2006年09月15日

高断熱の小屋をつくる?15

高断熱の小屋シリーズのおまけ♪

☆4月22日 午前9時20分☆

市役所完了検査がありました。
担当者は時間通りに現れ 建物を見ていきました。
特に「シックハウス」の検査は念入りで、
書類・写真を確認し、写真は持って帰りました。
(何の為かは聞きませんが、そんな物どうするんだ?)


☆9時30分☆

何も問題なく検査が終わると思いきや!!!!
担当者「消防の検査は済んでますか?」
私「まだです」
担当者「検査済み出せませんから急いで検査してください。」

消防の検査は、いつも電気屋さんが手配しています。
検査項目の多くは、電気屋さんが設置する「各種感知器」であるため、
かなり早い段階から消防と打ち合わせしていることがほとんどです
(検査で問題発生しないために)
そんな訳で「消防検査」はすっかり頭にありませんでした。

とりあえず、確認申請書の副本を確認するとありました。
「消防用設備等通知書」
この建物は防火対象物に該当するので
■印の消防用設備を設置されるよう通知します。
あれ?■が無いぞ(正確には、防火管理者の届出のみ)
何を検査するんだ???
電気屋さんに頼むわけにもいかないので消防署へ行くこととしました。



☆9時50分☆ いわき市消防本部 予防課

窓口「完成後は管轄の消防署でお願いします。」



☆10時15分☆ 地元の消防署 予防係

建物を図面で説明し、「消防用設備等通知書」を見せたところ、
消防署担当者「検査項目がありませんので、検査はしません」
私「は〜?」
消防署担当者「検査するところが無いです。検査のしようが無いです。」
私「なるほど、わかりました。ありがとうございました。」
消防署女性職員のスマイル(0円)
↑彼女はただ同席してました。アシスタント?


☆10時30分☆ 帰社

市役所に消防の検査が無いことを伝える・・・・・
「これだったら電話で済んだな・・・・」

相変わらずな空回り型人生を送っています。
今日も勉強になったな〜(←要領悪すぎるぞ!)


おわり


にほんブログ村 住まいブログへ

posted by TOY-order at 18:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場レポ_鹿島の小屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
断熱だけではありません。 ちゃんとデザインもするんですよ! 豊田設計事務所のHPはこちら
by blog-parts fab.
[PR]春日部市 不動産
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。