2009年08月22日

筬格子戸

常陸の家」の建具屋さんに行ってきました。

普段は建具屋さんの工場には行かないのですが、
現場から預かってきた違い棚部分の建具を届けるという名目です。
そして、本当の目的は「筬格子戸」です。

古民家の移築ですので「格子戸」がよく似合いますが、
その程度で設計を進めていくと直ぐに思考の限界に到達します(笑)
例えば、
玄関ホール側には細かい格子を設けたいけど、
和室側からは障子にしたいですよね?
どちらを優先しましょうか?
そして本棚を漁ります。「悩んだら本棚」が基本ですね。
探していないものも発見できるのが楽しいですが、
なかなか戻ってこれないのが辛いところです。

−−−数十分経過−−−

発見しました。探すと出てくるから事務所の本棚は偉い!
私の知らないことをたくさん知っています。




そんな時は「筬格子戸」なんだそうです。

片面は格子戸で裏面は障子です。
その建具が完成したとの連絡を受け
仕事が忙しいのに建具屋さんまで出掛けてしまいました(汗)
そして感動のご対面〜〜〜ん!

hit0141.jpg
玄関ホール側の竪格子

hit0142.jpg
和室側の障子(紙が貼られていません)

これは期待できますねぇ〜(笑)
かなり細かな細工がされていますが、
建具屋さんでも久しぶりの仕事だったらしく、
たくさんの方に見せびらかしているとか・・・(内緒だった?)

1日1回押して下さい。 ↓ ↓ ↓ 頑張る気持ちが増します。

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
建具の据え付けは工事の一番最後なんですよね・・・
待ち遠しいです。
その前に飯舘村の締め切りがあるのを思い出した(涙目)

banar.jpg
<内覧会は9月26・27日の予定>
posted by TOY-order at 10:06| Comment(3) | TrackBack(0) | 現場レポ_常陸の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
凝った建具が出来上がりましたね。

建具がはまるのが楽しみですが、〆切まで頑張ってください!
Posted by noko at 2009年08月22日 17:27
渋いのができましたね。でもいい!

建具屋さんも本職のハズですがもうこうした細かい仕事自体が少なくなって本来の建具屋としての建具製作が少なくなってますから、内心はうれしい仕事だったのではないでしょうか。
Posted by masakazu at 2009年08月22日 20:06
nokoさん、masakazuさん、
さすが工事屋さんはいい反応しますね。
本には「おさこうし」とありましたが、
「おおさかこうし」と言う場合もあるようです。
「筬格子」は男性向け浴衣の模様にもありますが、これも渋いです。
9月26・27日の内覧会で実物を見ませんか?
高速代は片道1000円ですよ(笑)
Posted by TOY(管理人) at 2009年08月22日 22:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
断熱だけではありません。 ちゃんとデザインもするんですよ! 豊田設計事務所のHPはこちら
by blog-parts fab.
[PR]春日部市 不動産
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。