2006年09月17日

基礎断熱と床下暖房08

ダラダラと書いてきましたが、ここで一区切りです。

床下暖房の運転時間は、朝と夕方が私の住む地域では一般的です。
深夜は、夕方から夜の余熱ですごせますし、
日中は太陽熱が入りすぎることさえあります。

これはつまり、
夜間電力・太陽光発電・太陽熱熱温水器など
時間限定型エネルギーを活用するためには、
時差を埋めるための装置が必要になるということです。

続きを読む?
posted by TOY-order at 18:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ウンチク-B基礎断熱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

基礎断熱と床下暖房07

しっかりと断熱性能を計画した建物に、
基礎断熱と床下暖房を計画すると、常識外れの建物になる話です。

私の床下暖房は、室温で制御します。
例えば、
朝6時〜8時(3時間)と夜6時〜9時(4時間)だけ
暖房する設定にしたとします。
しかし、毎回必ず暖房されているわけではありません。
夜になっても室温が高ければ、暖房されませんし、
春になって、朝まで室温が下がらない日は暖房は止まっています続きを読む?
posted by TOY-order at 18:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ウンチク-B基礎断熱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

基礎断熱と床下暖房06

床下暖房を数日間続けると、基礎と地面への蓄熱が完了します。
それまで驚くほどの速度で消費されていた灯油が、
突然減らなくなるのだそうです。
(自邸はスカスカなので、お客様から聞いた話!)

こうなると、
太陽さえ照っていれば室温が15℃以下になることはほとんどありません。
つまり、
暖房で調整する温度の範囲は3〜4℃だといえます。
続きを読む?
posted by TOY-order at 12:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ウンチク-B基礎断熱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

基礎断熱と床下暖房05

基礎断熱には暖房が必要不可欠であると書きました。
しかもただの暖房ではなく、床下暖房です。

予備知識が全くない方にとって上の2行は、
日本語として認識できないものでしょう。
しかし、このまま書き進めます。
(意味不明な方は、このシリーズを最初から読もう♪)

続きを読む?
posted by TOY-order at 12:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ウンチク-B基礎断熱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

基礎断熱と床下暖房04

基礎断熱を計画する時に悩むのが、土間下の断熱材です。
結論から書きましょう。
私は全く入れていません。基礎の立ち上がりの外面だけです。

土は断熱材ではありませんが、熱の伝わりがかなり遅い物質です。
基礎の断熱計算をすると、コンクリートから逃げる熱量が、
建物全体から逃げる熱量に対して非常に少ないことが分かります。
この少ない熱をさらに減らすために使う費用として、
基礎下全面に敷く断熱材はあまりにも高価です。
また、
土にはコンクリートほどではありませんが、熱を蓄える性質があります。
つまり、基礎の下に断熱材を敷いた時点で、
建物の熱容量を限定していることになります。

続きを読む?
posted by TOY-order at 12:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ウンチク-B基礎断熱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

基礎断熱と床下暖房03

今から10年近く前のことです。

基礎断熱について調べていくと、
北海道や秋田、青森で既にたくさんの方が失敗を繰り返し、
試行錯誤していることが分かりました。

最も大きな問題が床表面温度です。
従来の『室内を暖める暖房』では、
床の温度が床断熱の家よりも2℃近く低くなるらしいのです。
私はお客様を連れて、
10年以上基礎断熱の家づくりに取り組んでいる、
秋田の設計事務所と工務店さんを尋ねました。
続きを読む?
posted by TOY-order at 12:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ウンチク-B基礎断熱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

基礎断熱と床下暖房02

私が『いわき』に戻る前に務めていた設計事務所は、
『パッシブソーラーハウス』を研究している事務所でしたので、
太陽の熱エネルギーや蓄熱についてある程度の知識がありましたし、
大学の先生がつくったソーラーハウスのシミュレーションソフトは、
何日でも遊び続けることができるお気に入りのオモチャでした。

木造の家の欠点は、熱容量の少なさです。
しかし、
温まりやすく冷えやすいわけですから、室温調整が簡単!欠点ではない!
逆に、
なかなか温まらない、なかなか冷えない建物は、
必要なときに必要な温度にならない欠陥住宅となる。
そんな事を、設備設計のプロがまじめな顔で言う時代でした。
(多くのコンクリートの建物が内断熱なのもこの理屈です)

続きを読む?
posted by TOY-order at 12:06| Comment(0) | TrackBack(1) | ウンチク-B基礎断熱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

基礎断熱と床下暖房01

家づくりの素人さん(つまり建て主様)に向けて書き始めましたが、
基礎のことも、床下暖房のことも決して素人が読むには少々難解・・・
今回の連載はさらに難解です。

top_pokapyon.gif
↑床下放熱器メーカー【サンポット】のマスコット(C級キャラ)続きを読む?
posted by TOY-order at 12:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ウンチク-B基礎断熱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

基礎断熱のすすめ オマケ

基礎断熱工法最大の弱点『シロアリ』
できるだけ薬品を使わないシロアリ対策が理想ですが・・・
「家」と「住む人の健康」を守り、
「地球環境」にもやさしいシロアリ対策・・・難しい課題です。

とりあえず、
防蟻断熱材のメーカーリストを書きますので参考にしてください。

続きを読む?
posted by TOY-order at 07:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ウンチク-B基礎断熱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

基礎断熱のすすめ 07

今回は乾燥の重要性と暖房計画について書きます。

基礎断熱の工法を使うと、
床断熱より簡単に家の断熱性能を高めることができます。
基礎断熱を計画する上で配慮すべき点をいくつか書いておきます。
これらを怠ると、せっかくの家が欠陥住宅になりかねないので
注意してください。

基礎断熱の場合の室内の床温度は、
床断熱の場合と比較して約2℃低くなります。
このままですと床断熱工法より不快です。
基礎断熱は、暖房と一体となって威力を発揮する工法なのです。
床下に暖房設備を設けないのであれば、
ワルイコトイイマセン、従来の床断熱の方を選ぶべきです。


続きを読む?
posted by TOY-order at 06:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ウンチク-B基礎断熱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月16日

基礎断熱のすすめ 06

このブログに今まであえて書かなかった言葉の1つに「気密」があります。
一般の建て主さんには、印象の悪い言葉です。
悲惨な欠陥住宅の映像と一緒になって、
脳の深いところに刷り込まれているようで、
設計のたびに説明に苦労しています。
基礎断熱を説明するのに避けられないので書くこととしました。
(うまく伝わるか心配です。)

続きを読む?
posted by TOY-order at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ウンチク-B基礎断熱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

基礎断熱のすすめ 05

今回は基礎断熱の施工手順です。
建て主さんでも理解できるように書きました。
工事業者の方はナナメ読みでどうぞ。
(プロの方によるアラ探しコメントは小さな声でお願いします)
続きを読む?
posted by TOY-order at 15:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ウンチク-B基礎断熱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

基礎断熱のすすめ(番外編)

家を設計するとき気をつけていることに「部分ごとの寿命」があります。

たとえば
敷地の寿命は永遠(天変地異があるとこれも怪しいけどとりあえず)
基礎・柱・梁の寿命は100年〜(基礎外断熱や耐久性に配慮した場合)
間取りの寿命は〜30年
        (1世代が交代すると家族構成の予測は不可能になる)
設備機器の寿命は〜20年(それ以上持ったら奇跡)
内装仕上げの寿命は10年〜(材料によるからこの辺は適当な数字)
家具の寿命は1年〜(基礎より長持ちするものもある)

こんな感じです。

続きを読む?
posted by TOY-order at 12:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ウンチク-B基礎断熱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

基礎断熱のすすめ 04

基礎断熱の最も深刻な問題点が、シロアリ対策です。
私が計画する家は、軸組が乾燥材で床下が過乾燥気味の、
シロアリにとって魅力のないはずの家です。
床下に暖房設備を設け暖気を室内に取り込むため、
木材の防蟻処理はシックハウスの心配から、一切しないことにしています。
シロアリ対策は「土台にヒバを使えば問題ない」程度に考えていましたが、
考え方を改めました。続きを読む?
posted by TOY-order at 11:47| Comment(2) | TrackBack(0) | ウンチク-B基礎断熱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

基礎断熱のすすめ 03

冬暖かい家づくりに有効な基礎断熱ですが、
それだけで快適性が飛躍的に改善されることは少なく、
断熱に合わせた暖房設備が重要になります。
(暖房については、別の機会に詳しく説明します。)
まずは、『耐久性』『施工費』『直床下の居住性の向上』などの
メリットを説明しましょう。
続きを読む?
posted by TOY-order at 08:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ウンチク-B基礎断熱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

基礎断熱のすすめ 02

コンクリートのマンションの最上階で、
夏、エアコンが効かないほど暑いのは、
屋上のコンクリートが太陽熱で温められて、
夜になっても冷めないことが原因です。
断熱の位置と厚さに問題があります。


例えばコンクリートの外断熱の建物があったとします。
冬季に太陽の光で室温が上がりますが、
でもこの熱は、コンクリートに吸収されて、
急激な温度上昇にはなりません。

おまけに、吸収された熱は日が沈んでから徐々に放出されますので、
夜まで暖かさが保たれることになります。
太陽熱で部屋の温度が急上昇することを「オーバーヒート」と言います。
いくら暖かくてもこれでは不快です。
コンクリートの外断熱工法は、
この「オーバーヒート」を防ぐ特性があるのです。
続きを読む?
posted by TOY-order at 08:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ウンチク-B基礎断熱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

基礎断熱のすすめ 01

建物の外断熱は熱容量の多いコンクリートの建物に最も適しています。
コンクリートは、
建物を支える構造体であると同時に
巨大な熱の入れ物と考えることができるのです。
蓄えた熱が外に漏れないように厚い断熱材ですっぽり包んでしまうと、
その蓄えた熱の大きさにより、驚くほど室温は安定します。



それに対して木造の家の外断熱は、言葉だけのものです。
続きを読む?
posted by TOY-order at 07:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ウンチク-B基礎断熱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
断熱だけではありません。 ちゃんとデザインもするんですよ! 豊田設計事務所のHPはこちら
by blog-parts fab.
[PR]春日部市 不動産

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。