2006年09月16日

神谷の家08

前回の続きです。
図面を書き進める上での落書きにペンを入れて、
打ち合わせ用の資料にします。
設計料もローコストだったので、打ち合わせ回数を減らすために、
設計の確認項目は、ファクシミリを使いました。
(おかげで原画が残っていました。)

pura009.jpg

pura010.jpg

いよいよ図面が完成しました。
低価格と部品化を突き詰めていくと、91cm格子の間取りに落着きます。
思考が停止した建売住宅と同列に見られるのも面白くないところですが、
幸い、今回は小屋裏利用の2階建てですので建売住宅には見えません。

今回はスケッチでおしまいです。

pura011.jpg

pura012.jpg

いよいよ次回から「工事編」に突入します。
設計で「家づくりの部品化」を検討しましたが、
そのコンセプトは、
電気の配線スペースや、合板のJAS表示など
幾多の困難に阻まれ、純度を失っていきます。
(そんなこと気にするのは設計屋だけ?)
さて、どんな家が完成するのでしょう、お楽しみに!

つづく


にほんブログ村 住まいブログへ

posted by TOY-order at 07:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場レポ_神谷の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
断熱だけではありません。 ちゃんとデザインもするんですよ! 豊田設計事務所のHPはこちら
by blog-parts fab.
[PR]春日部市 不動産
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。