2011年05月26日

吹抜け

「絵本の家」は20坪の狭小住宅にお客様が集めた絵本を2千冊収納します。もちろん断熱性能にはこだわりますし、省エネで快適な暖房についてもあれこれ悩んでいます。

今回は建物の床下にエアコンを設置し、そのフワフワの温風だけで建物全体を温めます。1階床下から2階まで温かさを広げなければなりませんので、温まった空気の流れを計画しなければなりません。

eho3922.jpg

絵本を収納する大きな本棚を2階までつながる吹抜けに設け、暖房の補助装置としました。狭小住宅ですので吹抜けの上にはロフトを設けます(空間を無駄にできません) 本当に小さな吹抜けですが、過去に60cm角の吹抜けで機能させた経験がありますので十分でしょう。

ここを上昇した温かい空気は、熱を奪われ階段室から静かに床下へと戻っていきます。ちゃんと機能しますように・・・(祈)

1日1回押して下さい。 ↓ ↓ ↓ 頑張る気持ちが増します。

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
小名浜の仲間とブラブラ走る「まるとみ自転車部」を再開します。
5月29日(日)午前9時に「まるとみ駐車場」をスタートし、
UDOK」を経由して、江名まで往復します。
カメラ片手にのんびり小名浜を堪能する集まりです。

業務連絡:
HPをリニューアルしました!
所長のおとぼけ本気twitterがトップページに配置されるという暴挙!こちら

シェア・ザ・ロード[share the road]

posted by TOY-order at 15:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 省CO2_絵本の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
断熱だけではありません。 ちゃんとデザインもするんですよ! 豊田設計事務所のHPはこちら
by blog-parts fab.
[PR]春日部市 不動産
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。