2009年07月09日

和室のしつらえ

「鉾田の家」には和室の続き間があります。
リビングとダイニングの透明な境界線は和室の柱ですので、
この柱を中心にした田の字プランだと見ることが出来ます。

hok9251.jpg

南側の和室は旦那さんの書斎となります。
畳に座っての読書は疲るでしょうから足下を掘り下げました。

hok9253.jpg

そうなると当然ですね。
床下暖房の温水パネルをすぐ近くに設け、
暖気が上がってくるガラリを脹ら脛側に配置しました。

hok9254.jpg

きちんと快適に生活できるよう細かな所まで確認しています。
「これで快適にならないはずがない!」と思っているのですが、
毎回暖房シーズンが始まるまではずっと不安なんです。

1日1回押して下さい。 ↓ ↓ ↓ 頑張る気持ちが増します。

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
間もなく内装工事が始まります。
この家に自由に出入りできるのもあと少しです。寂しくなるよ・・・

banar.jpg
posted by TOY-order at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場レポ_鉾田の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
断熱だけではありません。 ちゃんとデザインもするんですよ! 豊田設計事務所のHPはこちら
by blog-parts fab.
[PR]春日部市 不動産
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。