2006年09月16日

基礎断熱のすすめ 01

建物の外断熱は熱容量の多いコンクリートの建物に最も適しています。
コンクリートは、
建物を支える構造体であると同時に
巨大な熱の入れ物と考えることができるのです。
蓄えた熱が外に漏れないように厚い断熱材ですっぽり包んでしまうと、
その蓄えた熱の大きさにより、驚くほど室温は安定します。



それに対して木造の家の外断熱は、言葉だけのものです。
便乗商法に見えますが。
お客様が断熱された家に興味を持つことはいいことです。
外断熱がほしいと言われるお客様が増えていますので、
住宅メーカーの宣伝効果には感心します。


それまで断熱を売りにした家がほとんどないのですから、
ある程度の断熱性能を持った家なら快適になって当たり前なのです。
それなのに
「外断熱だから快適なんだ」風の宣伝はどうかと思いますが・・・
はっきり書きます。
熱容量の少ない木造の家では、
断熱材の位置による居住性の差はほとんどありません。



++++++まず木造の家の断熱について書きます。+++++++++

コンクリートの建物は、
断熱材の位置によって「外断熱」と「内断熱」に明確に分けることができます。
それにより居住性にも差ができます。
(近く、コンクリートの建物の話を詳しく書きますね。)
でも、蓄熱できない木造の建物は、断熱材の位置による居住性の差が無いので、
断熱材の位置で言い分けるのは適当ではありません。
断熱を考えた家づくりをする仲間の間では、
施工工法の違いから「外貼り断熱」と「充填断熱」と言い分けています。
詳しくはここをよむといいです。

「木造外断熱(本名:外貼り断熱)」は、
「木造内断熱(本名:充填断熱)」に比べて、
断熱材を連続させて建物を包むことができますので、
同じ性能の断熱材なら高性能になります。
おまけに、工事の手順も簡単で誰でもすぐにできます。

欠点は、主に次の3点です。

@ 材料が高額で燃えやすいボード状断熱材を使う
  (グラスウールでもできるけどあまり見ない)
A 断熱厚さに限界があること
 (断熱材を貫通して外装材止めるので、釘の強度と長さに限界がある)
B ほとんどがフランチャイズの工法で、
  元締めが一番儲かる仕組みになっている
 (私はコスト監理ができにくい
  フランチャイズ工法が苦手なのでこう書きます。)

京都議定書が発行され、今後建物の断熱性能が今以上に重要視されると、
外貼り断熱だけで断熱性能を良くすることは困難になります。
もちろん充填断熱だけでも対応は難しいです。
(ツーバイシックスを使う充填断熱工法などもありますので
 不可能ではありませんが。)

将来木造の家は「充填断熱+外貼り断熱」が
一般化するのではないかと予想しています。
ちなみにこれは、現在北海道では普通に建てられている付加断熱工法です。
つまり、
この外断熱ブームは
建物の快適性が一般化するまでの通過点で、
一時的な現象で終わるのではないかと考えています。



にほんブログ村 住まいブログへ







posted by TOY-order at 07:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ウンチク-B基礎断熱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
断熱だけではありません。 ちゃんとデザインもするんですよ! 豊田設計事務所のHPはこちら
by blog-parts fab.
[PR]春日部市 不動産
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。