事業」にも道として応募し、
124棟分の枠が採択され、地元工務店さんなどが全棟建築しました。
今年は新築だけでなく断熱リフォームの補助も採択されており
行政が民間企業をグイグイ引っ張っている凄い地域なのです。

長期住宅は建物の履歴データの保存が義務付けられていますが
小さな工務店では対応が困難だと言われています。
ところが、
道のサーバーで10年間保存するサービスまで始めています。

詳しくは「北方型住宅サポートシステム」を見て下さい。

それだけじゃない!!!!
(なんだか書いていて興奮してきた)

現在データを長期間保存してくれるサービスは
北海道内の建物に限定されているのですが、
近い将来、登録可能な範囲を日本全国にまで広げる予定とのこと!!
登録保管申請料はたったの「9,450円」です。
これは利用しない訳にはいきません。

まだ、国の認定ソフトになっていないので
「長期優良住宅」(100万円もらえる認定制度)には未対応ですが、
そちらも早急に解決する予定だと言っていました。

北海道の住宅行政は民間のためにとことんまで頑張っています。
大好きです!!

1日1回押して下さい。 ↓ ↓ ↓ 頑張る気持ちが増します。

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
北方型住宅についてはこちらのサイトで勉強中です。
イメージキャラクターの「ほっぽちゃん」ですが、
かなりユルイB級キャラなのが唯一残念なところ(←ぉぃ!)


posted by TOY-order at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 新住協 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
断熱だけではありません。 ちゃんとデザインもするんですよ! 豊田設計事務所のHPはこちら
by blog-parts fab.
[PR]春日部市 不動産
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。