2011年12月01日

受賞しました。

報告が大変遅くなってしまったことをお詫びいたします。

皆さんに「よがっぺ」ボタンを押していただいたおかげで、「中之作プロジェクト」はKIBOW賞を受賞することができました。ありがとうございます。詳しくはこちら いわきWebアワードGP

授賞式に参加した友人と賞金で寿司を食べにいったのですが、冷静に考え直しまして、このお金は「全額中之作プロジェクト」の活動資金とすることにします。(その日の夜にちゃんと戻しましたよ。小遣いが減った!)

これから活動資金を確保するために様々な補助金を申請しますので、市民団体としての体裁を整えています。まずは「中之作プロジェクト」の口座と定款をつくり、正式に会員を募集します。これまでにかなりの人数から入会と会費について問い合わせがありましたが、まだ団体の向かうべき方向性が定まっていないなどの理由で先送りしていました。でも、自分では手に負えないほどの建物の保存活動を始めてしまいましたので、悠長なことを言っていられません。建物を守るためにも、どんどん活動を進めていきます。

「中之作の家」の活用方針について説明します。
この家は築200年を超える商家です。住宅設計の仕事をしていますから「200年前の技術」が今日まで残っていることが不思議で、時間がかかるかもしれませんが、この技術について解明するのが個人的な目標です。もちろん全てを理解できるとは思っていませんので、できる限りそのままの状態で次の世代に残すのも大切な仕事だと思っています。200年前の職人さんと心を通わせることを夢見ています。

しかし、建物は200年前の姿をそのまま留めているわけではありません。建物南側の平屋部分は昭和30年代に登記されていることから、50年前に増築された部分であることが想定できます。この比較的新しい部分は約20坪の広さで、道路に面した店舗もありますので、私の住まいと事務所とするには好都合です。大規模な改修をするにも躊躇いが要らない「新しさ」で、自己資金で改修可能な規模でもあります。建物管理上も、所有者の住まいが接していることは都合がいいと思い、ここだけは個人所有とし改修します。

問題は築200年の母屋部分です。こちらはボロボロの状態で「中之作 直してみんかプロジェクト」に10年間無償で貸すことにします。この10年間の活用方法と修復は「中之作 直してみんかプロジェクト」が計画します。賃貸借契約の条件は既存建物に敬意を祓うこと。できるだけ建設当時の姿に近づける改修を目指すことです。10年後の予定はありませんが、10年以内で改修を終えるのが最初の目標だと思って下さい。

堅苦しいことを書きましたが、この建物の所有者と「中之作 直してみんかプロジェクト」の代表はどちらも私ですので、今後の運用にぶれはありません(同一人物ですので当然です)。しかし、住居部分と賃貸部分は明確に分けて考えます。住まい部分は全て私の資金繰りで行います。できるだけ早いタイミングで実施する予定です。築200年の賃貸部分改修は「中之作 直してみんかプロジェクト」が資金、人材、材料などを集めながら、少しずつ直していきます。施設整備の補助金申請の他に、家づくりワークショップや、資金集めイベントなどを実施していく予定です。

この賃貸部分は未来からの預かり物だと考えると理解しやすいです。現在保存されている古い建物の多くは、天災や経済状況の変化などにより何度も解体の危機があったはずですが、その度に困難を乗り越えてきた建物です。乗り越える力がある建物が残されてたと言うべきかもしれません。「中之作の家」は他者の突然の申し入れにより今回の大災害も乗り越える可能性が見えてきました。『壊してはいけない気持ちにさせる力を持っている建物』というものが実在します。何がその気持ちにさせるのか分かりませんが、その建物を次の世代に残すことでしか不思議な力の秘密の向こう側に近づくことはできません。住宅設計を生業とする者として、壊されない建物の建設には非常に興味があります。「中之作の家」は、同じ志を持った者が地道に積み上げていく研究の途中(既に200年経過してるから凄い)で、できるだけきれいな状態で次の世代に受け渡すのが所有者の責任だと考えています。

のんびり夢を語ってしまいましたが、急いで施設活用方法などを明確にしないといけないです。まちづくりに繋がると嬉しいですが、建物一つでできることなんてそんなに多くはありません。まずは、小さな港町が「震災前より楽しくなったね」と言われるような活動をしていきたいです。施設を使いたいと言う方の連絡も届いていますので、徐々に運営のイメージも固まってきております。そのあたりは、また今度書きます。

とにかく、たくさんの方に興味を持っていただき、ていねいに直していきたいと考えていますので、引き続き応援よろしくお願いします!


1日1回押して下さい。 ↓ ↓ ↓ 頑張る気持ちが増します。

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
図面を描く時間を減らさずに「中之作 直してみんかプロジェクト」に取り組みには睡眠時間を削るしかない。
そんな状況なのに、事情により主夫をしています。
カレーが上手に作れるようになりました(笑)

業務連絡:
中之作プロジェクトサイトを開設しました。こちら

HPをリニューアルしました!
所長のおとぼけ本気twitterがトップページに配置されるという暴挙!こちら

シェア・ザ・ロード[share the road]
posted by TOY-order at 11:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 中之作プロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/238032760

この記事へのトラックバック
断熱だけではありません。 ちゃんとデザインもするんですよ! 豊田設計事務所のHPはこちら
by blog-parts fab.
[PR]春日部市 不動産
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。