2009年10月17日

広い敷地

先日相談があったお客様の敷地ですが
ビックリするほど広い!

そこに
親世帯の家と子どもの家を計画します。
お客様は「子どもの家」ですが、
親御さんが敷地を適当に分割し
「これだけあれば十分だろう?」的に敷地形状を決めていて、
「親世帯の家」は残りの敷地に
「子どもの家」とのつながりなんてお構いなしに設計しそうな状況!
これって新興住宅地の家づくりです。
家族が一緒の敷地に住む意味が無くなってしまいますので、
最初に敷地の全体計画をするべきだと説明しました。

そんなわけで、
自分が担当しないであろう「親世帯の家」まで含んだ
広い敷地での計画を安請け合いしてしまいました。

「家族が集まって住み継ぐ風景」
統一感のある複数の建物が集まると風景になります。
そんな絵がぼんやり浮かんでいます。

1日1回押して下さい。 ↓ ↓ ↓ 頑張る気持ちが増します。

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
広すぎる!
贅沢な悩みですね(笑)
posted by TOY-order at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
断熱だけではありません。 ちゃんとデザインもするんですよ! 豊田設計事務所のHPはこちら
by blog-parts fab.
[PR]春日部市 不動産
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。