2009年08月18日

セールスマン?

「川沿いの家」のお客様と「小名浜の家U」に行きました。
お客様を別の現場に連れて行くことはあまりないのですが、
今回は特別です。

kaw0376.jpg

建物が完成した時からずっと
大きなテーブルを置きたいと言っていながら
一向に置く気配がないことに痺れをきらした設計屋です。(←何故?)
建物完成と同時に大きなテーブルを設置した現場を見せることで
軽くその気になっていただく作戦を考えました(笑)

ona0106.jpg

ところが、
スイッチのプレートの仕様や、
サッシの開閉用ハンドル、
障子の引き残し等、
「川沿いの家」との違いを指摘されてしまいました・・・
まさに「藪を叩いて・・・」です。

工事業者さん毎に微妙な仕様が違うんですよ。
できるだけ図面に仕様を書き込んではいるのですが
コスト調整で減らしてしまったり、
なかなか思うように行かない部分もあります。
それに、
設計は毎回少しずつ良くなっていくものなんですって(爆)

さてさて、
巨大テーブルを置く気になったのでしょうか?
腰掛けた時の様子から察するに、欲しがっているのは間違いない!
んまぁ〜気長に見守って行きます。
「川沿いの家」はテーブルを置かないと完成しないんですよ。
設計屋の勝手な思い入れですけどね(←一番こだわっている奴です)

1日1回押して下さい。 ↓ ↓ ↓ 頑張る気持ちが増します。

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
「小名浜の家U」は間もなく引き渡しですので
引き渡し前の最後のお別れをしてきました。
予算の都合でリビングのみ一点豪華主義設計となっていますが、
このメリハリも悪くないと思えてきました。
寝室の床なんてベッドを置くとほとんど隠れちゃうでしょ?

banar.jpg

posted by TOY-order at 22:32| Comment(2) | TrackBack(0) | 現場レポ_川沿いの家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

つもり募金

「川沿いの家」のお客様が事務所にいらっしゃいました。
友達の子どもが重い病気で移植手術が必要とのこと、
仕事の都合で「お台場ガンダム」へ一緒に行く約束を
キャンセルしてしまいましたので、
その旅費を募金箱に入れさせていただきました。
「約束破りは厳罰!」なんとも厳しい世の中です。

私がお台場に行かないことは誰かのためになっているのね(嬉嬉)
募金の詳しい情報は「こちら」からどうぞ!

1日1回押して下さい。 ↓ ↓ ↓ 頑張る気持ちが増します。

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
募金箱を持ってきた「川沿いの家」のお客様は、
何故かそのまま「小名浜の家U」に連れられていくのでした。

banar.jpg



posted by TOY-order at 21:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 現場レポ_川沿いの家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月18日

1年点検

昨年末に行った「川沿いの家」の1年点検で、
壁紙に気になる亀裂が指摘されました。
リビングの目立つ部分だったのですが、
暖房シーズンが終るまで様子を見させていただきました。
全室暖房の建物は木材の乾燥収縮が驚くほど早く進む傾向があるため
表面だけを慌てて補修しても、
同じ状態になってしまう恐れがあったからです。

そして、元請け工事屋さんと覚悟を決めて現場に行ったのですが、
幸い亀裂がそれ以上大きくなっている様子や、
それ以外の壁に同様の亀裂が見られませんでしたので
壁紙の貼り替えで対応させていただきました。

木材の含水率にはかなり気を配って施行したのですが、
間柱が乾燥でかなり歪んでしまったため発生したようです。
木造住宅で「高断熱+全室暖房」をする難しさです。
壁紙はオガファーザーという和紙に木片を漉き混んだものです。
質感が好きで何度も使っていますが、
糊が乾くとかなり硬化するため、
下地がチョット暴れると追従できない欠点があります。
でも、
ビニールと違い静電気が起らないため表面に埃が付きにくいことや、
汚れたら塗装ができるなど、なかなか魅力的な内装材ですので、
細心の注意を払ってこれからも使っていきたいですね。

kaw9034.jpg
↑改修直後の壁の前で暴れ回る子どもたち(冷汗)

1日1回押して下さい。 ↓ ↓ ↓ 頑張る気持ちが増します。

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
次の暖房シーズン後にこのままなら
木材の乾燥収縮は止まったと考えても問題ないレベルでしょう。
私はそれまで深く祈り続けることにします。

banar.jpg


posted by TOY-order at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場レポ_川沿いの家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月14日

データ回収してきました。

「川沿いの家」に設置した温度計と灯油消費量計を回収してきました。

暖房時間と灯油消費量の関係がよく分かります。
今回は新たに防水型の温度計を購入して測定しましたので、
敷地の外気温もバッチリ確認できます。

川沿いの家灯油消費量.pdf

1ヶ月間の平均室温は18.5℃です。
朝4時間暖房すると夕方まで20℃を保ちますので、
夕方からもう一度暖房すればもっと温かく過ごせますが、
あえて省エネモードの運転です。
24時間前室暖房の家ですが、暖房時間は1日4時間!
灯油消費量は1ヶ月で110gです。

暖房のシミュレーションでは450gの消費量でしたから、
この値は確実にクリアできるでしょう。

川沿いの家灯油消費量2.pdf

下に見える赤い棒グラフが1時間毎の灯油消費量です。
暖房時間以外の消費量が気になります。
オレンジのグラフは1日毎の消費量です。
毎日3〜4gで暖房できています。
もちろん補助暖房として
コタツとハロゲンヒーターが時々活躍するとのこと。

↓面白かったらポチッ↓

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
暖房時間以外の灯油消費量を減らす方法をメーカーさんと検討します。
posted by TOY-order at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場レポ_川沿いの家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月15日

測定開始

昨年末に竣工しました「川沿いの家」に
先日購入しました測定器具を設置してきました。

kaw7499.jpg
室内の温度湿度を記録する温度計

kaw7502.jpg
外気温を記録する防水型温度計

kaw7501.jpg
暖房用エネルギー(灯油)消費量を記録するための
メーターと記憶装置(防水型ではないのでビニールに入っています)

仕事の都合で設置が夜になってしまいました。
おかげで分かりにくい写真ですね。やっつけ仕事です。(反省中)

1月中旬までの約1ヶ月間測定し、データを回収する予定です。
30分毎の温度、湿度、外気温、エネルギー消費量を
グラフにすると様々な発見があります。

どうすれば暖房の無駄を無くせるかとか、
外気温と室温の関係、
気象データと比較すれば天気と消費量の関係なども分かります。
次の設計に生かすことが目的ですが、
お客様に、より快適で省エネになる暖房の設定を
アドバイスすることもできます。

消費量計の操作が不慣れですので、
近日中に途中経過を確認に行かないと不安で不安で・・・(笑)

↓面白かったらポチッ↓

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
久しぶりに「川沿いの家」にお邪魔してきました。
過去に設計した建物を尋ねるいい口実なんですよ!
当然、同世代のお客様とプチ忘年会へとなだれ込むのでした。
(それが本当の目的だったりします)
posted by TOY-order at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場レポ_川沿いの家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月26日

温度測定

「川沿いの家」の温度測定を行いました。
年末に引き渡しましたので1月中は室温が安定しません。
そんなわけで、測定は2月になってしまいました。
(日立の家は3月になってしまいます・・・ゴメンナサイ)

床下・1階・2階に温度計を設置し、
1時間毎の温度を測定しました。
その結果です。

0202-0216温度.pdf
↑クリック↑

このままでは何も分かりませんので、
特徴がありそうな部分を抽出します。

0211-0215温度.pdf
↑クリック↑

2月12日は外が暖かいのに室温が上がっていませんが
2月13日はかなり冷え込んでいるのに室温は高めです・・・

何故?

困ったときは、気象庁様に問い合わせです。
この日のアメダスデータを見てみましょう。

気象データ.jpg
(↑許可無く貼り付けていますので小さめ、クリック禁止)

なるほど、
日照時間か!
12日の日照時間は「ゼロ」なのに対して、
13日は「9.6時間」もあります。

日照時間との関係.pdf
↑クリック↑

私の設計は、暖房機の小ささが自慢です
ちょっと難しいですね・・・
・・・
・・・
とにかく小さいほうが快適なんですって!

おまけに、いわきの日照時間をできるだけたくさん活用する
パッシブソーラーハウスになっています。
そんなわけで、太陽が出ない日はちょっと物足りないです。

もちろん、そんなときのための安全対策もされています。
温水パネルの送水温度をかなり低めで暖房していますので
太陽が出ない日はちょっとだけ高く設定すれば
ちゃんと温まります。
太陽光センサーなどで自動制御にすることもできるでしょうが、
ここはローテクで行うのがエコロジーでしょう(笑)

送水温度を高くすると戻さないお客様がほとんどですので、
この操作は今回のような測定値と一緒に説明するようにしています。
(意地悪ですかね?)

↓面白かったらポチッ↓

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
今回は2月の室温でしたが、
以前別の家で夏の温度測定をしたことがあります。
太陽熱を取り入れた家(断熱+暖房付き)の2月の室温は、
5月の室温(暖房は止まっています)とよく似ています。
簡単に書くと16〜23℃の温度変化で、平均室温が19〜22℃
ちょっと肌寒ければ1枚着れば済みます。
「川沿いの家」の室内環境は、半年間5月の清清しさなんですょ♪
こんど、その話を書きますね。お楽しみに♪




posted by TOY-order at 16:18| Comment(3) | TrackBack(0) | 現場レポ_川沿いの家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月16日

「川沿いの家」には2台分のビルトインガレージがあります。
ガレージ上の部屋は、床・壁・天井が外気に接していますので
2階なのに暖房設備が設置されています。
(通常は1階床下にのみ温水パネルを設置して全室暖房です)
年末に引き渡したのですが、
床下の蓄熱が進むまではガレージ上の部屋が
最も暖かかったそうです。
確かに熱容量が少ないですので、暖房の熱が直接空気に伝わります。
おまけに2階ですので日当たりも良く、想像以上の暖かさ♪
ここは暖房無しでも良かったのか?新しい悩みです(笑)

話が逸れましたが、
ガレージの扉が設置されました。

kaw0440.jpg

ちょっと失敗したのは「塗装」です。
コストを調整するために塗装は「素人塗装団」が行う計画ですが
組み立てる前に塗ればよかった・・・

車好きなお客様から
「板の隙間を透明アクリルで塞いでください」
と言われたときに現場に指示するべきでした・・・猛省
塗装を手伝いますので許してくださいませ!

↓面白かったらポチッ↓

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
建築士会のコンテストに応募する写真も撮影してきました。

kaw0442.jpg

二次審査に残ると審査員が見に来ます。
そのときはよろしくお願いします(←事後承諾)

posted by TOY-order at 17:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場レポ_川沿いの家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月12日

ガレージのある家

「川沿いの家」は外構工事が始まります。
その前に・・・まだ残工事がありました・・・
「ガレージのドア」です。

don6360.jpg
扉製作中です。とにかくデカイ!

dom6362.jpg
引き戸のレールを固定して、
床にコンクリートを打ちました。
養生中にまさかの雨で、補修跡が・・・(涙)

↓面白かったらポチッ↓

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
外構工事では夏場の日照調整用に「ぶどう棚」をつくる予定です。
夏の日差しが土間に差し込むとちょっと問題ですからね♪




posted by TOY-order at 10:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場レポ_川沿いの家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月08日

写真部?

「川沿いの家」は年末の引渡し直前に
夜景の撮影会が開催されました。
三脚が並びますので「写真部」ですよ〜〜!

kaw0373.jpg
左に写真部の部長が写っていますね

kaw0369.jpg

フラッシュを使わずに撮影しますので
外が明るすぎても暗すぎてもきれいに撮影できません・・・
ちょっと暗かったです・・・相変わらず傾いてるし・・・

kaw0376.jpg
リビングから玄関を見たところ
蛍光灯の色がハチャメチャなのは後日直します(笑)

kaw0360.jpg
2階の吹抜けは回廊になっています。


kaw0359.jpg
お気に入りの一枚!!
(年末の撮影だったのですが、ようやく更新できました)


↓面白かったらポチッ↓

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
リビングに「巨大座卓」を置くことをお客様に強要していますが、
なかなかいい返事がいただけません(笑)

posted by TOY-order at 00:45| Comment(2) | TrackBack(0) | 現場レポ_川沿いの家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月23日

素人塗装工事♪

「川沿いの家」は予算の都合で床塗装を設計に入れませんでした。
その代償(?)がこの年の瀬にやってきたのです・・・

そりゃ3連休の中日に計画立てるほうも問題ですが、
工事屋さんの社長や知り合いに9時集合の合図を送ったのに、
10時まで誰も来ないなんて・・・
完全に人選ミスです・・・

夜勤明けの建て主さんとその甥っ子(1年生)と3人で
作業を始める「漠然とした不安感・・・」わかりますか?

眠そうな建て主さんを笑わそうにも反応が薄いし・・・
1年生に集中したきれいな仕事を期待するのは・・・
床に「う○こ」や「ミッ○ー」「アンパンマン」を描いたりして
塗装に興味を持たせるので精一杯です。
(イタズラ描きがキレイに消えるから楽しいのょ〜♪)

そんなわけで
カメラもって行ったのに1枚も撮影していません(涙)

そうそう、
工事が終わったばかりの暖房を勝手に「試運転」してみたら
心配だった2階が予想以上の暖まりっぷりでほっと一息!

↓面白かったらポチッ↓

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
日曜日なのに建具屋さんと塗装屋さんが現場で作業をしていました。
ご苦労様です。
でもさ、
2階で素人があれこれ悩みながら色塗り仕事をしているのに
自分の仕事が終わったとたんさっさと帰宅しないでよ塗装屋さん♪
せめて、塗装のコツぐらい教えて欲しかったなぁ〜

posted by TOY-order at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場レポ_川沿いの家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月22日

素人塗装大会準備中

「川沿いの家」に行くとお客様が独り黙々と塗装作業中〜〜っ!

kaw0224.jpg

「素人塗装大会のときに通路になる部分だけ先に塗っておきます」
ですって!
そんなこと考えもしませんでした(←いつも行き当たりばったり)
今回の塗料はリボスの「カルデット」です。
池田コーポレーションさんに送っていただきましたが
毎回お世話になります。
ちゃんと「グラノス」(←天然ワックス)もセールスしますよ♪
もちろんマージン無しでね♪

↓面白かったらポチッ↓

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
建物はようやく全体像が見えてきました。

kaw0228.jpg

本当に年内完成となるのか?
まだ不安です♪
posted by TOY-order at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場レポ_川沿いの家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月14日

こちらも急ピッチです。

「川沿いの家」のアンテナ設置位置の確認で現場に行ってきました。
この前行ったときに確認してくれれば、
先輩にお昼奢ってもらえたのに・・・
断っちゃったよ!!!(←チィサィョ!)

さて、
現場ですが、内部の足場が取れていました。

kaw6248.jpg
内装の仕上げもできてきました。

kaw6249.jpg
キャットウォークの塗装中です。

大工さんの作業も外部のベランダを残すばかりです。
kaw6252.jpg
年内引越しが見えてきました。

その前に素人塗装団による「床塗装大会」です。
今年の年末は変な忙しさです(笑)

↓面白かったらポチッ↓

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
15〜16日は「土間のある家」の内覧会です。
年末の忙しい時期ではありますが、
全室暖房の心地好さを御体感下さい。

Fgwl0008.jpg
↑クリックで大きくなります。


posted by TOY-order at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場レポ_川沿いの家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月11日

内部足場再び!

「川沿いの家」の吹抜け部分に内装工事用足場が架かりました♪
(※ 語尾に音符を付けても文章の重さは変わりません)

吹抜けは2階の床を作った場合と同程度の費用がかかりますね・・・
生活の中心をどうしてもつくりたかったので許してください・・・
(誰に謝っているの?)

kaw6213.jpg

吹抜けに面した手摺には本棚が付きます。

kaw6216.jpg

南側の手摺は光がたくさん入るようなデザインです。

↓面白かったらポチッ↓

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
今度の週末は「土間のある家」の内覧会です。
年末の忙しい時期ではありますが、
全室暖房の心地好さを御体感下さい。

Fgwl0008.jpg
↑クリックで大きくなります。
posted by TOY-order at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場レポ_川沿いの家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月09日

呼び出し!

「川沿いの家」の監督から呼び出しで現場に行ってきました。
先日、内装仕上げ材をお客様と決たのですが、
1ヶ所決まっていませんでした・・・
サンプルを現場に置いたままでしたので
泣く泣く現場へ向かいました!(自虐ネタです)

↓面白かったらポチッ↓

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:

kaw6198.jpg

ポケットカメラでの撮影でしたが、
あれれ?きちんと写るじゃん!
広角のレンズは取り扱い注意です。
posted by TOY-order at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場レポ_川沿いの家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月06日

2階手摺

「川沿いの家」には吹抜けがあります。
おまけに吹抜けを一周できる廊下もありますので
手摺は4面全てに付けられる事になります。

kaw6186.jpg

写真左側は手摺の向こう側に机が付きます。
写真右側は本棚です。
写っていませんが、南側は光を通すように格子になっています。

↓面白かったらポチッ↓

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
あまり寝ていないお客様を呼び出し
水周りの内装材などの色を打ち合わせしました。
予想通りお客様にはいつもの集中力がありません。
おかげでボク好みの内装です(ゴメンナサイ)
posted by TOY-order at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場レポ_川沿いの家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ようやく足場が取れました(汗)

ボクが設計した建物が4つ同時進行で進んでいます。
「川沿いの家」は一番最初に地鎮祭をしたのですが
足場は一番最後まで残ってしまいました・・・
ここからの工程管理はちょっとシビアになっていきますよ!

kaw0169.jpg

広角レンズはカメラを少し傾けるだけで大きく歪みますので
建物の全景はカメラを傾けないようにしました。
ちょっとはマシになったね。

↓面白かったらポチッ↓

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
まだ内装の木の色が決まっていませんので、
8年前に私が設計した家を見に行きました。
着色しなかったのですが、日に焼けてきれいに変色していました。
お客様は、8年でかなり焼けることを知り
内装は着色しないことで納得してくださりました。

古いお客様は大切にしないとね♪
posted by TOY-order at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場レポ_川沿いの家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月01日

内装色の検討中

「川沿いの家」のお客様と内装の色について
イメージを共有してきました。
この「共有」作業はかなり重要なさぎょうです。
もちろん私のイメージが正確に伝わっているなんて思っていませんし
お客様のイメージを十分把握できたとも思いません。
それでも、
お互い相手が何を考えているかを感じることで
着陸地点が見えてきます。

kaw6170.jpg

木に濃い色を付けたいお客様と、
色の切り替えがうまくいかず悩む設計屋で
今回の打ち合わせは何も解決しないまま次回へ持ち越し♪

↓面白かったらポチッ↓

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
kaw6169.jpg

壁紙を貼って下地が透けないか確認したところ
透けてます・・・危なかったです・・・
これは左上で決まり。
posted by TOY-order at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場レポ_川沿いの家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月24日

どこでも仕事ができます♪

「ひたちの家」の帰りに
「駅前の店舗」に顔を出し
「川沿いの家」で内部の色の打ち合わせとなりました。

かなりパニック状態ですが
お客様は人生で最大の買い物ですから気を抜けません!
「吹抜けに面した机は折りたためるんですよね?」
あっ・・・だいぶ前にそんなこと言われた・・・

「仏壇の高さはどうなりますか?」
やばい・・・考えてない・・・

あの〜〜
「夕ご飯食べに行きませんか?」
「できればテーブルがベタベタしていない店に・・・」

店に入ったらすぐにスケッチブックを広げて
設計の打ち合わせです。

kaw6158.jpg

kaw6159.jpg

kaw6160.jpg

何食べたか覚えていませんが
無事に打ち合わせ終了です。
どこででも仕事ができるんですよ(笑)

↓面白かったらポチッ↓

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
度々の失態を笑って許してくださるお客様に感謝!
毎回綱渡り状態ですが仕事の質は確保されていますよ(たぶん)

posted by TOY-order at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場レポ_川沿いの家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月21日

だらだらとひとつながりの家

これも「省エネ住宅フェア」の原稿です。

「川沿いの家」は北と西が道路に面した住宅地に建っています。
南と東には隣の家がすぐ近くまで迫っていますが、
この2軒の隙間ともいえる南東の角からの眺めは
偶然にもそれぞれの家の庭が重なり合い
さらに遠くまで視線が抜けています。(無駄にはしませんよ)

それでも開放的な建物とすることはちょっと困難で
騒音やプライバシーを意識するほど「自閉的な家」になりがちです。

『外に向かって開放感を確保するのが難しければ
  内側を開放的にしてしまえっ!』
と、強引な作戦で設計を始めました。
半屋外的な使い方をするテラスを窓で覆い「土間」とすると
外のように使える屋内空間となります。
窓をあけると「ほぼ外部」、カーテンを閉じれば「ほぼ内部」です。
この曖昧さが重要です。

建物1階に設けた2台分のガレージは閉じた屋外ですので、
「ほぼ外部」ですが、車を出すと「少しだけ内部」に近づきます。
(ややこしい表現ですね)

これら曖昧な空間で建物を包むと
「内」から「外」へのグラデーションができあがります。
これは「プライベート」と「パブリック」の濃淡ともいえます。
その時々で内と外の濃度を調整して過ごす家となります。

リビングを囲む3つの個室の間に小さな中間領域を設けましたので
「外」から「内」へのグラデーションはさらに細分化されています。

断熱性能を確保すると大きな空間を計画できるようになりますが、
ついうっかりすると「ただ大きい部屋」になってしまいます。
私の理想は「ダラダラとひとつながりの家」ですので、
それぞれ「ちょうどいい場所」がつながっていなければなりません。

この見えない「つながり」は建物の外まで続いていて
お隣の庭も大切な景観となります。

kaw6119.jpg

↓面白かったらポチッ↓

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
無理して書くと長くなるんだよね・・・


posted by TOY-order at 07:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場レポ_川沿いの家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月20日

外部塗装工事

「川沿いの家」の外部塗装が始まりました。

kaw6119.jpg

赤みがかった茶色です。
これが終われば足場が外れます。

kaw6119.jpg

吹き抜けの足場が外れました。
ようやく吹き抜けの雰囲気を見ることができました。
お客様も大興奮です。

kaw6127.jpg

リビングのヨシベニヤ(ガマベニヤ)です。
先日塗装したヨシベニヤは今度お見せします。

↓面白かったらポチッ↓

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
吹き抜けの周囲は納まりが立体的ですので
私の現場が初めての大工さんは頭が三角になっています。
もう一息です♪
posted by TOY-order at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 現場レポ_川沿いの家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
断熱だけではありません。 ちゃんとデザインもするんですよ! 豊田設計事務所のHPはこちら
by blog-parts fab.
[PR]春日部市 不動産

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。