2011年11月01日

被災の家を改修します

「小名浜の家」は3月の大震災で建物が傾いてしまいました。敷地の西隣に面する畑とは高低差があり、そこは以前「田んぼ」だったとのこと。震災により地面が田んぼ側に引き込まれるように変形し、建物は大きく歪んでしまいました。

建物が歪んでしまった建物の多くは、地盤に原因があります。液状化などで地面が傾いてしまうと、建物をどんなに強固に造っても被害を防ぐことは困難です。最近の建物は建築の法律が変わり建設時の地盤調査が義務になりましたので、地盤が原因の大きな被害は少ないですが、強度が確認された敷地が変形してしまう例も見られます。あまり使いたい言葉ではありませんが、想定外の大きさの地震でした。

地面が下がってしまい傾いた建物を水平に戻す工法は幾つかあります。例えば、基礎部分をそのままに建物だけを持ち上げる方法がありますが、大きな余震で再び地面が下がると、せっかく水平にした家がまた傾いてしまう可能性があります。

今回は建物を地面の下の固い岩盤にしっかり固定する改修方法を採用することにしました。

IMG_0034_640.JPG
基礎の下に穴を掘り、杭をジャッキで埋め込んでいきます。杭が地面の中の固い層に届くと、ジャッキは傾いた建物を持ち上げます。水平を確認してジャッキを外し、コンクリートで杭と建物を固定します。

IMG_0038_640.jpg
杭を埋め込むための作業スペースを掘削したところです。

建物の状況を確認し、地盤調査を行い、工事費を算出し、ようやくここまで進みました。建物を1棟残すだけでも一苦労です。


1日1回押して下さい。 ↓ ↓ ↓ 頑張る気持ちが増します。

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
今回の改修は建物修復支援ネットワークさまの協力により実施しています。特に「住まい空間研究所」の長谷川さんには何度もいわきに来ていただいき感謝しております。
(小さい声で言いますが)構造は少々苦手です。

業務連絡:
中之作プロジェクトサイトを開設しました。こちら

HPをリニューアルしました!
所長のおとぼけ本気twitterがトップページに配置されるという暴挙!こちら

シェア・ザ・ロード[share the road]
posted by TOY-order at 19:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 中之作プロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/233114408

この記事へのトラックバック
断熱だけではありません。 ちゃんとデザインもするんですよ! 豊田設計事務所のHPはこちら
by blog-parts fab.
[PR]春日部市 不動産
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。