2010年01月26日

全国一斉見学会開催

断熱性能などの面で色々とお世話になっている「NPO新住協」が、
2月6日(土)、7日(日)に全国一斉見学会を開催します。

単なる新築住宅の見学会ではありません、
Q1.0(キュウワン)住宅と言って、
暖房エネルギー消費量を大幅に削減した家だけがエントリーできる
非常に濃い会員さんばかりの見学会なのです。

詳細は新住協HPを見て下さい!

厳しい参加条件なのですが、
断熱改修部門は比較的ハードルが低めです。
そんなわけで、
私は改修部門で参加させていただきます。南東北版のパンフレット

昨年夏に引き渡しました「小名浜の家」を
お客様からお借りすることができました。
既にお住まいの家でして、駐車場にも限りがあります。
たいへん恐縮ですが予約制とさせて頂きます。
こちらのお問い合わせフォームより申し込み願います。

1日1回押して下さい。 ↓ ↓ ↓ 頑張る気持ちが増します。

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
2月の第1週はイベント満載で図面描きの仕事が滞ります。
今週中に仕事を進めないと大変なことになりそうですっっっっ!!!

業務連絡:
HPをリニューアルしました。こちら



posted by TOY-order at 22:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 新住協 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月01日

余らせてんじゃん!

断熱の補助金の話を書いて、他の補助金を調べていたら
変なの発見!

長期優良住宅普及促進事業」の
補助金交付申請受付期間の延長等について

当初「エントリー受付」は8月7日までだったのに、
3週間前に受け付けを12月11日まで延長しました。
(予算を半分しか消化していませんでした)詳しくはここ

そしたら、
その1週間後に2月26日まで延長していました。
でも国の事業ですから単年度予算で動きます。
実績報告の受付締め切りは年度内の3月10日まで!

100万円いただける長期優良住宅が2週間でできるはずありますか?

そしたら、
不測の事態等(工事に伴い発生した状況変化、気象の影響など)が
発生した場合は、平成22年3月11日以降に延長することも可能
とある。
あくまでも単年度にこだわるようです。

その一方で、
長期優良住宅先導的事業の申請を簡単に不採択にしてる。
その補助金使ってあげたのになぁ〜
ははは、
これは個人的な恨みですね。

1日1回押して下さい。 ↓ ↓ ↓ 頑張る気持ちが増します。

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
こんな駆け込み申請で100年の耐久性が担保できるのであろうか?
これも経済対策なのですね。
予算消化のために補助額を増やせばいいと思うのでうが、
大臣いかがでしょう?
posted by TOY-order at 21:44| Comment(4) | TrackBack(0) | 新住協 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月09日

補助金成金

(NPO)新住協の講習会に行って来ました。
新住協が夏に申請した「長期優良住宅先導的モデル事業」ですが、
福島で採択されることを前提に説明会を開催する予定でした。
かなり自信があったようなのですが、結果は不採択!

そんなわけで、
講習会は急遽別の内容に変更され、
ここ最近、補助金を上手に活用している私が講師です。

最近申請した断熱リフォームの申請手順を説明するのですが、
そちらは既に締切りが過ぎていますし、
NEDOも次年度は無くなりそうな状況です。
現在あるのは「長期優良住宅普及促進事業」ですが、
こちらもエントリーの手続き期間は過ぎています。
エントリー期間が年末まで延期されたようです(091113加筆)
なんとも、内容の薄い事例紹介になってしまいました。

鳩山さんが公約通り「住宅の省エネ事業」に取り組んでくれれば
今後様々な補助政策が出てくると思うのですが、
現時点ではほぼ白紙の状態です。

1日1回押して下さい。 ↓ ↓ ↓ 頑張る気持ちが増します。

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
いわき市で年2回あったリフォームの補助金(15万円)も
今年は1回しか募集していません。
お客様に期待させてしまった・・・補助金成金は手詰まりです(涙)
posted by TOY-order at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 新住協 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月28日

事務局長が来た〜

私が断熱の勉強をしているNPO法人「新住協」ですが、
仙台の事務局長さんが出張の帰りにいわきに寄ると言ってきた。
しかも当日の朝8時!

慌てて「小名浜の家U」のお客様にアポイントを取り
9時半に案内してきました。
こちらのお客様は、
家づくりを誰に頼むべきか悩んでいる時に新住協のHPに辿り着き
事務局長から設計事務所を紹介いただいたので、
早朝の電話だったのですが大喜びです(冷汗出たよ)

実は事務局長の家の改修は私の設計でして、
その意味では私の設計する家に住んでいる方同士の対談でもあります。
先輩が住みこなしについてアドバイスすると、
後輩はかなり素直に聞き入れます。
(私は断熱の家に住んでいませんので信用が薄いのね)

もっと快適にならないか?
もっと省エネにならないか?
この風を取り入れたい!
ここの空気を動かしたい!

「積極的に住む」ことで徐々に住まい方が分かってきますよ!
家に振り回されるというネガティブな考えではなく、
家のポテンシャルを引出す意識を持つことです。

さすが事務局長さま!
言葉の重みが違います。

1日1回押して下さい。 ↓ ↓ ↓ 頑張る気持ちが増します。

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
住みこなし術は毎回問題になります。
上手に窓を開けるとエアコンが不要になったり、
断熱ブラインドの開閉で暖房費が安くなるなど
お財布に優しい暮らし方を見つけていくことは、
地域の環境を次の世代に残していく活動でもあります。
興味を持って色々試してみて下さい。
事務局長さま、ありがとうございました!!

banar.jpg
<内覧会は9月26・27日 朝10時から夕方4時に決定>
posted by TOY-order at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 新住協 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月09日

段取り

新住協の総会は、6月5日でした。
札幌で朝9時からですので、当然前泊になります。
本州からの参加者はほとんど前泊ですので、当然「前夜祭」です。

札幌なのに「キリンビール園」でジンギスカ〜ン!

前夜祭の開始時間が夕方6時半ですので、
千歳空港に着いてから4時間以上あります。
翌日の総会と2日目の住宅見学会はどちらも
目一杯のスケジュールですので、自由時間はここだけです。

電車で札幌に行くべきところ、
1つ手前の白石で降りて「札幌ラーメン武蔵」を目指します。

shi0002.jpg
辛味噌ラーメン(790円) 絶品です。
人生でベスト3に入る旨さ(←ちょっと大袈裟)

さらにタクシーで札幌市郊外のカニ屋さんを尋ね「毛ガニ」を購入♪

shi163217.jpg
札幌かに市場」は観光地じゃない店ですので、良心的な値段です。

白石の駅でタクシー運転手と交渉し、
寄り道しながら札幌駅前のホテルまでコース5000円!
楽しかったです。
仕事の合間にちょっとだけお散歩したということで(笑)

1日1回押して下さい。 ↓ ↓ ↓ 頑張る気持ちが増します。

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
ラーメンを3時過ぎに食べたので
前夜祭のジンギスカン食べ放題が・・・
ジャガイモ美味すぎます♪さすが北海道!

posted by TOY-order at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 新住協 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月08日

遮熱部材の効果

sin8948.jpg
↑北海道限定!かなり嬉しいです。


(スマン、忘れて下さい)


はい、ここから本題です。
「銀色建材」が増えています。
太陽からの輻射熱を反射させるため、
建物の断熱性能が増すというのが「売り」なのですが、
どれほどの効果が期待できるのでしょう?

私の事務所にも、
段ボール製屋根通気部材の銀色バージョンや、
銀色透湿防風シート、
さらに、
梱包用プチプチにアルミのシートを貼り付けた「自称断熱材」等々

兎にも角にも銀色の方が高性能であるというムードが漂っています。
外壁に貼る透湿防風シートは、室内の湿気を外に逃がしつつ、
外装材の室内面に間違って入り込んだ雨水が
壁内へ進入するのを防ぐために設けるモノですので、
湿気は通すが、水は通さないモノでなければなりません。
ところが銀色の金属膜で覆われてしまうと、
防水はしますが、湿気は通しませんので必要な機能を満たしません。
湿気を通すための小さなスリットがシート表面に無数に入っていると、
防水性能が不安ですので、
私はこれまで全く使ったことがありませんでした。

と言いましても、
この判断は単に好き嫌いのレベルですので、説得力に欠けます。

そしたら
岩手県立大学の本間先生が興味深い研究をして下さりました。
gin-1.pdf(←印刷物のコピーです。12MBあります)

かなり難解な文章ですので、独断と偏見で超要約し説明します。
3種類の色の外壁と、性能の違う2種類の銀色建材で
6種類の壁をつくり室内壁温度に与える影響を比較したところ、
銀色建材の影響はほとんど無く、
室内壁温度は外壁の色による影響が支配的であることが分かった。


つまり、
銀色建材を使うより、壁の色を明るい色にした方が効果的ってこと。

1日1回押して下さい。 ↓ ↓ ↓ 頑張る気持ちが増します。

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
この研究論文をネット上で探したのですが見つからず、
ちょっとドキドキしながらスキャンデータを貼り付けました。
問題があるといけないので期間限定とします。
この情報が入手困難なことにも大人の事情がありそうですね(爆)

posted by TOY-order at 23:25| Comment(4) | TrackBack(0) | 新住協 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北海道の役人さんはでっかい人だ!

北海道では「道立北方建築総合研究所」という機関が
地域の工務店さんを強力にバックアップしています。
新住協の総会で聞いてきたことの受け売りなので詳細は未確認)

平成11年にできた「次世代省エネルギー基準」も
北海道の基準だけ妙に厳しいと思ったら、
中央省庁に任せず、北総研が作ったとのこと。
自分の地域の基準を自分で作ることができるのは
厳しい気候に対して真面目に取り組んでいる北海道だけでしょう。

「超長期住宅先導的モデル事業」にも道として応募し、
124棟分の枠が採択され、地元工務店さんなどが全棟建築しました。
今年は新築だけでなく断熱リフォームの補助も採択されており
行政が民間企業をグイグイ引っ張っている凄い地域なのです。

長期住宅は建物の履歴データの保存が義務付けられていますが
小さな工務店では対応が困難だと言われています。
ところが、
道のサーバーで10年間保存するサービスまで始めています。

詳しくは「北方型住宅サポートシステム」を見て下さい。

それだけじゃない!!!!
(なんだか書いていて興奮してきた)

現在データを長期間保存してくれるサービスは
北海道内の建物に限定されているのですが、
近い将来、登録可能な範囲を日本全国にまで広げる予定とのこと!!
登録保管申請料はたったの「9,450円」です。
これは利用しない訳にはいきません。

まだ、国の認定ソフトになっていないので
「長期優良住宅」(100万円もらえる認定制度)には未対応ですが、
そちらも早急に解決する予定だと言っていました。

北海道の住宅行政は民間のためにとことんまで頑張っています。
大好きです!!

1日1回押して下さい。 ↓ ↓ ↓ 頑張る気持ちが増します。

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
北方型住宅についてはこちらのサイトで勉強中です。
イメージキャラクターの「ほっぽちゃん」ですが、
かなりユルイB級キャラなのが唯一残念なところ(←ぉぃ!)


posted by TOY-order at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 新住協 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月29日

断熱の神様達

私は「新住協」という
断熱性能に拘った家づくりをしているNPO法人に所属しています。
このブログで書いているマニアックな情報の多くは
新住協で勉強したこと「そのまま」だったりします。

勿論、
テキストデータをコピーして貼り付けるとかではなく、
勉強した情報をできるだけ汚さないで次の人に渡すことを意識して
文章にするという意味です。
この作業はけっこう好きでして、想像以上に勉強になります。
まず、
壇上で話している断熱の神様の言葉の意味を理解します。
私より圧倒的に経験豊富な方達ですので、
上の空で聞いているとあっという間に置いていかれます。
「理屈は分らないけど○○工法は良いらしい」程度の情報は
誰も求めていません。
書く以上は、本人がきちんと理解した情報でなければなりません!
そうなると、理解不能な経験の差を埋めるために
同じ人の話を何度も聞くようになります。
酒の席でも尊敬する神様の隣にちょこんと座っていたり(笑)
そうして訳の分らない話でも、何度か聞いていると全体が見えてきて
徐々に細部が理解できるようになったりするものです。

週末、新住協の理事会が仙台で行われました。
岐阜、長野、群馬、秋田、岩手、北海道等々、
全国各地に散らばって活躍している断熱の神様が
仙台の小さな居酒屋に集まって酒飲みしている情報をキャッチ!
仙台の事務局長がうっかり漏らした情報に上手に食いつき
懇親会へのチケットを手に入れることに成功です。
そして理事会が終る頃に仙台に到着♪(←何しに行ったのだろう)

理事の皆さんは長距離を移動した後の長い会議を経て
やっとありつく夕食です。
皆さんお疲れの様子ですが、
久しぶりに集まれば昔の話が飛び交います。
断熱の神様が初めて北海道で仕事をしたときの話や、
北海道と本州の家づくりの違いなど、
通常の講習会では聞くことができない酒の席での話です。
歴史を持たない私にとって、この手の話は貴重ですね。

北海道の会員さんが本州の会員さんに使う言葉の意味や
壇上から発せられる小さな皮肉などにも反応できるようになります。
そういう日頃の鍛錬を持って
ようやく断熱の神様たちの言葉を文章にすることができます。

新住協のセミナーに参加すると、
誰かが時間をかけてようやく手に入れた家づくりの情報が
数時間座っているだけで手に入れることが可能です。
その情報をできるだけ正確に、
私の思い込みなどで汚さないよう注意して次の方へ渡していくことで、
同じ考え方で家づくりをする人が増えるでしょう。
技術系の情報は独り占めするより共有する方がいいと思います。
関わった人全員が少しずつ幸せになれるのではないかな?

そんなことを考えていますので、
仙台まで行って断熱の神様と酒を飲むことも重要な仕事なのです。

1日1回押して下さい。 ↓ ↓ ↓ 頑張る気持ちが増します。

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
酔っぱらうと寝ちゃうし、声デカイし、酒瓶割るし・・・
本当に断熱の神様が年に数回集まる場所に居合わせたのか
不安になったのも事実です。
posted by TOY-order at 22:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 新住協 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月09日

快適古民家改修と呼ぶらしい

新住協のセミナーに行って来ました。
テーマは「断熱リフォーム」です。

「ことば遊び」と思われる方もいるかと思いますが、
リフォームという単語は「家を直す」イメージに直結しているらしく、
「断熱改修」より「断熱リフォーム」と書く方が
言葉の意味を伝えやすい・・・ほんと?

それから、
紀洋建設の社長が行っている古民家改修の話も、
「古民家改修」より「快適古民家改修」と書けば
性能面まで直しているのが一目瞭然・・・なるほど・・・

国土交通省の補助を受けて
県内でもかなり有名な古民家の改修をしているとのことで
NHKのニュースで取り上げられたビデオを見せていただいたのですが
アナウンサーは「保温性に優れた建物」と言っていました。

なるほど、
テレビ語では「断熱性」より「保温性」が正解なのね。
設計業界にどっぷり漬かっていると、
普段使っている言葉がどれほど専門用語なのか気が付きません。
久しぶりに合った友人からも専門用語が多いと言われましたし、
専門家以外の方でも理解できる文章を意識しようかと考えています。
色々な意味で勉強になります。

で、早速「保温性」は使うつもり(笑)

もちろん、
講習会の本題「断熱改修の小ネタ」を大量に入手してきましたので
現在設計している「小名浜の家U」で幾つか採用する予定です。
↓寝ないで勉強してきた証拠↓
shi7795.jpg

shi7794.jpg
ホルダーはすぐ先が丸くなって書きにくい・・・
次回から講習会にはシャーペンを連れて行くことにします。

↓面白かったらポチッ↓

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
講習会の事例紹介の中に私が設計した建物が含まれていました。
当然のように前に呼ばれて説明のサポート係をさせられました。
会費を払ったのに(笑)



posted by TOY-order at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 新住協 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月29日

断熱計算で分ること

建物の性能について10年以上勉強していますが、
まだまだ分らないことだらけですので、
勉強する機会があればできるだけ参加するようにしています。

今回は建物の断熱計算ソフトの使い方について勉強してきました。

きちんと断熱すれば「快適な家」は意外と簡単につくれますが、
できるだけ少ないエネルギーで快適に住む家づくりは
ちょっと理屈っぽく計画しなければいけません。

講習会では、
次世代省エネルギー基準ギリギリの性能の家を計算し、
エネルギー消費量を1/3に減らす方法を教えていただきました。

省エネの方法は地域によって異なりますので
計画地の気象条件を知るところから始めなければなりません。
と言いましても、
そんな面倒な事を調べるのは容易ではありませんので、
たいていの場合ここでつまずいてしまうのですが、
今回使ったソフトには
全国のアメダスポイントの気象データが入っていますので
計画地に近い観測ポイントを選ぶだけでおしまい(簡単だね)

換気扇の種類を選び直すと840gの年間の暖房費が650gに減り
窓の性能をあれこれ変更し、断熱ブラインドを設置することで
更に200g減らす事ができます。
ちょっと費用がかさむ部分ではありますが、断熱厚さを付加することで
年間灯油消費量を280gまで減らすことができました。
これで1/3になりました!

おまけに設定室温を2℃下げて、
居間にコタツを設けて過ごすと更に100g減らせることが分ります。
こんな使い方ができたのね。いやはや楽しいソフトです♪

そんなの机上の空論だと思われるかも知れませんが
この計算が重要なのです。
設計段階でここまで計算してあると、暮らし方が変わります。
ムキになって目一杯の省エネ暮らしをしなくとも、
無駄な暖房を減らす方法が事前に分っています。
仮に計算値と大きく異なる消費量になった場合は、
何が問題だったかを検証することができ、
添えに合わせた対策を早い段階で検討することが可能になるのです。

計算しない家ですと
エネルギー消費量が適正なのかを判断することができませんし
それに対する対策も立てようがありません。
予測値との差からは新たな課題も生まれてきますので
設計の制度はどんどん良くなっていくわけです(喜びのスパイラル!)

ソフトの新しいバージョンでは
電気の暖房とした場合のエネルギー消費量も算出されますので
以前より使い勝手が格段に向上した物となっています。

面白かった!!

↓面白かったらポチッ↓

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
講師の方がレーザーポインタを欲しがっていましたので
カバンの中にあったレーザー距離計で代用していただきました。
もちろんそんな使い方をする道具ではないのですが
ちゃんと機能したから問題なし!

ところが、
何かの拍子でボタンに触れてしまったらしく
電子音が鳴り止みません・・・
おかげで途中退場という不本意な扱いとなってしまいました。

後半は別の人が(何故か)携帯していた指し棒が大活躍。
距離計君にとって散々なデビュー戦でした(←論点ズレまくり!)





posted by TOY-order at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 新住協 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月27日

断熱計算講習会

10月29日に郡山で断熱計算の講習会があります。
詳細は新住協のHP又はこちらをどうぞ!

断熱計算のソフト「QPEXver2」の講習会ですので
各自パソコン持参が参加の条件なのですが、
私の事務所には5年前に買った化石のようなモノしかありません・・・

「パソコンが古いから出席したくない」
小学生並のダダッコ星人・・・(←大人なのか?)

試しに久しぶりにノートパソコンのスイッチを入れると、
ちょっとやそっとじゃ立ち上がろうとしない・・・軽い絶望感
気が付くと
近くのパソコンショップとヤマダ電機をハシゴしていました。
更に数十分後、
彼はノートパソコンの箱を嬉しそうに抱えているのでした。

いったい何があったのでしょう・・・

そんなわけで、29日に郡山に行きます。
新しいノートパソコンを嬉しそうに立ち上げるおじさんがいたら私です。

↓面白かったらポチッ↓

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
ヤマダのポイントが貯まったので
デジカメも新調してしまった・・・
お古のノートパソコンとデジカメはバイトくんに貸し出し中♪
posted by TOY-order at 14:38| Comment(2) | TrackBack(0) | 新住協 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月27日

夏の「エコキュート」

常陸太田市であった新住協の講習会で鎌田先生が面白い話をしたのに
ブログに書き忘れていました。
ちょっと時間がたってしまったけど読んでちょうだい!

まずここでエコキュートの仕組みを勉強してきて下さい。
エコキュートの仕組み

簡単に書くと、
空気中の熱を受け取ったガス(二酸化炭素)を圧縮すると熱を出し、
その熱でお湯を沸かし、
膨張させて冷たくなって戻ってくる仕掛けになっています。
外の空気が暖かいほど熱回収の効率は高くなります。

さて、
リンク先のアニメーションには
外の空気を取り込むファンが付いていましたが、
ちょっと説明が足りません。
外気を排出する絵が描かれていませんね〜
外の空気から熱を回収していますので、
排気は外気温より低くなります。
熱回収の効率を考えると、
外の温度が高いほど低い温度で排気されることになります。

これって、使えないですかね?
例えば基礎断熱の床下に排気するとか・・・

夜間のやや涼しい外気を上手に取り込む「夜間蓄冷」をするために
安全に開放できる窓や、夜間通気などあれこれ悩んでいましたが、
エコキュートを導入すれば、機械的に解決してしまいます。

「機械で解決するのは設計とは言えない!」と言いつつ、
「機械の廃熱だって活用しないのは良くないよね?」と言ってみたり♪

夜間電力で安くお湯を沸かしながら、床下コンクリート温度を下げる、
なんて素晴らしいアイデアなんでしょ!
心配なのは、床下が冷えすぎて床表面の結露ですけど、
床下全体に流れるように工夫すれば、問題ないでしょうね。
心配なら、取り入れ口の流量を調整できるようにすればいいでしょう。
もちろん冬期間は、外に排気しないといけませんよ!床下冷房だから!

鎌田先生は、これらのアイデアを全く躊躇せず話してくれます。
商売にすれば儲かるだろうにね。

↓面白かったらポチッ↓

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
エコキュート高いです。
以前、あるお客様が「電気料金の先払いシステム」と言っていました。
言い得ていますね。



posted by TOY-order at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 新住協 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月22日

講習会に住む魔物!

新住協の講習会で講師をしました。
1時間のしゃべりの仕事ですから、
甘く考えて前日まで何も準備をしませんでした。
すると前日の夜、
地元の工事屋さんが鎌田先生を囲んで座談会を開くというのです。
ボクも当然参加します。

酔っぱらって事務所に戻り、
さて1時間分の資料をつくろうと机に向かうのですが睡魔が・・・
結局4時起きで資料を作成し、何とか間に合わせましたが、
ちょっと内容が薄かったですね。

私の前に話をしていた鎌田先生が20分長くしゃべり続けたので、
しわ寄せがきて40分に短縮。
せっかく作った資料もかなり端折りましたし、
詳しく話そうと仕込んだネタ(ブログで書いたこと)もボツ!

奴は魔物だ!

↓面白かったらポチッ↓

にほんブログ村 住まいブログへ


超長期住宅とは、
「30年後に1000万円の資産価値が担保されている家」としよう。
誰も住まない家になる確率もあるんだからさっ!
これまた大胆な鎌田節炸裂のおかげで、
「住み継ぐ仕掛け」や「地域環境の重要性」など
男のロマン満載の熱いメッセージとなるはずだったボクの話が、
かなりマニアックな人扱いで終わってしまった・・・
話の途中でもいじられたし・・・
新住協では「いじられキャラ」が定着しつつあるかも!

断熱の神様は気まぐれで困ります(笑)
posted by TOY-order at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 新住協 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月15日

熱容量

新住協の技術情報40号が届きました。
建物の熱容量と省エネの関係についてのシミュレーション結果が
掲載されています。
熱容量というちょっとマニアックな内容ですので、
まじめな会員の方でも読みこなすのが大変そうな内容です。

私は
パッシブソーラーハウスを研究している事務所に勤務していましたので
なんとか理解できました(←自慢?)

物質にはそれぞれ特有の容積比熱という物があります。
比熱が小さくても容積があれば大量の熱を蓄えることが出来ますし、
小さな容積を高温にすれば同量の熱量を確保することも可能です。
(耐火煉瓦に電熱線を巻き付けた蓄熱暖房機がそれです)

小さな容積に大量の熱を蓄えるほどエネルギー密度が高くなり
温度制御が困難になりますので、
できりだけ大きな容積に低密度で熱を蓄える方が快適になります。
しかし、
熱を蓄える部分は断熱材の内側でなければ意味がありませんので、
木造住宅を見ると熱を蓄える部分が非常に少ないことが分かります。

技術情報では、
壁に漆喰塗り(20mm)、床にモルタル下地(30mm)とした場合の
シミュレーションがありますが、
南側に土間を設けた場合の検討がありません。
パッシブソーラーハウスで普通に施工されている手法なのですが、
鎌田先生は「堅い床は好きじゃないのよ」で済ませてしまいました。

太陽熱を直接土間に蓄える手法をあれこれ検討していますので
正直ちょっと物足りない内容です。

もちろん基礎断熱とし、
床下コンクリートへの蓄熱についての検討もされているのですが、
床下に効率よく空気を循環させて日中の暑さを蓄熱すると、
室温が安定して省エネ効果も期待できる。

これって、OMソーラーハウスの宣伝文に似てます(笑)
もちろん、
北海道や日照時間の短い地域でも通用する蓄熱の技術情報ですので
「いわき」だからできることについては自分で考えなさいという
鎌田流放置プレイだと解釈し、
独自の検討を続けていくことにします。

さて、
断熱性能を強化すると、
建物から逃げる熱量がどんどん小さくなりますので、
つられて暖房設備の能力もどんどん小さくしていくことが可能です。
通常、床下暖房にかなりの費用を掛けていますが、
断熱性能をさらに強化すると床下暖房では過剰になります。
性能を上げていくと比例して建設費が高くなるのですが、
暖房設備が不要なレベルで一度急激に建設費が下がるのです。
そうなると大変です。
床下コンクリートの熱容量を活用するために
何らかの措置が必要となるのです。
そうなると私も、
昼間の熱をファンで床下に蓄える方法が最初に浮かびます。
これって・・・

↓面白かったらポチッ↓

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
OMソーラーの仕組みが嫌いなんじゃなくて、
何となく良さそうなイメージで売っているのが嫌なんですよ。
建物の性能がおざなりだった話とか良く耳にしましたし。
posted by TOY-order at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 新住協 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月02日

ありがとうございます!

新住協の総会に参加する目的の一つは、
全国にいる友人に会うことです。
友人と言ったら叱られそうな大先輩もいますので
ここでの「友人」とは、家づくりが大好きな同世代の仲間のこと!

いつもはネット上での付き合いですので、
中には初対面の方もいたりして、それはそれは大盛り上がりでした。
岐阜の工務店さんともオフラインで会うのは初めてで
あちらで売っていない住宅雑誌をお土産に持っていきました。
もちろん自分が掲載されている号ね♪

総会のあとの移動が違ってしまったため
彼から岐阜のお土産をもらいそびれてしまい、
ちょっと、ガッカリしていたら(笑)
数日後、郵送されてきましたよ!

me6685.jpg

マジで美味かった!
おまけに、一緒に飲んでいたときに見せていただいた名刺ケース

me6684.jpg

me6683.jpg

よほど欲しそうな顔をしていたのでしょう、
これももらっちゃいました〜〜(笑)
収納力ちょっとだし、相手の名刺を入れる所もありませんが
スタイル抜群!
デザイン優先でいいじゃない!!
早速使わせていただいております。感謝感謝!

↓面白かったらポチッ↓

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
安い雑誌1冊が、こんなに増えた!
わらしべ長者でも目指すか?
posted by TOY-order at 16:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 新住協 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月31日

見学会

新住協の総会の最終日は、
岩手の会員さんが手掛けた住宅の見学会でした。
本当はその後、鎌田先生が市民セミナーで講演したのですが
時間の都合で欠席(ゴメンナサイ)

shi6663.jpg

岩手県産材をふんだんに使った家です。
無垢材を使っているので、
梁などに所々乾燥による割れがありますが、気になりません。
おそらく、建売住宅のような仕上げだったらだめでしょう。
無垢材を見せる納まりや仕上げなど、
学ぶべきところが多い家でした。
これでQ値が1.6(うろ覚えです)だとか、
設計者は「あまり良くないですね」とか言ってましたが、
とんでもなく高性能です。

shi6666.jpg

2階の天井がかなり低いのも気持ちいいです。
いつも吹き抜けが高くなりすぎて困っていますので、
あの思い切りの良さは羨ましいですね。自邸だからかな?
立派な賞をいただいた家なんですけど、
資料が手元のないので、うやむやに・・・

2軒目は、白鳥さんが工事した家!

shi6676.jpg

グラスウールによる基礎断熱の家で、
基礎の両面を断熱しています。
グラスウールの現場は初めてでしたので
とても勉強になりました。
私もそろそろ「脱発泡系断熱材宣言」しようか迷っています。

shi6679.jpg

集成材軸組みで、構造金物を使っていますが、
金物を上手に隠しています。ドリフトピンに栓がしてありました。
私の現場は最後の詰めが甘いのね(涙)

外観も撮影しましたが、
褒めちぎってしまいそうなので省略(←負けず嫌い)

↓面白かったらポチッ↓

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
これから地元の友達と「ガンダム飲み会!」
詳細は恥ずかしいので内緒(笑)

posted by TOY-order at 18:11| Comment(0) | TrackBack(1) | 新住協 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月28日

全国総会レポート2

新住協の総会レポートの2回目です。
今回は断熱計算ソフトのバージョンアップについて書きます。

ボクの事務所は基本設計時に建物の断熱計算を行います。
どうすれば省エネで快適になるか、
さらに、
性能を維持したままコストを抑える方法なども検討しますので、
できるだけ簡単に断熱計算ができることは非常にありがたい。
新住協さんから「Qpex」というソフトを入手するまでは
1軒の住宅の断熱計算に丸1日かかっていたのが、
数時間で暖房エネルギー消費量まで算出できるようになったので
設計がどんどんマニアックに進化してきました(笑)
図面が早くなるという方向に進化しない点がポイントね♪

その「Qpex」のVer2.00です。
前のバージョンとの大きな違いをいくつか紹介します。
とにかく嬉しいのが、計画場所の選択がきめ細かになったこと
これまで124地点しかありませんでしたので、
計画場所がない場合は、
似たような条件の地名を選ぶしかなかったのですが、
今回は全国のアメダス観測点すべてが入っていますので、
計算の制度が増しますね。

東北2.jpg
例えば東北だけでこんなにたくさん(クリックで拡大)

関東4.jpg
関東もこんなにあります♪(拡大できます)

全国842ヶ所のデータだそうで、筑波山頂などもあります(笑)

それから、
基礎断熱の選択肢が大幅に増えているのも魅力!

基礎6.jpg
(これも拡大できます)

断熱部位を変更した場合の燃費が瞬時に算出されますので
断熱オタクには垂涎物です。

↓面白かったらポチッ↓

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
これをいくらで配布するかを検討中だそうです。
総会参加者にはβ盤が配布されたのですが、
説明中にバクが見つかり利用できません・・・
早く製品版が欲しい〜〜(←断熱オタク 魂の叫び!)


posted by TOY-order at 12:47| Comment(0) | TrackBack(1) | 新住協 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月27日

全国総会レポート

shi6647.jpg

このブログで書いている「快適な家づくり」のノウハウは
新住協で勉強したことがベースになっています。
私の地元には会員が少ないため、
情報交換ができないという悩みがあるのですが、
毎年行われる総会は、先進的な取組みの発表と
会の年次目標が紹介されますので、
自分がどの程度の位置で仕事をしているのかを知る貴重な場です。

今年の会場は、安比高原でした。
上の写真は初夏の安比スキー場です。
いやぁ〜 ボクには健全すぎるよ(笑)
高原のリゾート地に軟禁状態でしたので、
総会の後も同世代の会員さんと夜遅くまで語り合うという
それはそれは勉強になる出張でした。
年に1度だげ深く語り合う友人と来年も会う約束ができたのも収穫!
白鳥さん住さんとは、しばらくオンラインでお付き合いです。

↓面白かったらポチッ↓

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
断熱計算ソフト「Qpex」がバージョンアップされました。
レポートの続きはそれについて書きます。
お楽しみに♪
posted by TOY-order at 22:11| Comment(2) | TrackBack(1) | 新住協 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月24日

自称ヒッチハイカー

新住協の総会に行ってきました。

年に一度の総会ですが、
昨年は北海道で、その前は長野・・・
独立したばかりの弱小設計事務所にはそんな余裕なんてありません!
おまけに、福島支部は参加者もほとんどいない弱小支部ですので、
数人で「一緒に行こうよ♪」なんてこともできません(涙)

幸い今年は岩手県でしたのでラッキーです(←ォィ)
私の事務所に営業で来ている業者さんが仙台に何社かありますので、
仙台まで行けば営業車の荷物の隅のほう紛れ込めます。
えぇ、ヒッチハイクというより無賃乗車です。

岩手まで片道2200円の高速バス代のみでたどり着く作戦は
大成功でした。
池田コーポレーション様、ありがとうございます。

総会の合間に帰りの心配をしていたら、
リプラン様より仙台まで乗せてくださるとのお声がかかり
安心して懇親会に参加することができました。
こちらも無賃乗車です。

どちらも同世代で気の合う方なのですが、
普段の仕事ではゆっくり話すことができませんでした。
ガンダム話ではついついヒートアップ♪

↓面白かったらポチッ↓

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
設計事務所が立場の弱い業社さんを強引に利用している等の
コメントは削除します(笑)




posted by TOY-order at 22:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 新住協 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月21日

断熱の神様

また出張です。
今度は新住協の総会で盛岡まで行ってきます。

さてさて、
総会といいましても、年に一度のお祭りですので
情報交換という名の宴会が二晩続きます。
そんなわけで昼間の集まりは毎回酒臭い集団ですし、
もちろん舞台の上で基調講演をする鎌田先生も具合悪そうです。
今年もたぶん同じでしょう。
今年は私も前日に盛岡入りします。
普段は断熱の神様として大勢の前で講師などされている方々が
ただの酔っ払いオヤジになり騒いでいる姿は
まるで「千と千尋の神隠し」のワンシーンのようです♪

そもそも前夜祭が必要なのか?
そんな素朴な疑問を持つようでは断熱の神様に
弟子入りすることもできません。
昼間の不調が夜になるとすっかり復調しているあたり
相当な修行を積んだ方のみが崇められるのだと確信します。

そんなわけで、
22日(木)〜24日(土)は
研修会のため事務所を留守にします。
だから、勉強してくるんですってば♪

↓面白かったらポチッ↓

にほんブログ村 住まいブログへ


追記
日本酒が飲めない私は、
断熱の神様になるための第一条件を満たしていませんので、
神様たちの言葉を伝える伝道師を目指そうと考えています(笑)
posted by TOY-order at 19:35| Comment(3) | TrackBack(0) | 新住協 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
断熱だけではありません。 ちゃんとデザインもするんですよ! 豊田設計事務所のHPはこちら
by blog-parts fab.
[PR]春日部市 不動産

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。