2007年01月19日

家の性能について考える。

地元の家づくりの仲間がHPをつくっていて
そのお手伝いで【家の性能】について文章を書かなければなりません。
いや、いつもの調子でサラサラって書いちゃえばいいんでしょうけど、
どこかで見たことがあるような文章も何だな・・・なんて考え出しています。
さぁて困った。大体【家】って何よ?


『セイカツノウツワ?』


じゃあ【生活】って何よ?【器】って何よ?

設計屋は生活はつくれませんので、
『空間』とか『環境』とかをつくるんでしょうね、きっと。
例えば『快適生活環境』とか『健康的な生活空間』って書くといい響きでしょ?
幸せな生活がイメージされる何となくよさそうな言葉です。
そして、
そのためには【断熱性能】を良くしましょう!
なんて書いてくれることを期待しているのだと思います。

はぁ〜
断熱の文章を2年近く書き続けていると、
書けば書くほど
少しずつ家づくりの本質から離れて行ってるような気がしてきます。

断熱って【技術】の話なんです。
自動車や携帯電話の中がどうなっているか知らなくても不自由しないように、
本来、家の壁の中がどうなっているかなんて、
家づくりのプロに任せておけばいいことなんです。
冬に寒くない家は、
生活の『空間』や『環境』をつくる上での最低条件だと思いませんか?
それを住む人にクドクドと説明することは、ちょっと変なんですよ。
(どうして携帯電話で遠くの人の声が聞こえるのか知りたいですか?)

例えば【家】を【場所】と読み替えてはどうでしょう?
『僕の場所』『みんなの場所』
意外にしっくり来る【家】の解釈ような気がします。
(住宅建築1月号にある内藤廣の文章の影響大!)
この【場所】に必要な性能を計画するのが、いい設計だといえます。




さて私の生業、
お客様が探している【場所】を見つけに行ってきます。
もちろんそこは、お客様にとって快適な場所となるはずです。

残念ながら、
私が思っている当たり前の『空間』や『環境』の性能を手に入れるためには、
しばらくの間、住む側の人も勉強しなければならなそうです。
そう言えば、
私の父の世代は自動車の仕組みにやたら詳しかったです。
これって、自動車の中を知らないと運転できない時代だったってことでしょ?
(教習所で踏み切りで立ち往生したときの脱出方法を習いましたが、
この前乗ってたマニュアル車はブレーキ踏まないとセル回らないし・・・)

↓面白かったらポチッ↓

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:yuさん、こんなへそ曲がりな文章は書きませんのでご安心ください。

posted by TOY-order at 02:05| Comment(4) | TrackBack(0) | ウンチク-@初心者向け | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
まず「入り口」を作りましょう。
という考えです。
入り口で食わず嫌いを作らないために
さて、どうするか?

ってことでよろしく〜。
Posted by yuharuhiro at 2007年01月19日 09:11
yuさん、
さて、何を書こうかしら・・・
Posted by TOY(管理人) at 2007年01月19日 12:12
ところがどっこい。高性能の住宅(に限らず)を求める人は、技術の部分、性能の数値を知りたがるんですよね〜。何も考えずに作ってもらったのに、とても暖かい!って言って貰うのが理想なんですけどね・・・
Posted by いちろ〜 at 2007年01月23日 17:56
いちろ〜さん、
建て主さんは心配なんですよ。
悪く言えば住宅産業は信頼されていないんだと思います。
今の仕事を前向きにこなして行きましょう!
Posted by TOY(管理人) at 2007年01月25日 18:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
断熱だけではありません。 ちゃんとデザインもするんですよ! 豊田設計事務所のHPはこちら
by blog-parts fab.
[PR]春日部市 不動産
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。