2010年12月15日

屋根工事

「内郷の家」では屋根工事が始まりました。

uch3239.jpg

今回の建物は長期優良住宅の補助を受けています。耐震等級の基準を満たすために、2階床レベルの面剛性が必要で下屋部分の下にまで根太レス合板が張られてあります。補助金をいただく前なので強い調子で書きませんが、ここを固めると地震時にどんな良いことがあるのでしょう?

uch3242.jpg

おかげで現場は大混乱です。屋根断熱と防湿シートを施工する前に根太レス合板は張れないけど、構造を固めて屋根を仕上げないと先に進まない。厚い断熱と構造等級を同時に実現しようとする場合なんて、縦割り行政では検討されていないのでしょうね(偉い人が読みませんように)

uch3245.jpg

上写真は、屋根のてっぺん部分(棟といいます)に設置する通気部材です。
瓦屋根はスキマだらけですので、屋根のてっぺんに通気の穴が空いている状況は歓迎できる納まりではありません。建物がちょっと歪みスキマが広がるだけで、風が吹くと屋根の断熱面に雨が入ってくる恐れがあります。
そこでこの通気部材が登場します。段ボールを数枚重ねたような構造で、風が吹いても棟部分の穴まで雨は届きません。

uch3246.jpg

このような向きで棟部分に設置されます。断熱性能を長期間維持するためには、断熱材が常に乾いているよう配慮が必要です。棟換気なんか設けないでクルンと包んでしまえたら、どんなに簡単でしょう。

1日1回押して下さい。 ↓ ↓ ↓ 頑張る気持ちが増します。

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
こんなに丁寧に納めても、外からは全く見えません。
地味な努力ですね。
でも疎かにできない部分ですので真剣に取り組みますょ!

業務連絡:
間もなくHPをリニューアルします。古いサイトもそろそろ見納めですぞ!こちら



posted by TOY-order at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 省CO2_内郷の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
断熱だけではありません。 ちゃんとデザインもするんですよ! 豊田設計事務所のHPはこちら
by blog-parts fab.
[PR]春日部市 不動産
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。