2011年02月05日

銘木神話

「内郷の家」では室内側の窓枠が取り付けられています。

uch3485.jpg

壁の断熱厚さが市内で建てられている家の倍ありますので、窓まわりの納まりが違ってきます。写真のように全ての窓が出窓のようになります。棚の奥行きが25cmですので、使い方を考えていきたい部分ですね。

現場には内装用の建材も運び込まれています。

uch3489.jpg

長さ4.5mの1枚板です。和室に敷かれます。もちろん、設計ではそんな豪華な材料は考えていません。今回の現場の棟梁が銘木好きの方でして、問屋で良い原木を見つけると板にして10年以上乾燥させていたりするのです。そして、ここぞという見せ場があると、こんな材料があるから使いませんかと言ってきます。
私のお客様には「材木は無節でねばならぬ」なんて言う人はほとんどいませんし、銘木や無節にこだわるお客様は減っていると思うのですが、そんな家はつくられ続けています。そのカラクリがこれだったのですね。銘木好きの大工さんがコツコツ集めているのね。勉強になります。

1日1回押して下さい。 ↓ ↓ ↓ 頑張る気持ちが増します。

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
新建材のカタログ設計の内装は苦手です。
天然木材の内装はおもしろいですが、
素材の組み合わせとバランスが難しいですね。
いい素材が主張しすぎるのも嫌ですので緊張しています。

業務連絡:
HPをリニューアルしました!
所長のおとぼけtwitterがトップページに配置されるという暴挙!こちら

シェア・ザ・ロード[share the road]
posted by TOY-order at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 省CO2_内郷の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
断熱だけではありません。 ちゃんとデザインもするんですよ! 豊田設計事務所のHPはこちら
by blog-parts fab.
[PR]春日部市 不動産
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。