2007年11月21日

[3.9]プロジェクト 第3話

いわきの気候に合った省エネで快適な家の目標値を
独自に決めたところまで書きました。


今回は、断熱基準について少し書いて見ましょう。

ここに詳しくありますので時間がある方は是非どうぞ!

断熱基準は、昭和55年に初めて定められ、
平成4年に一度改正されて、
さらに平成11年に現在の基準に改正されています。
しかし、
平成11年の基準には強制力が無く、施行後8年経過しますが
まだまだ一般的な基準となっていません。

しかも、なかなか普及しないことを問題視したようで
数年前には緩和規定まで作ってしまいました。
国のやることは「謎」だらけです。

さて、
この基準で家を建てると
断熱性能のおかげで全館暖房が可能となります。
しかし暖房エネルギーの計算をするとびっくりです。
それまでの生活している部屋のみを暖房する「局所暖房」と比べて
大幅にエネルギーを消費してしまうのです。
この基準で全ての家を建て替えると
二酸化炭素の排出量が大幅に増加するのですから
省エネを歌う基準の大きな矛盾点です。

平成11年にできた「次世代省エネ基準」は
室内を快適にすることはできますが、
全室暖房とすると省エネにならない基準なのです。

私たちのグループは、この基準を勝手に見直すことに決めました。

↓面白かったらポチッ↓

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
快適と省エネの両立が目標ですが、
この「快適」という奴もかなり曲者です。
次回、そのあたりを書いてみます。
(yuさん、パネルの原稿として使えるでしょうか?)
posted by TOY-order at 11:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ウンチク-@初心者向け | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
断熱だけではありません。 ちゃんとデザインもするんですよ! 豊田設計事務所のHPはこちら
by blog-parts fab.
[PR]春日部市 不動産
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。