2011年06月01日

震災後の本棚

4月中はどうも仕事が手に付かず、ボランティアと読書ばかりしていました。

復興まちづくり (日本建築学会叢書 8 大震災に備えるシリーズ 2) [単行本] / 日本建築...

神戸が震災直後にどうなったのか、どのよう復興していったのかについての詳細なデータがあります。都市の規模が違うので全てが参考になるわけではありませんが「予言の書」でした。もっと早くこの本を読んでおくべきでした。

地震イツモノート (ポプラ文庫) [文庫] / 地震イツモプロジェクト (著); 渥美公秀 (...

地震に対する備えの本です。これも事前に読んでおくべきでした。幸運にも私の住む地域は地震による建物倒壊がほとんどありませんでしたので、本にあるような最悪の事態にはなりませんでしたが、自分の非常時の対応能力に呆れました。

までいの力 [単行本(ソフトカバー)] / SEEDS出版 (著); SEEDS出版 (編集)...

飯舘村が酷い状況になっています。この村には私が関わった建物が建っています。全村避難になりましたが、幾つかの建物はまだ村のために機能しています。村を応援したくて買った本です。

自分で耐震診断ができる本 木造住宅編 [単行本] / 既存建物耐震補強研究会 保坂貴司 (著...

ボランティアで応急危険度判定や、地震で傷んだ建物の相談などをしました。数社の雑誌の取材も受けました。その時に同行されていた保坂先生からいただいた本です(笑)ボランティアの前に読んでおけば、もっと的確にアドバイスができました。

とまあ、何を読んでも反省ばかりです。

1日1回押して下さい。 ↓ ↓ ↓ 頑張る気持ちが増します。

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
今読んでる本は「冒険手帳」、
小学校のときの愛読書が内容そのままで復刻してました。
かなり面白いですよ!

業務連絡:
HPをリニューアルしました!
所長のおとぼけ本気twitterがトップページに配置されるという暴挙!こちら

シェア・ザ・ロード[share the road]
posted by TOY-order at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 事務所の本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/206348544

この記事へのトラックバック
断熱だけではありません。 ちゃんとデザインもするんですよ! 豊田設計事務所のHPはこちら
by blog-parts fab.
[PR]春日部市 不動産
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。