2010年07月24日

長期優良住宅先導モデル

今年の春に手伝った補助申請の一つが、採択となりました!
おかげで、申請業務の窓口担当に大抜擢です。
設計の仕事は人任せにできませんので、
当然担当者は事務所のスタッフさんとなります。
応援してあげて下さい!(←さっそく他人事)

内容を少し説明しましょう。

これまで省エネリフォームの補助金は幾つもあり
何度も利用してきましたが、
補助額は全体工事費から
断熱材、窓、暖房、熱交換換気扇などの補助対象工事を拾い出し、
その合計額の1/3などとすることが一般的でした。
つまり、
事務手続きがかなり煩雑だったのです。
おまけに、その金額の内訳と納品書の数量が違うとか言われたり、
1/3の端数の処理が違うとか、
重箱の隅を突くような指摘を散々受けてきました。

そんな嫌な体験があるので、
今回も同じような対応を予想していたのですがだいぶ違うようです。
要綱を読む限り、補助対象工事の算出は不要で
元請け業者の軽費を含まない直接工事費の1/3が補助対象となるのです。
もちろん上限がありますが、
住宅の改修工事では破格の200万円!

要約します。
新住協の会員は、
600万円以上の断熱耐震改修工事を行うと200万円の補助が出る!
ただし、
耐震診断、断熱計算、構造計画、CASBEEなどの必須計算書多数
工事写真、気密測定報告書、着工前、完了時など必要書類多数
新住協の事務手続き費用として申請費有り
それらの書類の整理などで数十万円の出費を覚悟を要する
補助金の支払いは年度末のみである
以上!

来月、東京で説明会がありますので行ってきます。
上記内容は変更される場合があります。


1日1回押して下さい。 ↓ ↓ ↓ 頑張る気持ちが増します。

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
新住協の事務局からは、
先走ったことをブログで書くなと釘を刺されていますが、
会員さんからの相談電話が増えてきましたので、
叱られるのを覚悟の上で近況報告です。

業務連絡:
HPをリニューアルしました。こちら
iPadや携帯でもキレイに見ることができるようになりました。




posted by TOY-order at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 新住協 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
断熱だけではありません。 ちゃんとデザインもするんですよ! 豊田設計事務所のHPはこちら
by blog-parts fab.
[PR]春日部市 不動産
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。