2009年11月12日

補助金情報

先日の文章で
「長期優良住宅普及促進事業」受付期間のことを書きましたが、
最近変更になったようです。
詳細はこちら

読みたい気持ちにさせない画面ですが、
要約すると、
長期優良住宅普及促進事業(100万円の補助)の取り扱いの変更
エントリーが8月7日までだった締切が12月11日まで延長します。
完了実績報告が2月10日までだった締切が3月10日まで延長します。

こんなところです。

同サイトの別ページを見ると、
補助金交付申請の申請受理数 2501 戸

とあります。
なるほど、予算が半分しか消費されていないのね。
慌てるわけです。

おまけに実物模型で振動実験すれば、
基準値満たしている建物が倒壊するし・・・
かなり厳しい条件で比較する実験だったようですが、
その結果を想定通り倒壊とか言われても、
隣の基準を満たしていない建物が倒壊を免れている状況は、
なんとも滑稽に見えてしまいます。

「長期優良住宅普及促進事業」と聞こえのいい政策ですが、
そもそも環境問題や住宅の安全性に重点を置いているわけではなく
単発的な「経済危機対策」の補助金なんです。
予算消化が目的のバラマキ型景気対策だと見るべきかもしれません。

話が逸れました。
100万円欲しさにこれからエントリーすることもできますが、
急いで設計し、12月11日までに申し込み、
完了報告を3月10日に出せる住宅が
誰の目にも長期優良住宅と呼べるものとなるのでしょうか?
民間に単年度事業のスケジュールは馴染みませんね(←ココガカキタカッタコト)

1日1回押して下さい。 ↓ ↓ ↓ 頑張る気持ちが増します。

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
「30年間の追跡調査義務」などの条件を付けたほうが
本当の意味での「長期優良住宅」を見極めることができると思います。
posted by TOY-order at 22:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なんの補助金でも担当省庁からすれば予算消化が目的なんでしょうけど、わずか5000戸が埋まらないなんて・・・

耐震基準と次世代省エネ基準、維持管理、耐久性など真面目に家づくりに取り組めばたいていクリアしている項目なんですけどハードルが高すぎたんですかね?

枠がなくなっちゃう!と急いで申し込んだ立場が・・・
Posted by いちろー at 2009年11月13日 17:51
いちろ〜さん、
今月の建築知識が長期有料住宅の特集ですね。
慌てて特集記事を組んでいるようにも見えますが、どうなんでしょ?
Posted by TOY(管理人) at 2009年11月22日 02:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
断熱だけではありません。 ちゃんとデザインもするんですよ! 豊田設計事務所のHPはこちら
by blog-parts fab.
[PR]春日部市 不動産
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。