2011年05月10日

構造用合板

「絵本の家」は断熱性能を高めるために、通常の外壁の外側にもう1層分の断熱材を設けます。通常の断熱材が10cmで外側にも10cm充填しますので、合計20cmの断熱厚さになります。

eho3875.jpg

構造用合板を柱に釘で止めた外側に、断熱材を充填するための細い柱を建てますので、大きな地震で建物がたわもうとしても、構造用合板がしっかり突っ張ってくれます。

構造用合板は柱と梁を面で固めますので、引っ張る力にも、圧縮する力にも耐えることができます。しかし、釘で止まっていますので丁寧に工事しないと合板の面が膨らむように変形し(面座屈といいます)、本来の強度を発揮できない恐れがあります。

10cmの外側断熱のための下地には、合板の面座屈を防ぐ効果も期待しています。断熱性能と耐震性能を同時に高めることができる良くできた工法だといえます。

1日1回押して下さい。 ↓ ↓ ↓ 頑張る気持ちが増します。

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
基礎断熱のスタイロフォームを這い上がってくるシロアリの害を防ぐために、
土台の下に「アリ返し」を設けました。
写真をよく見ると写っていますよ。

業務連絡:
HPをリニューアルしました!
所長のおとぼけ本気twitterがトップページに配置されるという暴挙!こちら

シェア・ザ・ロード[share the road]

posted by TOY-order at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 省CO2_絵本の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
断熱だけではありません。 ちゃんとデザインもするんですよ! 豊田設計事務所のHPはこちら
by blog-parts fab.
[PR]春日部市 不動産
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。