2012年01月31日

衝動買い3冊

内田樹先生の発売日で本屋に行ったはずなのに、目当ての本は並んでおらず。何故か衝動買いを3冊して帰ってきました。どうして手ぶらで帰れないのでしょうと悩みつつ、3冊を紹介いたします。

大人の科学マガジンVol.33(卓上ロボット掃除機) (学研ムック 大人の科学マガジンシリーズ...

非常に楽しみな付録です。つくるのがもったいない!

はじめての日本神話: 『古事記』を読みとく (ちくまプリマー新書) [新書] / 坂本 勝 (著); 筑摩書房 (刊)

ちくまプリマー新書は高校生向けのシリーズなのですが、高校時代に勉強していなかった分野の本は読みやすいし面白いし、ついつい何冊も買ってしまいます。「先生はえらい」で夢中になって以来、内田先生の本を買い続けています。

小商いのすすめ 「経済成長」から「縮小均衡」の時代へ [単行本(ソフトカバー)] / 平川克美 (著); ミシマ社 (刊)

平川さんの本は「移行期的混乱」に続いて2冊目です。小さな設計事務所を経営していますが、事務所を大きくすることに全く興味がありません。それなのに設計とは全く別の事業を始めようとしている自分に混乱していますので、ちょっと読んでみます。

ちょっと前に買った本が面白かったのでおまけで紹介します。

ソーシャルメディアの夜明け―これからの時代を楽しく生きるためのヒント [単行本] / 平野 友康 (著); メディアライフ (刊)

中之作で古民家を改修し新しいビジネスを立ち上げようと考えているときに読んだのですが、出来上がってからお客を増やすのではなく、つくっているうちにファンを増やす方法があることを知り、ちょっとだけ強くなりました。そんなわけで、情報は遠慮なく発信していくことにしています。

1日1回押して下さい。 ↓ ↓ ↓ 頑張る気持ちが増します。

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
基本設計の仕事が溜まっているのに、いつ読むのでしょう。。。
今日は月末じゃないですか〜!

業務連絡:
中之作プロジェクトサイトを開設しました。こちら

HPをリニューアルしました!
所長のおとぼけ本気twitterがトップページに配置されるという暴挙!こちら

シェア・ザ・ロード[share the road]
posted by TOY-order at 13:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 事務所の本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月16日

 自然エネルギー白書2011

こんな資料、いつもならネットを探して読むのですが、今回は買いました。1冊1000円です。

自然エネルギー白書2011

ネットでも一部内容を公開していますが、なぜ全ての情報をネットで公開しないのでしょうね。この手の技術情報はたくさん読まれたほうが自然エネルギー関連団体としてもありがたいと思います。1冊1000円ですが、送料を考えると残りはほとんど印刷代で利益どころか赤字だと思います。もちろん、一部内容を読んでから購入したのですが、買ってびっくりです。なんと白黒印刷です。確かにサイトには「全96ページ,一部カラー」とありますが、公開情報をパソコンで拡大して読んだほうが分かりやすいじゃないですか!かなりがっかりしています。

それでもこの資料は勉強になります。自然エネルギーでの発電量は日本全体の発電量に対して3.4%しかありません。この10年間で1%しか増えていません。総理大臣がG8首脳会議で太陽光発電を大幅に増やすことを約束しましたが、自然エネルギー活用量の少なさを世界から指摘されて当然だと思います。テレビや新聞で、このあたりの正確なアナウンスはされているのでしょうか。

どうやら新聞やテレビで発信される情報は少し偏っていると考えたほうがよさそうです。市民レベルでエネルギーの話をするべきだと思います。そのためにみんなでエネルギーの勉強をしようではありませんか。

1日1回押して下さい。 ↓ ↓ ↓ 頑張る気持ちが増します。

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
自然エネルギー関連団体がつくる資料ですので
全て信じるわけではありませんが、
自然エネルギーが持つポテンシャルに驚きます。
例えば、
これだけ水が豊富な国なんだから小型水力発電をもっと普及させるべきです。
大規模な工事が不要で夜も発電します。

業務連絡:
HPをリニューアルしました!
所長のおとぼけ本気twitterがトップページに配置されるという暴挙!こちら

シェア・ザ・ロード[share the road]
posted by TOY-order at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 事務所の本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月13日

大津波と原発

震災後、最初の内田先生の本は震災関係の本でした。

大津波と原発 [単行本] / 内田 樹, 中沢新一, 平川克美 (著); 朝日新聞出版 (刊)

4月に配信されたUSTREAMを本にしたものですが、あの時点でしっかり状況を見て、未来の話をしています。原発の問題点や、世界から見た日本の特異性、人類誕生からのエネルギーの変化などを斬新な切り口で語っています。

ぼくは強いリーダシップよりも明確な、理のあるヴィジョンのほうが必要だと思うな。「誰がやるか」という話じゃなくてね。日本の未来について、どう実現的で、かつ夢のあるヴィジョンを描けるかということだと思うよ。
でも今のところ、誰もいないよね。なんかそういうものがさ、もう震災から1ヶ月経つわけですよ、1ヶ月経ったら出てきてもよさそうなものでしょう。 (87ページ)


原発の問題は情報開示の遅延や、危機管理能力の欠如などのマネジメントに問題があったことになりつつあるけが、問題の本質はそんなところに無い。よかれと思っていても必ず過ちを犯すものだという人間の行動の限界について理解を深める議論が必要で、そのために「首都機能の東北への移転」「一神教としての原発」「緑の党」などを考えましょうと書いてあります。面白い本ですのでぜひご一読を!

1日1回押して下さい。 ↓ ↓ ↓ 頑張る気持ちが増します。

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
地元の本屋さんで買わずにネットで買ってしまいました。
ポチッてすると次の日に玄関先まで届くんですもの。。。もうしません(汗)
こんなことを続けていたら大好きな本屋さんが無くなってしまうぞ!

業務連絡:
HPをリニューアルしました!
所長のおとぼけ本気twitterがトップページに配置されるという暴挙!こちら

シェア・ザ・ロード[share the road]
posted by TOY-order at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 事務所の本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月12日

大人の科学マガジン

また買ってしまった。
入り口近くに平積みするとは卑怯だぞ!

大人の科学マガジンVol.31(羽ばたき飛行機セット) (学研ムック大人の科学マガジンシリーズ) [ムック] / 大人の科学マガジン編集部 (編集); 学習研究社 (刊)

プラネタリウムはバラバラになって処分した。
風車は地震で壊れた。
AKARI折り紙はもったいなくてつくっていない。
前回のテオヤンセンはかろうじて本棚に飾ってある。

学習雑誌の付録に夢中になったのに何も残っていないところは今も同じです。
組み立てまでの時間を楽しむという高度な振る舞いは当時のとよだ少年にはできませんでしたけどね。


1日1回押して下さい。 ↓ ↓ ↓ 頑張る気持ちが増します。

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
来月 大人の科学マガジン別冊が出ます。
テオヤンセンだもの絶対買うだろうね。

業務連絡:
HPをリニューアルしました!
所長のおとぼけ本気twitterがトップページに配置されるという暴挙!こちら

シェア・ザ・ロード[share the road]
posted by TOY-order at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 事務所の本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月10日

岩波ブックレット

しゃべりの仕事の前に情報収集してます。そんなときに岩波ブックレットは、ちょっとの時間で今を知るのに便利です。

今こそ、エネルギーシフト――原発と自然エネルギーと私達の暮らし (岩波ブックレット) [単行本(ソフトカバー)] / 飯田 哲也, 鎌仲 ひとみ (著); 岩波書店 (刊)

内容はエネルギーシフトの話より、電力会社、原子力安全保安院、行政官僚、御用学者などで構成された「原子力ムラ」のことに多くの頁が割かれていますが、それはそれで面白い内容です。データの出典が不明確ですが、短時間で広く浅い情報を得るには問題ないと思っています(必要なら後から自分で調べます)

ついに菅直人首相が五月六日、浜岡原発の一時停止を中部電力に要請しました。東海地震の確率が高まっているのを懸念しての英断です。原子力産業が始まって以来の首相による原発停止要請をさすがの中部電力も受け入れざるを得ませんでした。
(中略)
もし浜岡で事故があればその影響を受ける人口も首都圏直撃となるので桁違いです。産業界からも評価の声があがっていますが、不思議なことにメディアが一斉に菅首相をたたき始めた。人気取りのためのパフォーマンスであるとか、無謀であるとか。もう、電力会社の意図が丸見えになっていて恥ずかしいです。しかし、それほど原子力をこの国で守ろうという集団が力強いという証拠かもしれませんね。その力を福島第一原発の収束に向けて結集していただきたいです。 (同誌 28頁)


著者はドキュメンタリー映画「ミツバチの羽音と地球の回転」の監督さんです。いわきで見逃してからずっと気になっている映画なんです。


1日1回押して下さい。 ↓ ↓ ↓ 頑張る気持ちが増します。

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
エネルギーの小型分散化と、送電線の自由化は大賛成です。
全面的に支持します。
豊田設計はエネルギーについて議論できる社会を目指して取り組んでいきます。

業務連絡:
HPをリニューアルしました!
所長のおとぼけ本気twitterがトップページに配置されるという暴挙!こちら

シェア・ザ・ロード[share the road]
posted by TOY-order at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 事務所の本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月01日

震災後の本棚

4月中はどうも仕事が手に付かず、ボランティアと読書ばかりしていました。

復興まちづくり (日本建築学会叢書 8 大震災に備えるシリーズ 2) [単行本] / 日本建築...

神戸が震災直後にどうなったのか、どのよう復興していったのかについての詳細なデータがあります。都市の規模が違うので全てが参考になるわけではありませんが「予言の書」でした。もっと早くこの本を読んでおくべきでした。

地震イツモノート (ポプラ文庫) [文庫] / 地震イツモプロジェクト (著); 渥美公秀 (...

地震に対する備えの本です。これも事前に読んでおくべきでした。幸運にも私の住む地域は地震による建物倒壊がほとんどありませんでしたので、本にあるような最悪の事態にはなりませんでしたが、自分の非常時の対応能力に呆れました。

までいの力 [単行本(ソフトカバー)] / SEEDS出版 (著); SEEDS出版 (編集)...

飯舘村が酷い状況になっています。この村には私が関わった建物が建っています。全村避難になりましたが、幾つかの建物はまだ村のために機能しています。村を応援したくて買った本です。

自分で耐震診断ができる本 木造住宅編 [単行本] / 既存建物耐震補強研究会 保坂貴司 (著...

ボランティアで応急危険度判定や、地震で傷んだ建物の相談などをしました。数社の雑誌の取材も受けました。その時に同行されていた保坂先生からいただいた本です(笑)ボランティアの前に読んでおけば、もっと的確にアドバイスができました。

とまあ、何を読んでも反省ばかりです。

1日1回押して下さい。 ↓ ↓ ↓ 頑張る気持ちが増します。

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
今読んでる本は「冒険手帳」、
小学校のときの愛読書が内容そのままで復刻してました。
かなり面白いですよ!

業務連絡:
HPをリニューアルしました!
所長のおとぼけ本気twitterがトップページに配置されるという暴挙!こちら

シェア・ザ・ロード[share the road]
posted by TOY-order at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 事務所の本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月15日

時に耐える建築

この前買った本をまだ読み終えていないのに、追加購入です。

110215本.jpg

Casa BRUTUS (カーサ・ブルータス) 2011年 03月号 [雑誌] [雑誌] / マガジンハウス (刊)

キッチン特集で、中村好文さんの建物が紹介されています。コルビジェの弟子であるペリアンがデザインしたキッチンなど見所たっぷりです。建築好き素人向けの雑誌でこれだけマニアックなデザインが紹介されているのですもの、設計事務所に来るお客様の要望がマニアックになっていくのも納得できます。こちらも勉強していないといけません。ブルータスで勉強ですか?(汗)

内藤廣 (NA建築家シリーズ) [単行本] / 日経アーキテクチュア (編集); 日経BP社 (刊)

いわき市に隣接する北茨城市にある「茨城県天心記念五浦美術館」の設計者の本です。あの美術館は、切り妻屋根の美しいシルエットが大好きで、建物を見に何度も足を運んでいます。最近流行の薄く華奢で透明な建築を設計しない建築家で、ずっと興味がありました。価格的に購入を躊躇う本なのですが、棚に1冊しかありませんでしたので衝動買いです。敵も戦略的に配置していますね。

1日1回押して下さい。 ↓ ↓ ↓ 頑張る気持ちが増します。

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
内田樹の文庫本「街場の大学論」が「狼少年のパラドクス ウチダ式教育再生論」の改題だと買ってから気が付きました。少しだけ内容が違うし、読み直したかった本だし、これでいいのだ!

狼少年のパラドクス―ウチダ式教育再生論 [単行本] / 内田 樹 (著); 朝日新聞社 (刊)

街場の大学論 ウチダ式教育再生 (角川文庫) [文庫] / 内田 樹 (著); 角川書店(角...

事務所移転で大幅に増強した本棚ですが、もうすぐあふれ出します。

業務連絡:
HPをリニューアルしました!
所長のおとぼけtwitterがトップページに配置されるという暴挙!こちら

シェア・ザ・ロード[share the road]
posted by TOY-order at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 事務所の本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月31日

ボクは本屋さんが好きなんだ。

内田樹の本をネットで見つけて、本屋に買いに行きました。

ボクは本屋が好きなので、気に入った本はできるだけ本屋で買うようにしています。在庫がなければ注文します。amazonで翌日届くのに、本屋で注文して1週間以上待ちます。

本屋さんの棚を眺めないと巡り会えない本があるんです。それを楽しみたいので近所の本屋さんはそこになければならないのです。それなのに、本屋で買えない本があるなんて。

もういちど 村上春樹にご用心 [単行本] / 内田 樹 (著); アルテスパブリッシング (刊)

しかたがありません。ネットで注文しました。
ついでに、

沈む日本を愛せますか? [単行本] / 内田 樹, 高橋 源一郎 (著); ロッキング オン (刊)

街場の大学論  ウチダ式教育再生 (角川文庫) [文庫] / 内田 樹 (著); 角川書店(角川グループパブリッシング) (刊)

ついでのついでで3冊も内田先生の本を注文!
さらに、

移行期的混乱―経済成長神話の終わり [単行本] / 平川 克美 (著); 筑摩書房 (刊)

以上4冊を本屋さんではなくネットで買ってしまいました。
なんとも辛い買い物です。
先ほど荷物が届きました。

101231a.jpg

このままでは、本屋さんが終ってしまう。そんなセンチな大晦日なのです。
posted by TOY-order at 16:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 事務所の本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月30日

正月読書用雑誌

お正月に備えて雑誌を買いました。

101231b.jpg

住宅建築 2011年 02月号 [雑誌] [雑誌] / 建築資料研究社 (刊)

中村好文さんの特集です。じっくり読みますよ。

建築知識 2011年 01月号 [雑誌] [雑誌] / エクスナレッジ (刊)

ずっと買っています。今月の特集はスタッフさんに読んでいただこう。

住む。 2011年 02月号 [雑誌] [雑誌] / 農山漁村文化協会 (刊)

岐阜の友達が載っていますので、ついうっかり買ってしまいました(笑)

ディテール 2011年 01月号 [雑誌] [雑誌] / 彰国社 (刊)

開口部特集です。読むところ多いんですよ、この雑誌。

funride (ファンライド) 2010年 12月号 [雑誌] [雑誌] / アールビーズ (刊)

自転車のカタログが付録です。物欲が・・・

食楽 2010年 09月号 [雑誌] [雑誌] / 徳間書店 (刊)

これはおまけ。

そんなわけで、雑誌に埋もれるお正月なのですが、図面が終っていません(涙)
posted by TOY-order at 22:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 事務所の本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月20日

住宅10年

本屋さんで悩みました。

住宅10年を買うか、大人の科学マガジンを買うか

新建築増刊 住宅10年 2000-2010 2010年 12月号 [雑誌] [雑誌] / 新建築社 (刊)

大人の科学マガジンVol.29(AKARI折り紙) (学研ムック大人の科学マガジンシリーズ) [ムック] / 大人の科学マガジン編集部 (編集); 学習研究社 (刊)

住宅10年が「3,200円」、大人の科学マガジンが「3,000円」

仕事の本と、趣味の本で何故悩む!仕事優先だろ!
散々悩んで両方買いました(笑)

1日1回押して下さい。 ↓ ↓ ↓ 頑張る気持ちが増します。

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
大人の科学マガジンの付録は、
もったいなくてまだつくっていません(笑)

業務連絡:
間もなくHPをリニューアルします。古いサイトもそろそろ見納めですぞ!こちら


posted by TOY-order at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 事務所の本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月01日

武道的思考

仕事の合間に「武道的思考」を読んでいます。

内田先生のブログで読んだことのある文章の寄せ集めで、かなり「ずるい本」なのに面白いです。まだ半分の半分しか読んでいないけど気になった部分をメモしておきます。

どこでも、自分の手持ちの、薄汚れた、ちびた「ものさし」で、この世のすべてのものを計量できると信じている人々に私は出会う。
「うつろなひと」a hollow manたち。
「うつろなひと」の中は記号で充満している。
「うつろなひと」は、人間的営為のすべては計量可能であると信じる計量主義者であり、リソースは厳密に個人的能力に即して分配されるべきだと考える能力主義者であり、自分に本来帰属すべきリソースは「無能な他者によって不当に簒奪されている」と考える奪還論者である。
そのような人々で日本は埋め尽くされつつある。


私のために書いてあるように思えて驚きます(師弟関係とはこの一方的な思い込みから始まるとのこと)。例えば、建物の性能について突き詰めて考えていくと、自分の価値観に絶対性を持ちそうになります。夢中で計算して物差しの当てにくい部分を無かったことのように扱う自分に気が付き慌てます。これでは計量主義者と言われてもしかたがないレベルです。同じように無意識で能力主義者、奪還論者と言われてもおかしくない思考、言動をしていたことを思い出し恥ずかしくなります。なんと強い文章なのでしょう。
いやいや、待てよ!
この「○○論者」にならないよう気をつけることに捕らわれることは、新たな「△△主義者」となっているのではないか?「うつろなひと」と括られないためには、なにより「捕らわれないこと」が重要なのではなかろうか。話が毎回違っているように見えるくらい。思考には常にブレがあるのが当たり前で、輪郭がぼんやりしているぐらいでとどまり悩むような、変化し続ける・・・そう「うつろなひと」であり続ける・・・あれっ?

とにかく1ページで2回悩める面白い本です。なかなか前に進みません。


武道的思考 (筑摩選書)

武道的思考 (筑摩選書)

  • 作者: 内田 樹
  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • 発売日: 2010/10/15
  • メディア: 単行本




1日1回押して下さい。 ↓ ↓ ↓ 頑張る気持ちが増します。

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
現場を監理していると、お客様から開口部の位置の不足などを指摘されます。自分のデザインに自信がないわけでは無いのですが、要望を受け入れるか、強く拒絶するべきか悩みます。
この場合、要望を噛み砕いた新たなアイデアで当初の設計を超えるデザインの提案が最善です。つい二者択一にしてしまう自分が情けない。「設計合理主義者」の考えだと言えます。

業務連絡:
間もなくHPをリニューアルします。古いサイトもそろそろ見納めですぞ!こちら






posted by TOY-order at 11:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 事務所の本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月24日

月刊内田樹

忙しい時になると読書量が増えます。きっと事務所に缶詰になると図面が進んでいなくても安心するタイプなんです。仕事を始める前に軽く読み、面白くてトイレで読み、昼休みを延長して読み、深夜に図面を描く振りをして読めば、1冊なんてあっという間です。

世間では1ヶ月で1冊も本を読まなかった人が5割を超えているそうです。
「1か月本読まず」52%…読売調査
読まない理由にも驚きます。「時間がなかった」「読みたい本がなかった」「本を読まなくても困らない」だそうです。皆さん時間がないんですね。ボクは暇な人種なのかもしれません。

そうそう、今日読み終えた本ですが、またまた内田先生です。先生以外の本にも興味があるのですが、最近の出版ペースは異常です。読む速度が書く速度を超えるなんて尋常なことではありません。もちろん全て書いているわけではなく、対談や講演の内容をテープ起ししたモノを加筆修正した本や、ブログの文章を出版社がカテゴリー分けして再編集した本なども含まれていますが、それでも多すぎます。

おせっかい教育論

おせっかい教育論

  • 作者: 鷲田清一
  • 出版社/メーカー: 140B
  • 発売日: 2010/09/28
  • メディア: 単行本




大阪市長である平松邦夫さんが、内田先生らと行った座談会を本にしたモノです。大阪市長が考える教育論と大阪府知事の違いを、遠慮無く書いてあります。この二人はまたぶつかる気満々ですね。

文中の人名などのキャプションがページ下にあるのですが、かなりの量でウルサイです。読み飛ばせばいいのですが、ページにあるのに読まないのは損だと思ってしまうタイプですので、文章が途切れ途切れになってしまいます。「街場のマンガ論」のように本の最後にまとめていただくほうが、読みやすいのかもしれません。しかし、そのスタイルだと余程暇でない限り読まないでしょうね。どっちがいいんでしょ?

おまけ「内田 樹 出版リスト」です。ほとんど持っていますょ!

1日1回押して下さい。 ↓ ↓ ↓ 頑張る気持ちが増します。

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
次は、

武道的思考 (筑摩選書)

武道的思考 (筑摩選書)

  • 作者: 内田 樹
  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • 発売日: 2010/10/15
  • メディア: 単行本



です。
また先生だよ・・・(笑)

業務連絡:
間もなくHPをリニューアルします。古いサイトもそろそろ見納めですぞ!こちら






posted by TOY-order at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 事務所の本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月21日

息抜きは読書

普段読まない分野の本は疲れますので、好きな本を読んで息抜きをします。


身体知-身体が教えてくれること (木星叢書)

身体知-身体が教えてくれること (木星叢書)

  • 作者: 内田 樹
  • 出版社/メーカー: バジリコ
  • 発売日: 2006/04/06
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



「家族」を「親密圏」とする話は、これからの家族像と住宅形態について考えていたこととかなりリンクする内容で嬉しいですね。初版第4刷なのに誤字が2カ所ありました。間違い探しとして楽しむこともできます(笑)


偉人たちの脳  文明の星時間

偉人たちの脳 文明の星時間

  • 作者: 茂木 健一郎
  • 出版社/メーカー: 毎日新聞社
  • 発売日: 2009/03/05
  • メディア: 単行本



「サンデー毎日」で連載されていたエッセイです。40人の偉人について毎回5ページで語られていますのでトイレで読むのにちょうどいい本です(失礼)
印象派の画家がフランスで認められる経緯は、アカデミーが主催する展覧会に落選した作品を集めた「落選展」の方が観客を集め、批評家が作品群を酷評するときに使った「印象派」という呼び名が定着したという。前向きに考えるための本です。


街場のマンガ論

街場のマンガ論

  • 作者: 内田 樹
  • 出版社/メーカー: 小学館クリエイティブ
  • 発売日: 2010/10
  • メディア: 単行本



内田先生は少女マンガにまで精通していて、私の知らない漫画家の名前が次々登場します。
漢字と仮名を使い分ける日本人だから絵と台詞を同時に読めるとのこと。アメリカンコミックは文字を読む間は絵が止まっているのでコマの動きが悪く感じるのですね。著作権など独自の価値観についても書かれてあります。誤字1カ所発見です(笑)

1日1回押して下さい。 ↓ ↓ ↓ 頑張る気持ちが増します。

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
「おせっかい教育論」内田樹著がもう少しで読み終わります。
ちゃんと図面を描きながら読んでいますので安心して下さい!

業務連絡:
間もなくHPをリニューアルします。古いサイトもそろそろ見納めですぞ!こちら


posted by TOY-order at 22:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 事務所の本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月20日

勉強中2

「絵本の家」のお客様は大量の絵本を所有している方で、赤毛のアンの家が好きとのこと。当然勉強します。茶室に続きじゃんじゃん買います。


草原につづく赤い道―プリンス・エドワード島の12か月

草原につづく赤い道―プリンス・エドワード島の12か月

  • 作者: 吉村 和敏
  • 出版社/メーカー: 金の星社
  • 発売日: 2002/11
  • メディア: 単行本





吉村和敏 PHOTO BOX プリンス・エドワード島 七つの物語 (講談社 ART BOX)

吉村和敏 PHOTO BOX プリンス・エドワード島 七つの物語 (講談社 ART BOX)

  • 作者: 吉村 和敏
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2008/06/06
  • メディア: 単行本




なんと素敵なロケーションなんでしょう。
物語もある程度把握したくなります。


赤毛のアンへの旅〜秘められた愛と謎

赤毛のアンへの旅〜秘められた愛と謎

  • 作者: 松本 侑子
  • 出版社/メーカー: 日本放送出版協会
  • 発売日: 2008/03/22
  • メディア: 単行本





赤毛のアンの世界へ 新版―素敵に暮らしたいあなたへの夢案内 (Gakken Interior Mook)

赤毛のアンの世界へ 新版―素敵に暮らしたいあなたへの夢案内 (Gakken Interior Mook)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 学習研究社
  • 発売日: 2008/05
  • メディア: 大型本




さて困ったぞ!この世界観と設計中のプランとで折り合いを付けなければならない。

1日1回押して下さい。 ↓ ↓ ↓ 頑張る気持ちが増します。

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
やんちゃな少年時代を過したために、10代で読んでおくべき文学作品をほぼ全て読まずに大人になってしまいました。そうして巧く交わしたつもりでいても、ちゃんと読まなければならない状況に追い込まれます。「人生のしっぺ返し」です(涙)

業務連絡:
間もなくHPをリニューアルします。古いサイトもそろそろ見納めですぞ!こちら


posted by TOY-order at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 事務所の本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月19日

勉強中

「絵本の家」「ガレージのある家」「茶室のある家」を同時にあれこれ考えていますので、それなりに時間をやりくりしたり、気持ちを切り替えたりしながら図面を描いています。でも住宅にパブリック空間を組み入れるにはチョットした専門知識が必要になりますので、遠慮無く資料を買います。

特に「茶道」は、全く分かりません!

最近買った本

“しくみ”で解く茶室 (チルチンびと建築叢書)

“しくみ”で解く茶室 (チルチンびと建築叢書)

  • 作者: 竹内 亨
  • 出版社/メーカー: 風土社
  • 発売日: 2006/04
  • メディア: 単行本





ペンブックス 茶の湯デザイン 大幅増補!完全保存版(pen BOOKS)

ペンブックス 茶の湯デザイン 大幅増補!完全保存版(pen BOOKS)

  • 作者: ペン編集部
  • 出版社/メーカー: 阪急コミュニケーションズ
  • 発売日: 2009/10/02
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)





茶室の解明―平面データ集成

茶室の解明―平面データ集成

  • 作者: 根岸 照彦
  • 出版社/メーカー: 建築資料研究社
  • 発売日: 2001/11
  • メディア: 単行本




奥が深いっす!
ついでに、

へうげもの(1) (モーニングKC (1487))

へうげもの(1) (モーニングKC (1487))

  • 作者: 山田 芳裕
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2005/12/22
  • メディア: コミック





信長 1 黎明の巻 (MFコミックス)

信長 1 黎明の巻 (MFコミックス)

  • 作者: 工藤 かずや
  • 出版社/メーカー: メディアファクトリー
  • 発売日: 2003/07/23
  • メディア: コミック




やっぱり戦国時代でしょ!借りて読みました。
もちろん設計には役に立ちませんでした(笑)

1日1回押して下さい。 ↓ ↓ ↓ 頑張る気持ちが増します。

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
取り敢ずファーストプランができましたが、
お客様の反応が不安でなりません。

業務連絡:
間もなくHPをリニューアルします。古いサイトもそろそろ見納めですぞ!こちら


posted by TOY-order at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 事務所の本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月29日

マルクス

生まれて初めてマルクスの本を読みました。
算数ドリルは大好きでしたが、読書週間は大嫌いな少年時代を過しましたので、
読んでいて当然と言われる文学作品や、有名な思想家の著書を
まったく手に取ることさえせずに大人になっております。
(ぃゃ、まだなっていないのかもしれません)
2度目の成人式も無事に終えましたので、
大人として知っておかなければならない事を知らないことの問題についても
そろそろ自覚してもいい年齢です(←遅い!)

そんなわけで、
大好きな作家がマルクスについて本を書きましたので即購入しました。
だって「高校生向け」って書いてあると安心でしょ?


若者よ、マルクスを読もう (20歳代の模索と情熱)

若者よ、マルクスを読もう (20歳代の模索と情熱)

  • 作者: 内田 樹
  • 出版社/メーカー: かもがわ出版
  • 発売日: 2010/06/18
  • メディア: 単行本




お盆前に読み始めたのですが、
その間に茂木健一郎の本を1冊読んでみたり、

未来を変える議論をしよう

未来を変える議論をしよう

  • 作者: 茂木健一郎
  • 出版社/メーカー: ポプラ社
  • 発売日: 2010/08/07
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)




プロポーザルコンペのために資料を眺めたり


小屋と倉 干す・仕舞う・守る 木組みのかたち

小屋と倉 干す・仕舞う・守る 木組みのかたち

  • 作者: 安藤邦廣+筑波大学安藤研究室
  • 出版社/メーカー: 建築資料研究社
  • 発売日: 2010/05/15
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)





住まいを四寸角で考える―板倉の家と民家の再生

住まいを四寸角で考える―板倉の家と民家の再生

  • 作者: 安藤 邦廣
  • 出版社/メーカー: 学芸出版社
  • 発売日: 2005/08
  • メディア: 単行本





藤森照信、素材の旅

藤森照信、素材の旅

  • 作者: 藤森 照信
  • 出版社/メーカー: 新建築社
  • 発売日: 2009/01
  • メディア: 単行本




マルクスさん、くどいです・・・ゴメン・・・
石川先生と内田先生が、そりゃもう粉々になるまでかみ砕いて説明して下さるのですが、
睡眠導入剤になってしまうのです・・・

この前の出張にこの1冊だけ携帯しましたので、
どうにか読み終えることができましたが、何が書いてあったのかはよく分かりません。
驚くほど難しく悩み続ける人なんです。マルクスさん。

1日1回押して下さい。 ↓ ↓ ↓ 頑張る気持ちが増します。

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
この忙しいのに、
机の脇の棚には最近買って読んでない本が4冊重なっています。
内訳は内田樹先生×3冊、茂木健一郎先生×1冊
いつもの事ながら、酷く偏った情報量なのです(赤面)

業務連絡:
HPをリニューアルしました。こちら
iPadや携帯でもキレイに見ることができるようになりました。





posted by TOY-order at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 事務所の本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月16日

未来を変える議論をしよう


未来を変える議論をしよう

未来を変える議論をしよう

  • 作者: 茂木健一郎
  • 出版社/メーカー: ポプラ社
  • 発売日: 2010/08/07
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)




だいぶ前ですが、
夜中にワールドカップサッカーをTV観戦しながら
twitterのタイムラインを眺めていると
脳科学者の茂木健一郎さんも応援していました。
さすが先生です、キーパーがボールを抱えてうつぶせになれば、
「アフリカの大地の匂いを嗅いでいる」とか
突っ込み所満載のつぶやきを連発でした。
こちらも、そのままにしては失礼に当りますので、
「先生、芝の匂いではありませんか?」などと返してみたり、
直後に「大地の匂いです」と返されたり・・・
夜中に変なテンションで繋がって以来、
1冊ぐらい先生の本を読まないと失礼だと思い、
お盆休み最後の1冊を選んできました。

文字大きめ、ページ少なめ、内容中学生向け?
そんなわけで、1時間チョットで読破!
先生、義理は果たしましたぜぃ!

1日1回押して下さい。 ↓ ↓ ↓ 頑張る気持ちが増します。

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
内容ですが、
日本は議論をしない国。
空気を読んで自分を押し殺さずに、いろんな考えを集めてみよう。
きっと楽しくなるよ!
もう少し難しい本を選べば良かったかも・・・

業務連絡:
HPをリニューアルしました。こちら
iPadや携帯でもキレイに見ることができるようになりました。



posted by TOY-order at 22:45| Comment(1) | TrackBack(0) | 事務所の本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月05日

輪郭が引けない?

夏の課題図書3冊目をようやく読み終えました。
東京出張で電車移動が無ければまだ読んでいたことでしょう。
そう考えると出張様々です。

さて、今回読んだ本はこちら!


現代人の祈り―呪いと祝い

現代人の祈り―呪いと祝い

  • 作者: 釈 徹宗
  • 出版社/メーカー: サンガ
  • 発売日: 2010/07/02
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)




お寺の住職である釈徹宗先生、
私の心の師匠 内田樹先生、
精神科医の名越康文先生、
全く違うジャンルの先生が「呪いと祝い」について対談しています。
それぞれ大学教授もしている方々ですので、
しゃべりの内容もどうしてそんなことまで知っているの?
な飛躍の連続で、注釈無しでは読み進めることができません。

その中でも特に第3章「顔と人格」はお勧めです。
それ以外は釈先生がホストになって、
もう一人と対談する形式なのですが、
この3章だけは3人で揉みくしゃです。
しかもそのお題が傑作で
法然、親鸞、道元、日蓮など中世の宗教的人格の巨人の肖像画から、
それぞれの人格を探っていくというもの。

親鸞の肖像画に明確な輪郭が無いのは、
画家が親鸞の顔の輪郭を描こうとしたら、
顔の周囲にある種のオーラがたなびいて、
決定的な輪郭線を描くことができなかったんじゃないかな。

彼らが話すと、
こんなヘンテコな内容でも妙に納得できてしまうから面白い。
3章だけでも立ち読みする価値有り!

1日1回押して下さい。 ↓ ↓ ↓ 頑張る気持ちが増します。

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
次はマルクスです。
夏の読書月間は続きます。←図面は?とか聞かない!

業務連絡:
HPをリニューアルしました。こちら
iPadや携帯でもキレイに見ることができるようになりました。



posted by TOY-order at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 事務所の本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月27日

やっと2冊!

先日買った本ですが、ようやく2冊読破です。


街場のアメリカ論 (文春文庫)

街場のアメリカ論 (文春文庫)

  • 作者: 内田 樹
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2010/05/07
  • メディア: 文庫




随分前に出版された本の文庫化ですので、
今回の普天間問題などは書かれてありません。
それなのにアメリカと日本の不思議な関係についての説明は
今日のニュースと見事にシンクロしています。

アメリカに隷属する不思議な国「日本」について、
アメリカ建国から紐解いていく歴史書でもあります。

私が中学生のとき、
歴史の授業は縄文・弥生から始まって、
3学期にようやく明治に辿り着くのですが、
そこから先をきちんと教わった覚えがないんですよね。
このままでは教科書の最後まで間に合わないのではないかと
不安になるような進み具合なんです。
案の定、かなりドタバタでウヤムヤな説明で誤魔化され、
最後に「そして今につながる」とか言われ、
スッキリしない気持ちになりました。
あの先生にとって近代とは、
幼い子どもには教えたくない歴史だったのかもしれない。
すっかり忘れていた記憶が不意に蘇った本です。

★★★★★/是非読んで下さい!

もうひとつ、これは借りた本です。


アニメ文化外交 (ちくま新書)

アニメ文化外交 (ちくま新書)

  • 作者: 櫻井 孝昌
  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • 発売日: 2009/05
  • メディア: 新書




日本の外交戦略の無さが問題視されていますが、
世界には日本が大好きな若者が猛烈な勢いで増加しているそうです。
彼らがそのまま成長すると、
日本は世界中から愛される国になることも夢ではないのに、
どうして日本人はその事実を知らないのか、
どうしてそれを外交に利用しないのかについて書かれた本です。

日本での「アニメ」や「オタク」のイメージの悪さを
このままにすることがいかに大きな損失に繋がるかは分かりましたが、
それが直接「マンガの殿堂」建設では問題ですよね。

翻訳前のマンガを読みたいがために、
多くの若者が日本語を勉強している一方で、
英語を社内公用語にすることがグローバル化だと信じる不思議の国。
そのエネルギーと費用の一部を、
文化交流に使ってはいかがでしょう?
そんな気持ちになりました。

日本で「アニメ」や「オタク」が支持されない最大の理由は、
メディアの取り上げ方が偏っているためではないかと思います。
ガンダム好きでも設計事務所をちゃんと経営している人もいます!!

1日1回押して下さい。 ↓ ↓ ↓ 頑張る気持ちが増します。

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
図面を描きながら「現代人の祈り」を読み始めました。
危ない本です。図面が止まります。
あっ!
今、いわき市内で一瞬硬直した方がいる・・・ような気がした(汗)

業務連絡:
HPをリニューアルしました。こちら
iPadや携帯でもキレイに見ることができるようになりました。



posted by TOY-order at 10:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 事務所の本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月23日

また買ってしまった。

どんだけ好きなんでしょう。
内田樹先生!(←会社のパソコン「たつる」の変換ができないオバカサン)


若者よ、マルクスを読もう (20歳代の模索と情熱)

若者よ、マルクスを読もう (20歳代の模索と情熱)

  • 作者: 内田 樹
  • 出版社/メーカー: かもがわ出版
  • 発売日: 2010/06/18
  • メディア: 単行本




完全に理系で青春時代を過しましたので、
世界史の教科書に登場するような人の本はこの歳になるまで
ほとんど読んだことがありません。
(もちろん国語の教科書に登場する方々も同様に・・・恥)
ここらでちょっと勉強しておきます。
といいつつ、この本はかなりの睡眠導入剤ですぞ!


街場のアメリカ論 (文春文庫)

街場のアメリカ論 (文春文庫)

  • 作者: 内田 樹
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2010/05/07
  • メディア: 文庫




こちらは、いつもの内田節炸裂の予感です。
5年前の本の文庫化ですので、ちょっと古い話かもしれませんが、
彼の予知能力と劣化しない話はある程度理解していますので、
たぶん今読んでも十分な鮮度を保っていることを期待しています。
先生の最近のブログには、
沖縄基地問題の話がたくさん書かれてあります。
アメリカに対する日本人の振る舞いの不思議さが、
最近のお気に入りなのかもしれません。
(雑誌や新聞の取材のせいにしていますけど)

ついでに、定期購読中の建築雑誌


住宅建築 2010年 08月号 [雑誌]

住宅建築 2010年 08月号 [雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 建築資料研究社
  • 発売日: 2010/06/19
  • メディア: 雑誌




月刊誌だったのですが、今号から隔月刊になりました。
事務所のホンゲル係数的にはありがたい(笑)


ディテール 2010年 07月号 [雑誌]

ディテール 2010年 07月号 [雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 彰国社
  • 発売日: 2010/06/17
  • メディア: 雑誌




マニアックな雑誌ですが、今号は建築家具特集です。
パラパラ捲りましたが、ドキドキする写真や図面がたっぷりでした。
これまで影響をうけた作家さんが何人も登場する豪華な内容です。

画像はありませんが「建築知識7月号」
こちらはずっと読んでいるのでほとんど惰性です。
また建築基準法の特集ですね。

1日1回押して下さい。 ↓ ↓ ↓ 頑張る気持ちが増します。

にほんブログ村 住まいブログへ


追記:
それから、

Mac People (マックピープル) 2010年 07月号 [雑誌]

Mac People (マックピープル) 2010年 07月号 [雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: アスキー・メディアワークス
  • 発売日: 2010/05/29
  • メディア: 雑誌




あはは、
我社の次期主力戦闘機さんですが、
使い勝手がこれまでとちょっと違うので・・・
なんとなく衝動買いです。締めてほぼ1万円!

業務連絡:
HPをリニューアルしました。こちら
iPadや携帯でもキレイに見ることができるようになりました。


posted by TOY-order at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 事務所の本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
断熱だけではありません。 ちゃんとデザインもするんですよ! 豊田設計事務所のHPはこちら
by blog-parts fab.
[PR]春日部市 不動産

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。