2010年09月19日

いわきの家

いわきの気象条件を調べる程にその恵まれた環境に嬉しくなります。例えばね、冬の気温は関東地方の大平洋側に所属するのですが、夏の気温は東北南部の大平洋側の気候域に所属するんですよ。そんなわけで年間平均気温は福島市と同じ13℃なのですが、福島市ほど夏の暑さや冬の寒さはありません。ほらね、いい地域でしょ?日照時間も恵まれていて、冬の日照時間は全国でもトップクラスです。冬の日照時間ランキングなんて見たことがありませんので誰も気にしていませんが、冬の日照時間が長い地域は気温が多少低くても暖房費が安くなる傾向があります。ボクが使っている熱計算ソフトでは、同じ建物をいわきと東京に建てた場合の暖房費を比較するといわきの方が少ないエネルギーで暖房が可能となります。冬の平均気温は東京の方が3℃も高いのにです。いゃ〜本当にいい地域だ。

そんな地域ですので建物の性能を少しだけ良くして、冬の太陽を意識した設計をすると簡単に省エネ住宅になります。夏の日射遮蔽に相応しい庇の寸法や通風計画も忘れてはいけませんね(今年の夏は暑かった!)それから、太陽熱を利用した温水設備を導入すると給湯エネルギーを大胆に減らすことも簡単です。こんなシミュレーションを延々行っているとつくづくいわきの気候が好きになります。

かなりマニアックな郷土愛をカミングアウトしてしまいましたが、現在、いわきの気候に特化した家づくりを真剣に考えてきた内容を整理して、その設計思想を地元の工務店で共有しようという取り組みを始めています。工務店さんがそれぞれ持つこだわりの技術はそのままで性能に関わる仕様書を共有すると、なんだか面白いことが起こりそうな気がしませんか?

まだまだグループ内での意見の調整ができていませんが、だんだんやりたいことの輪郭がはっきりしてきました。

1日1回押して下さい。 ↓ ↓ ↓ 頑張る気持ちが増します。

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
まだまだ問題山積な企画ですが、
プロジェクトの名称が決まっていないという大問題が発覚!
これは誰かセンスがいい人に任せよう(ボクは縁の下の人に徹します)

業務連絡:
間もなくHPをリニューアルします。古いサイトもそろそろ見納めですぞ!こちら







posted by TOY-order at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
断熱だけではありません。 ちゃんとデザインもするんですよ! 豊田設計事務所のHPはこちら
by blog-parts fab.
[PR]春日部市 不動産
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。