2006年09月14日

高断熱の小屋をつくる01

ある大工さんから相談がありました。
「ある工場の従業員休憩所をつくるのだが、高断熱にしたい!」とのこと
床面積18坪のワンルーム、高断熱工事初心者には最高の教材です。
熱心な大工さんでしたので
「よし!まかしておけ!」と例によって安請け合いしてしまった。
(まさに安請け合い、また儲かりません・・・)

一昨年9月頃から始まって
@ 基本設計
A 打合せ
B 基本設計修正、模型作成
C 打合せ
D 実施設計
E 確認申請(工場立地法とか・・・大変な書類の量)
F 見積もり書検討(予算内に納まるよう仕様の調整)
G 着工(昨年2月中旬)

こんな感じで進みましたが、打合せ回数はもっともっと多いです。
あはは・・・(儲からない)
設備は、ミニキッチンとトイレだけですので、
床下なしの「転がし根太工法」
全く予算が無いので「床断熱」「暖房なし」

「暖房無し」なら「床断熱」でないと床が冷たくなりますので、
理にかなってますが
できれば暖房付けたかったです。
(18坪のワンルームに合う灯油焚きボイラーが無いのも痛かった!)

tada001.jpg

tada002.jpg

tada003.jpg

tada004.jpg


建物は昨年4月に完成してます。その経過をレポートします。

つづく


にほんブログ村 住まいブログへ

posted by TOY-order at 07:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場レポ_鹿島の小屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
断熱だけではありません。 ちゃんとデザインもするんですよ! 豊田設計事務所のHPはこちら
by blog-parts fab.
[PR]春日部市 不動産
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。