2006年12月09日

断熱と省エネの関係

家の断熱性能について長いことかいてますが、
今回はちょっとがっかりする内容です。

住宅で消費されるエネルギーのうち、
暖冷房に使われている割合は意外に少なく3割程度です。
(極寒の北海道でも約半分)
つまり、断熱性能を倍にしても、省エネ効果は15%程度の話なのです。
「なんだ、断熱なんて意味無いじゃ〜ん!」
とか思ってませんか?

断熱は『省エネ』以外に『快適性』や『耐久性』にも影響しますので、
ていねいな家づくりの基本性能です。
断熱材は寒くないトイレや、カビの無い空気をつくり、
壁の中で建物が傷むのを防ぐ性能があります。

これから、
快適性を損なわず、
我慢しないでエネルギー消費量を半分にする方法を書いていきます。
もちろん、できるだけお金のかからない方法です。
お楽しみに!
posted by TOY-order at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ウンチク-@初心者向け | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
断熱だけではありません。 ちゃんとデザインもするんですよ! 豊田設計事務所のHPはこちら
by blog-parts fab.
[PR]春日部市 不動産
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。