2006年09月14日

高断熱の小屋をつくる?02

知り合いの大工さんから相談を受けた現場はいわき市にあります。
「工場の休憩所をつくるのだが、高断熱にしたい」と相談され、
熱心な業者でしたので
「よし!まかしておけ!」と例によって安請け合いしてしまった現場です。


2月28日
基礎が完成しいよいよ只見から材料が届きました。
大工さんは3人来ました。
その日は、土台を敷いて終わりです。
土台の下にはパッキンを挟みます。(前回写真2)


3月1日
柱や梁をクレーンで立てました。
工事は、断熱工事の後に防湿シートを室内側に連続して貼るのですが、
出来るだけ連続させなければなりません。
そのためビニールが「ピラピラ」していますが、気にしないでください。(前回写真3・4)


3月3日
もう屋根の下地まで出来てしまいました。
凄い速度で進むのが「小屋!」です。
部屋の中心に立つ「大黒柱→20cm×20cm」も立派です。
tada005.jpg

屋根の一番高いところにスキマがありますが、
屋根の断熱材に付いた湿気を逃がすためのスキマです。


3月5日
屋根の防水紙を敷いています。頂上の穴は、まだ塞がれていません。
tada006.jpg

前日の雪もお昼にはこの程度です。
tada007.jpg

こんな感じで現場は進みます。
断熱工事初心者の大工さんへ細かな指示を出すために、
こんなに現場に通ってしまいました。
皆さんは「ブログのために行ったの?」とか聞かないこと!(笑)

このあとは外壁に構造用合板を釘止めして、建物の強度を確保します。
釘の太さや長さについても決まりがあります。
次回はそのあたりについて報告します。

工期は4月中頃完成ですので、現場は超特急コースです。

つづく


にほんブログ村 住まいブログへ

posted by TOY-order at 11:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場レポ_鹿島の小屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
断熱だけではありません。 ちゃんとデザインもするんですよ! 豊田設計事務所のHPはこちら
by blog-parts fab.
[PR]春日部市 不動産
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。