2010年07月12日

夏の床下温度の研究

かれこれ12年になりますね。全室暖房の建物ばかり設計しています。
サラリーマン時代は老人ホームや小学校も全室暖房で設計しました。

どうすれば省エネで快適にできるかを検討する姿勢は、現在も変わっておりません。

現在設計中の「省CO2_内郷の家」も当然全室暖房です。
暖房方式はあまり一般的ではありません。
暖房なのに室内に暖房機は一切無く、
部屋の空気を暖めるのではなく、床下のコンクリートを温めるシステムです。

床下コンクリートの温度を室温より僅かに高くする暖房方式ですので、
コンクリートの熱容量が機能すると、室温の変化量は小さくなります。
(コンクリートに熱を蓄えるまでが大変なんですけどね)

それなら、
床下の夏の温度はどうなっているの?
床が暑くなりませんか?
当然そんな疑問が浮かんでくるものです。

ちょっと古いデータを紹介しましょう。
toy0305.jpg

赤がリビング室温、
黄色が床下温度、
緑が地下1mの温度です。

測定期間は5月10日〜7月31日
2003年は平年より気温が低い冷夏だったことを考慮して眺めないといけませんが、
室温(赤)が大きく変化しても床下(黄)は気にする様子もなく
ゆったりと変化しています。
グラフの左側で床下温度(黄)が下がっているのは、
4月上旬まで暖房していたため床下温度は24℃ありました。
これが徐々に冷めているのです。随分のんびりと時間が流れているでしょ?

もっとのんびりしているのが地中1m(緑)です。
暖房の影響が無くなるのが6月中旬です。
そして、再びゆっくりと上昇を始めるのです。
この時の床下温度(黄)は22〜23℃ですので、裸足で床を歩くとヒンヤリ感じます。

人間の皮膚感覚は常に一定だと思っていませんか?
これが意外と当てにならないんですよ。
暖房シーズンに床表面が20℃あると「温か〜い」と言われるのに、
夏に床表面が24℃でも「気持ちいい〜」なんて言われてしまいます。

床下暖房の蓄熱温度は、冷房設定温度より低いのですよ!
面白いですね。

1日1回押して下さい。 ↓ ↓ ↓ 頑張る気持ちが増します。

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
今年も温度計を設置してきました。
吹抜け上部や、床下など6カ所で測定中です。
エアコン無しで生活している家ですので、かなり期待しています。
上のグラフも7月の室温がちょっと低すぎなんですよね。
(そんなことお客様には言えないけど)

業務連絡:
HPをリニューアルしました。こちら
iPadや携帯でもキレイに見ることができるようになりました。



posted by TOY-order at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ウンチク-B基礎断熱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
断熱だけではありません。 ちゃんとデザインもするんですよ! 豊田設計事務所のHPはこちら
by blog-parts fab.
[PR]春日部市 不動産
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。