2011年09月30日

個人主義が失ったもの

江名の町並みを眺めて行きました。建物の解体がどんどん進んでいます。解体後の土地をどうするかの計画も無いまま、ただ無料で解体してもらえるからというだけ、たったこれだけの理由で、町中の建物を取り壊そうとしているのです。

江名と中之作の町並みは、東北の太平洋側にある古い港町のなかで唯一奇跡的に壊滅的な津波被害を免れた場所です。それなのに、震災から半年後、人が町を壊しています。たくさんの古い建物が残る町並みに、地元の方は誰も価値を見いだしていませんし、行政も価値のある建物を解体することに対し、これっぽっちの躊躇いもありません。全てを壊し、全てを新しくしたほうが近代的な素晴らしい港町になるとでも思っているのでしょうか?

建築設計の仕事をしていますので、これまで建物解体の現場にはたくさん立ち会ってきました。それら建物解体のタイミングを思い返すと、面白い共通点に気がつきます。「おばあさんが亡くなったので」「祖父の1周忌が過ぎたので」など、建物解体に対し異議を唱えるものが一人でもあるうちは解体できないのです。つまり、建物解体には全員の合意が必要だということです。

ほんの数十年前まで、住宅は「結い」などにより、地域全体で建設するものでした。修繕や建設などの計画も個人で立てることは難しかったでしょう。このような環境の場合、関係者の数が膨大ですので、建物解体のために全員の合意を得るのは困難になります。時分の順番が来るまで、建物をしっかりメンテナンスして長く住み継がなければなりません。古民家が建設された時代には、長く住み継ぐ遺志というより、簡単に壊せない仕組みが存在したのです。

そうなると、建物には長く使い続けるための知恵が次々と蓄積され始めます。特に地震や台風、洪水などの天災に耐える土地選びの目は、今日以上に優れていました。大型の土木工作機械や、杭打ち機などの建築技術が無い時代ですので当然と言えば当然です。

そんな地に足がついた家づくりでしたが、戦後の高度成長期という大きなうねりの中に巻き込まれていきます。消費を煽るかのように持ち家政策がはじまり、大家族は核家族化していきます。そしてついに、一世帯が一軒の家を各世代毎に建設するのが当たり前になるのです。山を切り開いて造成された個人の土地に、個人の財産で何を建てようと、個人の自由でしょ?かなり身勝手な個人主義の登場です。

行き過ぎた個人主義と核家族化により、解体のための関係者全員の同意の人数は数人にまで減少します。極めて容易に解体できる環境です。建設業界も「どうせ30年で壊す建物」としてつくりますので、長持ちさせるための知恵をどんどん放棄して行きます。

古い建物にはその時代の知恵が残されてあります。特に地震と津波に耐えた建物ですので、それらを後世に伝える重要性は誰の目にも明らかだと思います。さらに、それらの建物の多くは港町の景観をつくる資源でもあります。

それを建物所有者だけの判断で解体してしまっていいのでしょうか?

私は、古い建物を解体するため、その町の風景を守りたいと思う者を説得しなければならない時代ではないかと思っています。今始めないと、先人の知恵が詰まった古い建物が無くなってしまいます。この損失は極めて大きなものになるでしょう。

豊田設計事務所は、江名・中之作地域の町並み保存にこれからも協力していきます。

1日1回押して下さい。 ↓ ↓ ↓ 頑張る気持ちが増します。

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
いわきWebアワードGPに「中之作プロジェクトHP 震災復興まちづくり」でエントリーしました。
どなたでも投票できますので応援して下さい。
入賞することで、たくさんの方に私たちの取り組みを知っていただけたら嬉しいです。
投票はこちらからできます。

業務連絡:
中之作プロジェクトサイトを開設しました。こちら

HPをリニューアルしました!
所長のおとぼけ本気twitterがトップページに配置されるという暴挙!こちら

シェア・ザ・ロード[share the road]


posted by TOY-order at 14:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 中之作プロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/228199587

この記事へのトラックバック
断熱だけではありません。 ちゃんとデザインもするんですよ! 豊田設計事務所のHPはこちら
by blog-parts fab.
[PR]春日部市 不動産
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。