2011年10月05日

HP立ち上げました。

江名・中之作地域の状況を多くの方に知ってもらいたいです。町並みの保存活動は、その気持ちを持ったよそ者が町に数多く押し掛けてお節介することで、少しずつ変わっていく面もありますので、情報発信にも力を入れて行くことにします。

豊田設計事務所の趣味、地域貢献活動です。

中之作プロジェクト

まずはこの町の現状を知って下さい。

1日1回押して下さい。 ↓ ↓ ↓ 頑張る気持ちが増します。

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
いわきWebアワードGPに「中之作プロジェクトHP 震災復興まちづくり」でエントリーしました。
どなたでも投票できますので応援して下さい。
入賞することで、たくさんの方に私たちの取り組みを知っていただけたら嬉しいです。
投票はこちらからできます。

業務連絡:
中之作プロジェクトサイトを開設しました。こちら

HPをリニューアルしました!
所長のおとぼけ本気twitterがトップページに配置されるという暴挙!こちら

シェア・ザ・ロード[share the road]
posted by TOY-order at 18:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 中之作プロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

また何もできませんでした。

中之作プロジェクトの仲間と一緒に、江名・中之作地域の建物を保存する活動を始めて2ヶ月半経過しました。土地や建物の権利などデリケートな部分に関わる活動ですので、所有者に会い建物の重要性や保存活用方法などを説明する役割はボクが引き受けています。地元の方にも私の活動の理解者が少しずつ増えていますので、建物所有者に会って話をすることがトントンと進むようになりましたが、最初の1ヶ月は誰に相談していいのかも分からずに走り回っていました。

活動資金もスポンサーもありませんので、津波被害のあった建物をいわき市の補助金を使いまちづくり活動の施設に整備する計画を提案したり、文化庁の補助金で文化的建造物の発掘のための活動資金などを申請したりしましたが、どれもうまく行きません。震災後とはいえ実績もなく実態も定かでない団体が、簡単に補助金を受けられる程、国の財布のひもは緩くありません。

そんな空振りを連発する姿がよほど珍しかったのか、江名まちづくり協議会の会長さんに取り組み(全て不発)を認めていただき、協議会の会員さんの協力を得られるようになるのですが、津波被害で建物解体を決意した所有者の気持ちを変えることは容易ではありません。悪いことに、津波被害の建物解体は年内に終わらせるのが国からの条件らしく、ここにきて取り壊す速度は加速しつつあります。

ある物件は、ようやく建物所有者を思い止まらせるところまで話が進み、中之作プロジェクトのメンバーに内容を報告し掃除や保存計画の話をしたのですが、実は行政側の解体の段取りは進んでおり、解体の延期をお願いした日に解体業者が足場を建て始めており、所有者も諦めてしまいました。たった1日の差で、建物を守ることができませんでした。

別の建物も所有者に会ったときには、すでに建物内の貴重な柱などが強引に抜き取られ、屋根や樋などに使われていた銅板は不届き者に剝がされた後でした。被災建物無料解体の利益と、古い港町の地域景観や地域文化の保存とを銭金で比較なんてできるはずがないのですが、中には自分たちが住む町の未来にまで気が回らない方がいます。その方の安易な考えに便乗してしまう方も簡単だと考える方もいます。これだけの数がまとまると、解体することが普通になってしまうようです。完全に思考停止状態です。

奇跡的に津波被害が少なかった港町は復興の最も近くにある町だといえますし、深刻な被害を受けた地域には存在しない古さを持っています。このことをチャンスと考える人が数人いるだけで、状況は劇的に変化するはずなんですが、そこにたどり着く前に町が無くなってしまいそうです。

自分の無力さが悲しいです。


1日1回押して下さい。 ↓ ↓ ↓ 頑張る気持ちが増します。

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
いわきWebアワードGPに「中之作プロジェクトHP 震災復興まちづくり」でエントリーしました。
どなたでも投票できますので応援して下さい。
入賞することで、たくさんの方に私たちの取り組みを知っていただけたら嬉しいです。
投票はこちらからできます。

業務連絡:
中之作プロジェクトサイトを開設しました。こちら

HPをリニューアルしました!
所長のおとぼけ本気twitterがトップページに配置されるという暴挙!こちら

シェア・ザ・ロード[share the road]
posted by TOY-order at 18:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 中之作プロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月30日

個人主義が失ったもの

江名の町並みを眺めて行きました。建物の解体がどんどん進んでいます。解体後の土地をどうするかの計画も無いまま、ただ無料で解体してもらえるからというだけ、たったこれだけの理由で、町中の建物を取り壊そうとしているのです。

江名と中之作の町並みは、東北の太平洋側にある古い港町のなかで唯一奇跡的に壊滅的な津波被害を免れた場所です。それなのに、震災から半年後、人が町を壊しています。たくさんの古い建物が残る町並みに、地元の方は誰も価値を見いだしていませんし、行政も価値のある建物を解体することに対し、これっぽっちの躊躇いもありません。全てを壊し、全てを新しくしたほうが近代的な素晴らしい港町になるとでも思っているのでしょうか?

建築設計の仕事をしていますので、これまで建物解体の現場にはたくさん立ち会ってきました。それら建物解体のタイミングを思い返すと、面白い共通点に気がつきます。「おばあさんが亡くなったので」「祖父の1周忌が過ぎたので」など、建物解体に対し異議を唱えるものが一人でもあるうちは解体できないのです。つまり、建物解体には全員の合意が必要だということです。

ほんの数十年前まで、住宅は「結い」などにより、地域全体で建設するものでした。修繕や建設などの計画も個人で立てることは難しかったでしょう。このような環境の場合、関係者の数が膨大ですので、建物解体のために全員の合意を得るのは困難になります。時分の順番が来るまで、建物をしっかりメンテナンスして長く住み継がなければなりません。古民家が建設された時代には、長く住み継ぐ遺志というより、簡単に壊せない仕組みが存在したのです。

そうなると、建物には長く使い続けるための知恵が次々と蓄積され始めます。特に地震や台風、洪水などの天災に耐える土地選びの目は、今日以上に優れていました。大型の土木工作機械や、杭打ち機などの建築技術が無い時代ですので当然と言えば当然です。

そんな地に足がついた家づくりでしたが、戦後の高度成長期という大きなうねりの中に巻き込まれていきます。消費を煽るかのように持ち家政策がはじまり、大家族は核家族化していきます。そしてついに、一世帯が一軒の家を各世代毎に建設するのが当たり前になるのです。山を切り開いて造成された個人の土地に、個人の財産で何を建てようと、個人の自由でしょ?かなり身勝手な個人主義の登場です。

行き過ぎた個人主義と核家族化により、解体のための関係者全員の同意の人数は数人にまで減少します。極めて容易に解体できる環境です。建設業界も「どうせ30年で壊す建物」としてつくりますので、長持ちさせるための知恵をどんどん放棄して行きます。

古い建物にはその時代の知恵が残されてあります。特に地震と津波に耐えた建物ですので、それらを後世に伝える重要性は誰の目にも明らかだと思います。さらに、それらの建物の多くは港町の景観をつくる資源でもあります。

それを建物所有者だけの判断で解体してしまっていいのでしょうか?

私は、古い建物を解体するため、その町の風景を守りたいと思う者を説得しなければならない時代ではないかと思っています。今始めないと、先人の知恵が詰まった古い建物が無くなってしまいます。この損失は極めて大きなものになるでしょう。

豊田設計事務所は、江名・中之作地域の町並み保存にこれからも協力していきます。

1日1回押して下さい。 ↓ ↓ ↓ 頑張る気持ちが増します。

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
いわきWebアワードGPに「中之作プロジェクトHP 震災復興まちづくり」でエントリーしました。
どなたでも投票できますので応援して下さい。
入賞することで、たくさんの方に私たちの取り組みを知っていただけたら嬉しいです。
投票はこちらからできます。

業務連絡:
中之作プロジェクトサイトを開設しました。こちら

HPをリニューアルしました!
所長のおとぼけ本気twitterがトップページに配置されるという暴挙!こちら

シェア・ザ・ロード[share the road]


posted by TOY-order at 14:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 中之作プロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月15日

残された町

中之作は福島県いわき市にある小さな港町です。小名浜港のすぐ北に位置し、古い街道に面した細長い町並みと、小さな袋小路の路地で構成されていて、港の端にたつと集落全てが視界に入ります。

なんて小さい港町の風景なんだろう。

小名浜で生まれ育ち、中之作の町中を通り過ぎたことは数えきれない程あるのに、初めて防波堤の端に立って港町を風景として眺めたのは去年のことでした。

899.jpg

ダイエット目的で始めたサイクリングでしたが、自転車の速度だから見える風景や、クルマでは入り込めない路地裏探検など、その魅力に取り憑かれ、すぐに友人を誘い自転車散策の楽しさを共有していました。

こんな小さな町なのに、今回の地震と津波に耐えて残っています。津波の向きや防波堤の配置など幾つかの奇跡的な偶然が重なったことも事実ですが、同じ町にある海を埋め立て造成した集落は壊滅的な状況です。そのすぐ近くに築200年の商家などを含んだ集落が力強く残っています。つまり港より少し高い位置にあるその街道は200年前からその位置にあったはずです。これが当時の防災意識だとしたら、この町は残るべくして残った町なのかも知れません。

震災に耐え半年が経過した今、この町の風景が壊滅的なダメージを受けようとしているのです。

中之作の周囲には津波により大きな被害を受けた地域が連続していて、それらの地域の瓦礫や残された建物の解体処分を行政が無償で行っています。津波の被害を受けた地域でこの制度はとてもありがたいものです。

「今、解体しないともったいない」
不思議な空気が、津波に耐えたこの小さな港町に漂っています。
それぞれの建物所有者に悪意はありません。解体に同意するかしないか、それ以外の選択肢が無い状況なのです。
解体以外の選択肢が無い地域の中にひっそりと残された町。この奇跡の町を襲う悲劇だといえます。

津波と地震によりダメージを受けていますが、まだ使える古い建物が解体さえようとしているのです。ボクたちは港の風景を保存するための団体を立ち上げました。「中之作プロジェクト」です。勢いで定款と印鑑もつくりました。更に、文化庁に活動資金の申請もしました。地域の町づくり協議会を巻き込み、保存のための次の手も検討中です。

どんどん設計の仕事から遠ざかっているように思えるかもしれませんが、実務もしっかりやっています。本当ですって!

1日1回押して下さい。 ↓ ↓ ↓ 頑張る気持ちが増します。

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
震災で傾いてしまった建物を壊さないで直す取り組みを、
近日中に3件実施します。
「今、壊したらもったいない」
この町の空気を変えることができたら嬉しいです。

業務連絡:
HPをリニューアルしました!
所長のおとぼけ本気twitterがトップページに配置されるという暴挙!こちら

シェア・ザ・ロード[share the road]
posted by TOY-order at 10:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 中之作プロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月23日

中之作プロジェクト設立

震災後、ボクは建築士だからできることや、やるべきことは何かを考えできる限り実行してきました。そして、仕事も通常業務に戻りつつあった7月下旬、江名、中之作地域を住宅相談に伺ったときに、この町で酷いことが起りつつあることに気がつきました。巨大地震と津波に耐えて残った多くの建物に「解体」の張り紙がされてあるのです。

それらの建物の多くは今後30年程度の間にゆっくりと消えて無くなる運命だったと認識しています。中には既に無人の廃墟だった建物もあります。しかし、建物の文化的な価値を考えると壊すべきでないものや、景観資産としてなくてはならないものにもその張り紙は付いています。震災さえなければ、誰にも気付かれずゆっくりと消滅する運命の町だったのかもしれませんが、この町が好きだったボクにとって震災に耐えたこの町が人の手で壊されることは我慢できませんでした。

津波により壊滅的な被害を受けた地域での行政による建物解体撤去は非常にありがたい取り組みですが、津波被害を受けたがライフラインや多くの建物がしっかり残っている地域に対しても「解体撤去」以外の選択肢が何も無い状況が何ヶ月も続くことは問題です。すでに江名、中之作地域ではこのタイミングで建物を壊さないと損だと言う雰囲気で、隣が壊すならうちも壊すという流れになっています。

そして、毎週数棟ずつ確実に建物が消えています。

「中之作プロジェクト」は、そんな状況に気がついてから慌てて立ち上げた任意団体です。規約もまだありません、正式なメンバーも決まっていませんが、それぞれが個別に動いています。現在以下の活動などが進行中です。

■ 震災で住人がいなくなった船主のお屋敷を登録文化財にする取り組み
■ 地盤が原因で歪んでしまった建物を基礎から修復する取り組み
■ 築200年の古い商家を町づくりの事務局として再利用する取り組み
■ 自転車による街歩き

解体される建物を有志で掃除したり、解体を迷っている所有者を説得したり、多くは地元の方も巻き込んだ「おせっかい活動」ですが、徐々に賛同者も増えてきました。

ここに「中之作プロジェクト」の趣旨説明を書いたのには理由があります。
先月行った被災した住宅の相談会で講師に招かれていた長谷川さんが、再びいわきで講演を行いました。[福島県建築士会いわき支部主催「被災建物の修復技術説明会」]
その中で「中之作プロジェクト」を紹介くださり、ボクに趣旨説明をする時間をいただけたところまではよくある話なのですが、何の資金も無い任意の活動団体を一歩前進させるために、ご自身著書の売上金を「当プロジェクト」に寄付すると言うのです。
勝手なおせっかい集団だったボクたちに、これは困ります。きちんとした団体としなければなりません。プロジェクトの主旨説明、メンバー、専用口座(基金が既にある状態)などを急いで整理しなければなりません。困った。。。けど楽しい(笑)

1日1回押して下さい。 ↓ ↓ ↓ 頑張る気持ちが増します。

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
本業は大丈夫なのか?
かなり辛い睡眠不足状態ではありますが、
震災復興実施中ですので弱音は吐きません。

業務連絡:
HPをリニューアルしました!
所長のおとぼけ本気twitterがトップページに配置されるという暴挙!こちら

シェア・ザ・ロード[share the road]


posted by TOY-order at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 中之作プロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
断熱だけではありません。 ちゃんとデザインもするんですよ! 豊田設計事務所のHPはこちら
by blog-parts fab.
[PR]春日部市 不動産

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。