2007年11月23日

[3.9]プロジェクト 第4話

福島出張でした。
打ち合わせまで少しだけ時間がありましたので
こらっせ福島のかなり寒いホールで今回の文章を書きました。

前回まで、いわきだからできる家づくりと
その断熱性能について書きました。


今回は「省エネと快適性の両立」について書きます。

省エネを目指すとき忘れてはいけないポイントが断熱です。
「熱を断つ」と書きますが熱の伝達を遅らせる建材ですので
「保温」や「保熱」と表記すべき建材かもしれませんね。
(この辺りが断熱材が誤解を生む根本的な原因かも・・・)

建物を断熱材で隙間なく包み込むと
建物の隙間はほとんどなくなります。
隙間風がない建物では計画的に換気をすることができます。
隙間風で無計画にする換気のほうが気持ちよさそうに思えますが
せっかくの断熱性能が発揮できないだけでなく
暖房機の能力も計画できません。
断熱と隙間のない家はセットで考えなければなりません。

あれ?
断熱して隙間を無くしたのに換気をしたら
家の中の熱がどんどん逃げてしまいますよ?

そうなんです。
家の熱は換気や窓から常に逃げています。
断熱材からも逃げます。
逃げた分の熱を補っていかないと快適な家にはなりません。
これが「暖房」です。

暖房は大きすぎても快適になりません。
ちょうどいい大きさで計画するのはかなり難しいのですが、
そのことはあまり知られていません。

↓面白かったらポチッ↓

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
福島は雪でした。

fu6153.jpg

車にコートを置いたまま打ち合わせに行ったのですが、
夜、駐車場まで戻るまでに遭難しそうになりました。
福島をなめていました・・・(激寒)

いわきに着くときれいな月です。とにかくいい所ですよ♪








posted by TOY-order at 10:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ウンチク-@初心者向け | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/68523220

この記事へのトラックバック
断熱だけではありません。 ちゃんとデザインもするんですよ! 豊田設計事務所のHPはこちら
by blog-parts fab.
[PR]春日部市 不動産
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。