2007年12月20日

ハニカムサーモスクリーン

「土間のある家」に断熱ブラインドが付きました。

dom0197.jpg
冬の日差しが土間に降り注いでいます。

dom0196.jpg
少し閉じてみましょう。

dom0195.jpg
全部閉じるとこんな感じです。

セイキ総業の「ハニカムサーモスクリーン」は
3枚の布を蜂の巣状に折ってありますので
ダブルハニカム構造で抜群の断熱性能です。

南側の大きな窓は日射取得熱を期待して
あえてLow-eペアガラスを使いませんが、
そのままでは夜間の熱損失が大きいままです。
そこで登場するのが断熱ブラインドです。
夜間はこれを下げることで窓面の熱損失が小さくなり
外が寒くても急激に建物の熱が奪われる心配がなくなります。

ここまでは堅い話です。
私が好きなのはスクリーンから漏れる光です。
断熱雨戸を設ければ熱的には同じような効果を期待できますが
夜の外観は真っ暗になってしまいます。
濃淡の横縞模様の軟らかい光がこぼれる家はなかなか「オツ」ですよ!

↓面白かったらポチッ↓

にほんブログ村 住まいブログへ


2階の「机コーナー」の窓にハニカムスクリーンが付くと
無骨なサッシがこんな感じに変身します。

dom0205.jpg

ようやく机の前の障子とデザインが揃いました(嬉々)


posted by TOY-order at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場レポ_土間のある家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/74515010

この記事へのトラックバック
断熱だけではありません。 ちゃんとデザインもするんですよ! 豊田設計事務所のHPはこちら
by blog-parts fab.
[PR]春日部市 不動産
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。