2006年09月22日

神谷の家14

家を誰でも簡単に(?)組み立てられる部品にすることで、
もっと手軽に家を建てませんかのお誘いをするのが
この連載の裏の顔です!
表に出ていますが気にしないでください。

今回説明する部品の精度は一流です。
柱や梁には集成材を使いますので
乾燥収縮によるスキマやネジレがほとんどありません。
壁のパネルには断熱材がぎっしり詰まっているのはもちろんですが、
柱や梁とのスキマを無くすための工夫も随所にしてあります。
ここまでをすべて加工してくれる工場が
私の住む「いわき市」にあるのです。

柱や梁などの骨組みもこの工場で加工しますので、
パネル部分のクリアランスは限界まで小さく出来ます。
つまり、誰でも高性能な家をつくれるのです。
必要なのは、「体力と根気と少しのセンス」です。

最近の小学生向けのプラスチック玩具を見たことありますか?
驚くのはその部品の精度です。
小学生が「爪切り」で部品を枠からはずすと、
全て接着剤無しでカチッと着きます。
あの感覚です。


プラモデルの家はピタッと組み立てることが出来ます。
おまけに、日本で一番厳しい断熱基準をクリアできます。
(北海道ですと、もう一工夫必要な性能です)
セルフビルド興味ある方いらっしゃいますか?相談に乗りますよ!
私はパネル工場の営業マンではないので、
ここの会社名は今回も書きません!
営業部長ごめんなさい。


2月26日の物です。
pura033.JPG

pura034.JPG

土台を敷いたのが2月第1週ですから、1ヶ月経っていません。
屋根・外壁ともほぼ完成です。全てガルバニウム鋼板です。
コスト削減のため軒を出しませんでしたが、それなりにまとまりました。
白い外壁部分は、デッキテラスです。ここだけ外壁にスギ板を張りました。
外装が板張りでしたら、セルフビルドが可能ですね。
屋根は防水がありますので本職に頼むべきです。


デッキテラスの両端はたたみ1帖分のもの入れになっています。
当初はサンルームにする計画ですが、
予算が無かったのでデッキテラスで我慢することにしました。
いつでもサンルームにすることが可能なつくりになっています。

外部収納の右側は食品庫です。
冬季間食材を保存するためには重要な部屋となります。
左側は単なる物置です。
見た目は同じですが、
食品庫の扉は断熱サッシで、壁には断熱材が入っています。

夏場はこのデッキテラス部分に、すだれをかけて日照調整しています。
かなり効果的ですょ!


つづく

にほんブログ村 住まいブログへ


「おまけ」
私が幼少のころの玩具はダイヤブロックでした。
今の設計屋魂はここで芽生えたと思っています。
当時のダイヤブロックは精度が悪く、
スカッと抜け落ちるものや、二度と離れないものが混ざっていました。
(ごめんなさい、現在の精度は未確認です)
ある日、裕福な友人宅におじゃまするとLEGOがありました。
これがすばらしかった。カチッと付き、キュッと外れる。
ブロックのあるべき姿を子供ながらに感じました。
それから20年以上経過した現在、
我が家はもちろんLEGOブロック派です。(裕福ではありませんが!)

パネルの精度を表現するのに書こうと思ったネタですが、ボツにしました。
もったいないのでここに残しておきます。
posted by TOY-order at 06:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 現場レポ_神谷の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 たびたび申し訳ないです。最近自宅に興味があり色々みてまわっているとガルバリウム鋼板を用いる場面が多く出てきて面白いです。私もこれの1.6t板を利用して筐体を作ったりしています。
 現在ガルバリウム鋼板をしのぐ性能で同コスト程度の、スーパーダイマという鋼板がちらほら使われ出しています、ガルバと同じくメッキなのですが、ガルバを超える耐久性をもっていると宣伝されています。1.0tを使っています。
 ひょっとすると、10年後ぐらいに住宅でもガルバからスーパーダイマに置き換わってるかもしれませんね。

 
Posted by りゅく at 2006年12月21日 01:18
勉強不足でして、「スーパーダイマ」って初耳です。
新しい建材をお客様に教えられたりすると
かなり焦るんですよ!
ですので、
自分なりに常にアンテナを立てているのですが・・・
Posted by TOY(管理人) at 2006年12月29日 13:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
断熱だけではありません。 ちゃんとデザインもするんですよ! 豊田設計事務所のHPはこちら
by blog-parts fab.
[PR]春日部市 不動産
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。