2006年10月23日

基礎断熱と床下暖房(2)

私が『いわき』に戻る前に務めていた設計事務所は、
『パッシブソーラーハウス』を研究している事務所でしたので、
太陽の熱エネルギーや蓄熱についてある程度の知識がありましたし、
大学の先生がつくったソーラーハウスのシミュレーションソフトは、
何日でも遊び続けることができるお気に入りのオモチャでした。

木造の家の欠点は、熱容量の少なさです。
しかし、
温まりやすく冷えやすいわけですから、室温調整が簡単!欠点ではない!
逆に、
なかなか温まらない、なかなか冷えない建物は、
必要なときに必要な温度にならない欠陥住宅となる。
そんな事を、設備設計のプロがまじめな顔で言う時代でした。
(多くのコンクリートの建物が内断熱なのもこの理屈です)

シミュレーションソフトを使うと面白いことが分かります。
フロッピー3枚の簡単なソフトでしたので、
複雑な建物は入力できませんでしたが、
おかげで、原理や原則を正確に把握することができたと思っています。

長方形の建物の床・壁・天井の断熱や仕上げの仕様を、
いろいろな条件で比較していくのです。
(『いわき』に戻って務めた設計事務所でこそこそと勉強していました)
結果は今でこそ当たり前のものです。
『断熱を厚くして熱容量を上げると、室内温度環境は安定する』

パッシブソーラーハウスでは、
木造の家で熱容量を増やすために、
土間やコンクリートブロックの間仕切り壁をつくったりしました。
気候が穏やかな地域で設計をしていましたので、
断熱についてはあまり意識していませんでした。

いわきに戻って最初の仕事が『寒冷地での木造公営住宅』でしたので、
慌てて北国の断熱仕様について資料を集めました。
そこで見つけたのが基礎断熱です。
コンクリートの熱容量で室温を安定させることができる『根拠のない自信』が、
私にはありました。

↓面白かったらポチッ↓

にほんブログ村 住まいブログへ
posted by TOY-order at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ウンチク-B基礎断熱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
断熱だけではありません。 ちゃんとデザインもするんですよ! 豊田設計事務所のHPはこちら
by blog-parts fab.
[PR]春日部市 不動産
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。