2006年09月24日

断熱改修のツボ! 最終回

いよいよ今回が「断熱改修のツボ!」シリーズの最終回です。
一般受けしそうも無い記事を、20回延々書き続けたことになります。

昨年の暮れに工事が終った断熱改修工事の実例をもとに
昭和型在来工法の家
にこだわって記事を書きましたが、
断熱改修は全ての建物に応用可能です。

ちなみに現在私が打ち合わせしているお客様は、
完成して10年の建売住宅に住む方で、断熱改修を行う予定です。
新築でしたら、設計は簡単ですし、
断熱性能の確保も、全て監理すれば安心して引渡しが出来ます。
それでも私は改修を提案します。
工事費も安くなりますし、つられて設計料も安くなってしまいます。
あははっは!笑えません!

なぜそこまで改修にこだわるのかと、
疑問に思うかもしれませんが、
とにかくこのまま壊し続けると
その代償が次の世代に返ってくるように思えてならないのです。
30年後に社会のお荷物になるような建物を造らないことが
私の設計スタイルを形付ける重要な強い誓いになっています。


30年後 今よりいい環境を残したい!!

壊さない設計屋宣言です(笑)

そうなると、解体業者さんは商売上がったりですね。
元気のいい社歌で一躍有名になった日本ブレイク工業さんからお叱りを受けそうです。

逆回転してもかっこいい社歌を持つ日本ブレイク工業さんの
逆鱗に触れないように気を付けます。
(マジで上の曲の逆回転なのよこれ↑)



寒い家の改修方法を毎回楽しみに読んでくださった断熱オタクのあなた!
そう、そこのあなた!
なんだ?
こいつはNBKの社歌を紹介したくてこの連載書いてたのか!
なんて思っていませんか?
ははは、半分当たりです。萬Z(量産型)のPVも笑えますので是非ご覧下さい。
                  (↑この人、大好きです。)


にほんブログ村 住まいブログへ

勢いのある解体業者を紹介しましたが、
この会社から嫌われる設計者を目指しますね!

私の知人は車をプリウス変えたら、
なじみのガソリンスタンドのオヤジに文句言われたそうです。
そんな感じかな?

おしまい
posted by TOY-order at 06:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ウンチク-D断熱改修 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
断熱だけではありません。 ちゃんとデザインもするんですよ! 豊田設計事務所のHPはこちら
by blog-parts fab.
[PR]春日部市 不動産
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。